137件中 51 - 60件表示
  • 日産・リーフ

    日産・リーフから見たラミネート

    バッテリーには、日産とNECの合弁会社であるオートモーティブエナジーサプライによって製造される、セル192個を直並列接続し90kW以上の出力を発生するラミネート型リチウムイオンバッテリーが採用された。充電に関しては、3相200Vの急速充電器の利用により、バッテリー残量警告灯が点灯した状態から電池容量の80%まで30分で充電することができる。単相200Vの普通充電の場合約8時間でバッテリー残量警告灯点灯から100%まで充電可能であり、基本的には200Vでの充電が推奨される。100Vの充電ケーブルは標準装備されず、オプション対応が可能であるが、充電器の仕様により単相100Vの普通充電ではおよそ28時間かかる。日産・リーフ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ

    日産・リーフから見たイギリス

    イギリス、オランダ、アイルランド、ポルトガルでの販売価格は2010年5月17日に発表された。ポルトガルおよびアイルランドでは2010年7月30日に予約注文の受付が開始され、同年9月1日にはイギリスでの予約注文受付が開始された。納車開始時期はオランダが2010年12月、ポルトガルが2011年1月、アイルランドが2011年2月、イギリスが2011年3月22日となった。また、2010年12月1日からはスイスでの予約注文が開始され、2011年下旬に発売が予定される。欧州における販売開始に先立ち、2010年12月22日にはポルトガルのEV関連企業、MOBI.Eに欧州としては初の納車が行われた。日産・リーフ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ

    日産・リーフから見たクラッチ

    2011年6月現在はあくまで試作車ということでディファレンシャルギアやクラッチが装備されておらず、そのため「コーナーで滑りやすい」「最高速が約150km/hと伸びない」といった問題を抱えており、今後松田次生をテストドライバーとして順次改善を進めていく方針としている。松田曰く「クラッチがついて変速ができれば、250km/hぐらいまでは出せるのでは」とのこと。NISMOでは、将来的には同マシンを用いたワンメイクレース、また電気自動車のメリットを生かした「屋内サーキットでのレース」の開催も視野に入れている。日産・リーフ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ

    日産・リーフから見たエアロパーツ

    また、一部グレードには車載機器の電力消費による航続距離の減少を防ぐためにリアスポイラー上に太陽電池が搭載される。日産・リーフ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ

    日産・リーフから見たマサチューセッツ州

    アメリカではインターネット上で2010年4月20日より事前優先予約の受付が開始され、一般向けの実際の受注予約は同年5月15日に開始された。2010年12月11日よりカリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州、アリゾナ州、テネシー州でデリバリーが開始され、2011年1月にはテキサス州およびハワイ州に投入、2011年7月25日にはノースカロライナ州、フロリダ州、ワシントンD.C.、バージニア州、メリーランド州、ジョージア州、アラバマ州、イリノイ州、ミシシッピ州、サウスカロライナ州で予約が開始された。2011年9月29日には、コロラド州、コネチカット州、マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、ニュージャージー州およびニューヨーク州において予約が開始され、同年12月までにそれらの州でのデリバリーが開始、12月6日にはデラウェア州、インディアナ州、ルイジアナ州、ネバダ州、オハイオ州、ペンシルベニア州およびロードアイランド州での予約が開始され、翌2012年春にデリバリーが開始される。2012年3月1日には、残りの21州での予約が開始され、同年夏までにそれらの州へのデリバリーが開始される。日産・リーフ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ

    日産・リーフから見た自動車取得税

    日本での販売価格は当初税込376万4,250円からで、2010年度EV補助金(78万円)を適用した場合は298万4,250円からとなっていた。後期型から追加された廉価グレード「S」の価格は334万9,500円となり、2012年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(78万円)を適用した場合、最安値は249万6,000円となる。なお、環境対応車普及促進税制における購入時の自動車取得税並びに自動車重量税全額免税対象車でもある。日産・リーフ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ

    日産・リーフから見たグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード

    2012年6月、英国日産は「リーフ NISMO RC」を『グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード』のヒルクライムに出場させると発表。日産・リーフ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ

    日産・リーフから見たジスプロシウム

    モーターには当初、最高出力80kW、最大トルク280N?mを発生する三相交流のEM61型永久磁石型同期モーターが搭載され、最高速は145km/hであった。2012年11月に行われたマイナーチェンジでは、モーター、インバータ、DC/DCコンバータなどが一体化され、容積が30%、質量が10%削減された。モーターは新設計のEM57型に変更され、最高出力は変わらず80kW、最大トルクは低下して254N?mとなった。このモーターはレアアースであるジスプロシウムの使用40%削減されている。また、日本仕様の「G」、「X」には、下り坂で減速度を発生させる「Bレンジ」が追加された。回生ブレーキシステムも採用されており、前期型では満充電で200km走行することができる(JC08モード、電池容量は24kWh)。また、33.7kWhがガソリン1ガロン相当として計算されるEPAの計測では前期型がシティ燃費45.1km/L、ハイウェイ燃費39.1km/L、総合燃費42.1km/L相当と評価された。軽量化や回生ブレーキシステムの制御変更など行われた後期型では、満充電からの走行可能距離が228km(JC08モード)まで向上している。日産・リーフ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ

    日産・リーフから見たオランダ

    イギリス、オランダ、アイルランド、ポルトガルでの販売価格は2010年5月17日に発表された。ポルトガルおよびアイルランドでは2010年7月30日に予約注文の受付が開始され、同年9月1日にはイギリスでの予約注文受付が開始された。納車開始時期はオランダが2010年12月、ポルトガルが2011年1月、アイルランドが2011年2月、イギリスが2011年3月22日となった。また、2010年12月1日からはスイスでの予約注文が開始され、2011年下旬に発売が予定される。欧州における販売開始に先立ち、2010年12月22日にはポルトガルのEV関連企業、MOBI.Eに欧州としては初の納車が行われた。日産・リーフ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ

    日産・リーフから見たメリーランド州

    アメリカではインターネット上で2010年4月20日より事前優先予約の受付が開始され、一般向けの実際の受注予約は同年5月15日に開始された。2010年12月11日よりカリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州、アリゾナ州、テネシー州でデリバリーが開始され、2011年1月にはテキサス州およびハワイ州に投入、2011年7月25日にはノースカロライナ州、フロリダ州、ワシントンD.C.、バージニア州、メリーランド州、ジョージア州、アラバマ州、イリノイ州、ミシシッピ州、サウスカロライナ州で予約が開始された。2011年9月29日には、コロラド州、コネチカット州、マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、ニュージャージー州およびニューヨーク州において予約が開始され、同年12月までにそれらの州でのデリバリーが開始、12月6日にはデラウェア州、インディアナ州、ルイジアナ州、ネバダ州、オハイオ州、ペンシルベニア州およびロードアイランド州での予約が開始され、翌2012年春にデリバリーが開始される。2012年3月1日には、残りの21州での予約が開始され、同年夏までにそれらの州へのデリバリーが開始される。日産・リーフ フレッシュアイペディアより)

137件中 51 - 60件表示

「リーフ」のニューストピックワード