前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
158件中 1 - 10件表示
  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見た日本電気

    バッテリーには、日産とNECの合弁会社であるオートモーティブエナジーサプライによって製造される、セル192個を直並列接続し90kW以上の出力を発生するラミネート型リチウムイオンバッテリーが採用された。充電に関しては、3相200Vの急速充電器の利用により、バッテリー残量警告灯が点灯した状態から電池容量の80%まで30分で充電することができる。単相200Vの普通充電の場合約8時間でバッテリー残量警告灯点灯から100%まで充電可能であり、基本的には200Vでの充電が推奨される。100Vの充電ケーブルは標準装備されず、オプション対応が可能であるが、充電器の仕様により単相100Vの普通充電ではおよそ28時間かかる。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見た前田建設工業

    日産はグループに建設業を抱えていないため、家庭充電設備の工事やアフターサービスに関しては前田建設工業の子会社である株式会社JM(なおしや又兵衛)を推奨工事業者に指定している。申し込みは日産のディーラーからJMに紹介する形式を取る。設備の基本工事には10万円ほどがかかる。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見たブリヂストン

    なお、日本・欧州仕様のタイヤには205/55R16 91V ブリヂストン「ECOPIA EP150」が、北米仕様車には同じくブリヂストンのオールシーズン仕様P205/55R16 89H「ECOPIA EP422」が装着され、ブレーキには前後共ベンチレーテッドディスクブレーキが採用される。パーキングブレーキは当初センターコンソールのスイッチで操作するという形式であったが、2012年11月のマイナーチェンジで足踏み式に変更された。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見たカルソニックカンセイ

    搭載されるリチウムイオンバッテリーは座間事業所内のNECとの合弁会社、オートモーティブエナジーサプライ株式会社により製造されるほか、2012年から米国スマーナ工場、英国日産サンダーランド工場、ポルトガル アヴェイロのルノーカシア工業団地、およびフランスのルノーフラン工場でも生産される予定となっている。また、モーターの生産は日産横浜工場で、インバータの生産は座間事業所およびカルソニックカンセイ児玉工場で行われ、モーターの生産は2013年初頭より米国テネシー州のデカード工場での生産も予定される。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見た日産自動車

    ZE0型リーフ(LEAF ZE0)は、日産自動車により2010年12月に日本とアメリカで発売され、世界で量販されている5ドアハッチバック型の電気自動車である。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見たニチコン

    2012年5月には、ニチコンが開発した「EVパワーステーション」を活用した電力供給システム「LEAF to Home」を市場導入することを発表。このシステムは世界初となる電気自動車の大容量バッテリーに貯めた電気を一般家庭の分電盤に接続して活用するもので、「EVパワーステーション」を一般家庭の分電盤に直接接続し、コネクターをリーフの急速充電ポートに接続することで駆動用のリチウムイオンバッテリーに蓄えた電気を住宅へ供給することが可能となる。これにより、夜間電力や太陽光発電を使用してリーフに充電し、電力需要が高まる昼間の時間帯に使用することで、家庭への安定した電力供給や電力供給のピークシフトに貢献できるほか、満充電時、一般家庭の約2日分の日常使用電力を賄うことができるので、停電時や非常時のバックアップ電源として活用することができる。また、電力の供給だけでなく、リーフの駆動用バッテリーへ最短4時間で満充電できる充電機能も搭載されている。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見た横浜市

    2009年8月2日に、日産自動車横浜グローバル本社の竣工式に合わせて発表、2009年11月の第41回東京モーターショーで一般向けに初公開され、日本およびアメリカでは世界に先立って翌年12月に発売された。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見た東京モーターショー

    2009年8月2日に、日産自動車横浜グローバル本社の竣工式に合わせて発表、2009年11月の第41回東京モーターショーで一般向けに初公開され、日本およびアメリカでは世界に先立って翌年12月に発売された。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見たパトロールカー

    2013年5月9日、英国日産は、イギリスのウェスト・ミッドランズ警察が、30台のリーフをパトロールカーとして導入したと発表した。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見た日産・GT-R

    2014年5月に発売。「X」をベースに、ホイールカバーと電動格納式リモコンドアミラーにブロンズカラーを採用し、LEDヘッドランプ(ロービーム・オートレベライザー付)、オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付)、カラーバックビューモニター(車幅/距離/予想進路線表示機能付)を装備している。ボディカラーとしてGT-RやフェアレディZの歴代モデルで採用されたヘリテージカラーをもとにした特別設定色4色が設定される。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
158件中 1 - 10件表示

「リーフ」のニューストピックワード