510件中 81 - 90件表示
  • ケヴィン・ミララス

    ケヴィン・ミララスから見たリーグ・アンリーグ・アン

    2004年にスタンダード・リエージュの下部組織からフランスのリールOSCに移籍した。2005年5月7日、PSG戦でリーグ・アンデビュー。また、この年は初ゴールも記録した。ケヴィン・ミララス フレッシュアイペディアより)

  • バネル・ニコリツァ

    バネル・ニコリツァから見たリーグ・アンリーグ・アン

    バネル・ニコリツァ(Bănel Nicoliţă、1985年1月7日)は、ルーマニア出身のサッカー選手。リーグ・アン・ASサンテティエンヌ所属。ポジションはフォワード(左ウイング・右ウイング)。右サイドバックとしてもプレー可能である。元ブラジル代表のマリオ・ジャルデウに因んだ「ジャルデウ」という愛称を持つ。テクニックには欠けるが、謙虚でハードワークを厭わず、スピードや機敏さを持ち味とする。バネル・ニコリツァ フレッシュアイペディアより)

  • エリ・ボー

    エリ・ボーから見たリーグ・アンリーグ・アン

    1994年、ディヴィジョン・アン(1部)のASサンテティエンヌの監督に就任した。1994-95シーズンは18位に終わり、本来ならばディヴィジョン・ドゥ(2部)に降格するはずであったが、ディヴィジョン・ドゥ優勝のオリンピック・マルセイユが財政問題を抱えていたために昇格せず、サンテティエンヌはディヴィジョン・アン残留となった。1995-96シーズンは19位でディヴィジョン・ドゥ降格となった。エリ・ボー フレッシュアイペディアより)

  • FCナント

    FCナントから見たリーグ・アンリーグ・アン

    サンテティエンヌの10回、オリンピック・マルセイユの9回に次ぐリーグ優勝8回を誇り、1995-96シーズンにはチャンピオンズリーグ準決勝まで進んだフランスを代表する名門クラブのひとつ。リーグ・アンのシーズン最多勝利(26勝)やシーズン最少敗戦(1敗)など数多くの記録を保持している。FCナント フレッシュアイペディアより)

  • エデン・アザール

    エデン・アザールから見たリーグ・アンリーグ・アン

    2005年、14歳でAFCテュビズからLOSCリール・メトロポールの下部組織に移る。2007年11月25日のASナンシー戦でリーグ・アンデビューすると、2008年9月20日のAJオセール戦で初得点を記録した。エデン・アザール フレッシュアイペディアより)

  • ドラガン・ストイコビッチ

    ドラガン・ストイコビッチから見たリーグ・アンリーグ・アン

    FIFAワールドカップ前の1990年1月、フランス・ディヴィジョン・アン2連覇中のオリンピック・マルセイユと移籍金500万ポンドで契約を結んだ。当時のユーゴスラビアでは26歳以下の選手は海外移籍することが許されていなかったが、特例で移籍が認められたのであった。フランス代表のジャン=ピエール・パパンやエリック・カントナ、イングランド代表のクリス・ワドル、ガーナ代表のアベディ・ペレなど名選手が揃う中で背番号10を与えられたが、1990-91シーズン開幕早々のFCメス戦で左膝を負傷し、シーズンの大半を棒に振った。サッカー選手人生で幾度もの膝の負傷に悩まされたが、この時の怪我の度合いは引退を考えるほど深刻であった。UEFAチャンピオンズカップ決勝では古巣のレッドスターと対戦したが、試合終了間際の数分間しか出場できず、PK戦の末に敗れて準優勝に終わった。1991-92シーズンはセリエAのエラス・ヴェローナFCにレンタル移籍したが、イタリアの守備重視の戦術になじめず、怪我の影響もあって不完全燃焼に終わった。ドラガン・ストイコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ヨアン・キャバイェ

    ヨアン・キャバイェから見たリーグ・アンリーグ・アン

    リールOSCの下部組織で育つ。一時期フランク・リベリーも在籍していたが、その当時在籍していた若手ではキャバイェしかプロ契約を結べた者はいなかった。2003-04シーズン、18歳で迎えたFCイストル戦でリーグ・アンデビュー。以降チームの司令塔として君臨し、2010-11シーズンは57年ぶりのリーグ優勝を果たす。2011年8月6日にイングランドのニューカッスル・ユナイテッドFCへと移籍した。ヨアン・キャバイェ フレッシュアイペディアより)

  • マアマドゥ・ディアッラ

    マアマドゥ・ディアッラから見たリーグ・アンリーグ・アン

    マリの伝説的プレイヤー、サリフ・ケイタのトレーニングセンターで技術を磨き、17歳で渡欧して1998年にギリシャ・スーパーリーグのからデビューした。1999年にオランダ・エールディヴィジのフィテッセに移籍し、2000年夏に就任したロナルド・クーマン監督の下で中盤の要として頭角を現した。2002年にはフランス・リーグ・アンのオリンピック・リヨンに5年契約で移籍した。当初は控え選手だったが、2003-04シーズンにポール・ル・グエン監督が3人のセンターハーフを置くシステムを採用したことでポジションを獲得し、MFマイケル・エッシェンやMFジュニーニョ・ペルナンブカーノなどとトリオを組んで4度のリーグ優勝に貢献した。マアマドゥ・ディアッラ フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・メネス

    ジェレミー・メネスから見たリーグ・アンリーグ・アン

    攻撃的なポジションならどこでもこなす。スピードとテクニックを兼ね備えており、リーグ・アン最年少ゴール、最年少ハットトリックの記録を持っている。またその高いテクニックからジネディーヌ・ジダンと比較されることも多く、またジダン本人も自身の後継者として期待をかけている。ジェレミー・メネス フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・フォファナ

    モハメド・フォファナから見たリーグ・アンリーグ・アン

    モハメド・フォファナ(Mohamed Fofana,1985年3月7日)は、フランス・ヴァル=ドワーズ県ゴネス出身のサッカー選手。リーグ・アン・スタッド・ランス所属。ポジションはDF。モハメド・フォファナ フレッシュアイペディアより)

510件中 81 - 90件表示

「リーグ・アン」のニューストピックワード