前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示
  • リーグ・アン

    リーグ・アンから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    イングランドのプレミアリーグ、スペインのリーガ・エスパニョーラ、イタリアのセリエA、ドイツのブンデスリーガのようにUEFAランキングで1位を獲得したことはないため欧州最上位のリーグとは言えないものの、同ランキングでは常にこの4リーグの次位を占めるハイレベルなリーグである。近年の傾向として、国際大会では2003-04シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでASモナコが準優勝、同シーズンのUEFAカップではマルセイユが準優勝、オリンピック・リヨンも2003-04シーズンから3シーズン連続でCLベスト8に食い込むなどの特定のチームの活躍はあるものの、総じてなかなか上位に進出することができないでいる。また、国内リーグでは2000年よりオリンピック・リヨンが一時代を築いた一方で、資金力を持つビッグクラブが前評判通りの力を発揮することが出来ないケースが多く、2010-11シーズンにリーグ・アンの常連であったASモナコが降格したり、2011-12シーズンには数シーズン前まで2部にいたモンペリエHSCが優勝がするなど、特にここ数年は順位が予測しづらいリーグであるといえる。リーグ・アン フレッシュアイペディアより)

  • リーグ・アン

    リーグ・アンから見たオリンピック・リヨン

    最多優勝はASサンテティエンヌの10回。その後オリンピック・マルセイユの9回、FCナントの8回、ASモナコとオリンピック・リヨンの7回と続く。最多連覇記録はリヨンの2001-02シーズンから2007-08シーズンまでの7連覇。リーグ・アン フレッシュアイペディアより)

  • リーグ・アン

    リーグ・アンから見たロナウジーニョ

    選手の面においては、フランス代表やブラジル代表をはじめとする各国の代表選手が多数在籍しているほか、フランスが辿ってきた歴史的経緯からアフリカ系の黒人選手が非常に多いのも特徴のひとつである。近年ではマイケル・エッシェン(オリンピック・リヨン)、ディディエ・ドログバ(オリンピック・マルセイユ)、ロナウジーニョ(パリ・サンジェルマンFC)、エデン・アザール(リール)らがリーグ・アンで研鑽を積み他リーグの強豪クラブへと移籍している。現在リーグ・アンでプレーする選手には将来を期待されている若手が多く、アフリカ系選手にも高い潜在能力を秘めた選手が多いため、オランダのエールディヴィジと並ぶ登竜門リーグのような位置づけである。リーグ・アン フレッシュアイペディアより)

  • リーグ・アン

    リーグ・アンから見たマイケル・エッシェン

    選手の面においては、フランス代表やブラジル代表をはじめとする各国の代表選手が多数在籍しているほか、フランスが辿ってきた歴史的経緯からアフリカ系の黒人選手が非常に多いのも特徴のひとつである。近年ではマイケル・エッシェン(オリンピック・リヨン)、ディディエ・ドログバ(オリンピック・マルセイユ)、ロナウジーニョ(パリ・サンジェルマンFC)、エデン・アザール(リール)らがリーグ・アンで研鑽を積み他リーグの強豪クラブへと移籍している。現在リーグ・アンでプレーする選手には将来を期待されている若手が多く、アフリカ系選手にも高い潜在能力を秘めた選手が多いため、オランダのエールディヴィジと並ぶ登竜門リーグのような位置づけである。リーグ・アン フレッシュアイペディアより)

  • リーグ・アン

    リーグ・アンから見たエデン・アザール

    選手の面においては、フランス代表やブラジル代表をはじめとする各国の代表選手が多数在籍しているほか、フランスが辿ってきた歴史的経緯からアフリカ系の黒人選手が非常に多いのも特徴のひとつである。近年ではマイケル・エッシェン(オリンピック・リヨン)、ディディエ・ドログバ(オリンピック・マルセイユ)、ロナウジーニョ(パリ・サンジェルマンFC)、エデン・アザール(リール)らがリーグ・アンで研鑽を積み他リーグの強豪クラブへと移籍している。現在リーグ・アンでプレーする選手には将来を期待されている若手が多く、アフリカ系選手にも高い潜在能力を秘めた選手が多いため、オランダのエールディヴィジと並ぶ登竜門リーグのような位置づけである。リーグ・アン フレッシュアイペディアより)

  • リーグ・アン

    リーグ・アンから見た松井大輔

    松井大輔 - ル・マンUC (2004-2008), ASサンテティエンヌ (2008-2009), グルノーブル・フット38 (2009-2011), ディジョンFCO (2011-2012)リーグ・アン フレッシュアイペディアより)

  • リーグ・アン

    リーグ・アンから見た梅崎司

    梅崎司 - グルノーブル・フット38 (2007)リーグ・アン フレッシュアイペディアより)

  • リーグ・アン

    リーグ・アンから見たディディエ・ドログバ

    選手の面においては、フランス代表やブラジル代表をはじめとする各国の代表選手が多数在籍しているほか、フランスが辿ってきた歴史的経緯からアフリカ系の黒人選手が非常に多いのも特徴のひとつである。近年ではマイケル・エッシェン(オリンピック・リヨン)、ディディエ・ドログバ(オリンピック・マルセイユ)、ロナウジーニョ(パリ・サンジェルマンFC)、エデン・アザール(リール)らがリーグ・アンで研鑽を積み他リーグの強豪クラブへと移籍している。現在リーグ・アンでプレーする選手には将来を期待されている若手が多く、アフリカ系選手にも高い潜在能力を秘めた選手が多いため、オランダのエールディヴィジと並ぶ登竜門リーグのような位置づけである。リーグ・アン フレッシュアイペディアより)

  • リーグ・アン

    リーグ・アンから見た大黒将志

    大黒将志 - グルノーブル・フット38 (2006)リーグ・アン フレッシュアイペディアより)

  • リーグ・アン

    リーグ・アンから見たオリンピック・マルセイユ

    最多優勝はASサンテティエンヌの10回。その後オリンピック・マルセイユの9回、FCナントの8回、ASモナコとオリンピック・リヨンの7回と続く。最多連覇記録はリヨンの2001-02シーズンから2007-08シーズンまでの7連覇。リーグ・アン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示

「リーグ・アン」のニューストピックワード