781件中 81 - 90件表示
  • ウサマ・タンナーヌ

    ウサマ・タンナーヌから見たリーグ・アンリーグ・アン

    ウサマ・タンナーヌ(1994年3月23日 - )はモロッコ出身のサッカー選手。リーグ・アン・ASサンテティエンヌに所属している。ポジションはFW。モロッコ代表。ウサマ・タンナーヌ フレッシュアイペディアより)

  • Foot!

    Foot!から見たリーグ・アンリーグ・アン

    一方、スカパー・フジテレビと共同でUEFAチャンピオンズリーグの放映権を獲得したことにより、チャンピオンズリーグ特番(司会・倉敷保雄(エールディヴィジ代表)、ゲスト・富樫洋一(セリエA、リーグ・アン代表)、東本貢司(プレミアリーグ代表)、幸谷秀巳(リーガ・エスパニョーラ代表)、鈴木良平(ブンデスリーガ代表、2005/06シーズンのみ))が不定期で組まれるようになった(2005/06シーズンまで)。Foot! フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ヴァンクール

    ウィリアム・ヴァンクールから見たリーグ・アンリーグ・アン

    FCナントのユース出身で、2007年2月18日にリーグ・アンのマルセイユ戦でプローデビューした。ウィリアム・ヴァンクール フレッシュアイペディアより)

  • FCセト34

    FCセト34から見たリーグ・アンリーグ・アン

    1930年代にはリーグとカップを2度ずつ制覇。特に1934年にはフランスサッカー史上初の2冠を達成している。1989年、セトのあるエロー県の県番号である「34」をチーム名に加え、現在のものとなった。FCセト34 フレッシュアイペディアより)

  • 權昶勳

    權昶勳から見たリーグ・アンリーグ・アン

    權昶勳(クォン・チャンフン、Kwon Chang-hoon)は大韓民国・ソウル出身のサッカー選手。韓国代表。ポジションはMF。リーグ・アン、ディジョンFCO所属。權昶勳 フレッシュアイペディアより)

  • ル・クラスィク

    ル・クラスィクから見たリーグ・アンリーグ・アン

    1899年創立のオリンピック・マルセイユは国内2位のリーグ・アン優勝9度を誇るフランス屈指の名門クラブであり、パリ・サンジェルマンFCは歴史は浅いもののフランスカップ優勝8度を誇る強豪クラブである。この2クラブはフランス南部の大都市マルセイユとフランスの首都パリに本拠地を置き、文化・民族性などが大きく異なる2都市の対立意識がダービーの根底にある。試合におけるライバル意識の他に、互いのクラブへの嫌悪感情はピッチの外まで広がっている。ル・クラスィク フレッシュアイペディアより)

  • オリンピック・マルセイユの八百長スキャンダル

    オリンピック・マルセイユの八百長スキャンダルから見たリーグ・アンリーグ・アン

    1992-93シーズンのマルセイユはディヴィジョン・アン(1部)とUEFAチャンピオンズリーグの双方で優勝争いに加わった。1993年5月20日にはUSヴァランシエンヌ=アンザンとのリーグ戦に1-0で勝利し、リーグ最終節を待たずして優勝を事実上確定させ、5月26日にはUEFAチャンピオンズリーグ決勝でACミラン(イタリア)に勝利して優勝を決めた。しかし後に、ヴァランシエンヌ戦で八百長行為を行っていたことが明らかとなり、ディヴィジョン・アンのタイトルを剥奪されてディヴィジョン・ドゥ(2部)への強制降格処分を受けたほか、スキャンダルにかかわったクラブ関係者は懲役刑・罰金刑やサッカー界からの追放処分などを受けた。UEFAチャンピオンズリーグのタイトルは剥奪されなかったが、優勝クラブとして活動する権利を失った。オリンピック・マルセイユの八百長スキャンダル フレッシュアイペディアより)

  • ジェルヴィーニョ

    ジェルヴィーニョから見たリーグ・アンリーグ・アン

    2007年7月2日、フランスのル・マンUCと3年契約を結び、2007-08シーズンは同郷のロマリッチらとともにプレーした。2008年5月にはフランスのASモナコ、パリ・サンジェルマンFC、オリンピック・マルセイユ、イングランドのアーセナルFCがジェルヴィーニョの動向を追っていると報道された。この報道によるとアーセナルは長い間ジェルヴィーニョを評価し続け、ベルギーでプレーしていた2006-07シーズンにもオファーが出されたとされた。ル・マンUCでは2シーズンで59試合に出場し9得点を記録した。また、日本代表の松井大輔とも同僚であった。ジェルヴィーニョ フレッシュアイペディアより)

  • サルヴァトーレ・シリグ

    サルヴァトーレ・シリグから見たリーグ・アンリーグ・アン

    2011年7月28日、契約内容についてクラブとトラブルとなった末にフランスのパリ・サンジェルマンFCに移籍。契約期間は4年間。移籍後はニコラ・ドゥシェからポジションを奪うとそのまま最後までその座を守り全試合に出場したが優勝は逃した。2年目も引き続きレギュラーを務め、33試合で16失点と安定感を見せて19年ぶりの優勝に貢献した。しかし2015年にケヴィン・トラップが加入するとポジションを奪われ、シーズン終了後に退団を希望した。サルヴァトーレ・シリグ フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン・ラビオ

    アドリアン・ラビオから見たリーグ・アンリーグ・アン

    アドリアン・ラビオ(Adrien Rabiot, 1995年4月3日 - )は、フランス・サン=モーリス出身のサッカー選手。フランス代表。リーグ・アン・パリ・サンジェルマンFC所属。ポジションはミッドフィールダー。アドリアン・ラビオ フレッシュアイペディアより)

781件中 81 - 90件表示

「リーグ・アン」のニューストピックワード