158件中 71 - 80件表示
  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見たジスプロシウム

    モーターには当初、最高出力80kW、最大トルク280N?mを発生する三相交流のEM61型永久磁石型同期モーターが搭載され、最高速は145km/hであった。2012年11月に行われたマイナーチェンジでは、モーター、インバータ、DC/DCコンバータなどが一体化され、容積が30%、質量が10%削減された。モーターは新設計のEM57型に変更され、最高出力は変わらず80kW、最大トルクは低下して254N?mとなった。このモーターはレアアースであるジスプロシウムの使用量が40%削減されている。また、日本仕様の「G」、「X」には、下り坂で減速度を発生させる「Bレンジ」が追加された。回生ブレーキシステムも採用されており、前期型では満充電で200km走行することができる(JC08モード、電池容量は24kWh)。ただしアメリカのEPA基準では117kmであり、実用上でも100km前後であった。また、33.7kWhがガソリン1ガロン相当として計算されるEPAの計測では前期型がシティ燃費45.1km/L、ハイウェイ燃費39.1km/L、総合燃費42.1km/L相当と評価された。軽量化や回生ブレーキシステムの制御変更など行われた中期型では、満充電からの走行可能距離が228km(JC08モード)まで向上している。後期型では駆動用バッテリー容量を既存モデルよりも6kWh増量した30kWhモデルが新設定された。高容量の新材料を使用したことでバッテリーパックサイズを24kWhモデルから据え置いたままリチウムイオンの高充填化とバッテリー内部抵抗の減少を実現したことで、航続距離を280km(JC08モード)に向上した。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見たオランダ

    イギリス、オランダ、アイルランド、ポルトガルでの販売価格は2010年5月17日に発表された。ポルトガルおよびアイルランドでは2010年7月30日に予約注文の受付が開始され、同年9月1日にはイギリスでの予約注文受付が開始された。納車開始時期はオランダが2010年12月、ポルトガルが2011年1月、アイルランドが2011年2月、イギリスが2011年3月22日となった。また、2010年12月1日からはスイスでの予約注文が開始され、2011年下旬に発売が予定される。欧州における販売開始に先立ち、2010年12月22日にはポルトガルのEV関連企業、MOBI.Eに欧州としては初の納車が行われた。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見たメリーランド州

    アメリカではインターネット上で2010年4月20日より事前優先予約の受付が開始され、一般向けの実際の受注予約は同年5月15日に開始された。2010年12月11日よりカリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州、アリゾナ州、テネシー州でデリバリーが開始され、2011年1月にはテキサス州およびハワイ州に投入、2011年7月25日にはノースカロライナ州、フロリダ州、ワシントンD.C.、バージニア州、メリーランド州、ジョージア州、アラバマ州、イリノイ州、ミシシッピ州、サウスカロライナ州で予約が開始された。2011年9月29日には、コロラド州、コネチカット州、マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、ニュージャージー州およびニューヨーク州において予約が開始され、同年12月までにそれらの州でのデリバリーが開始、12月6日にはデラウェア州、インディアナ州、ルイジアナ州、ネバダ州、オハイオ州、ペンシルベニア州およびロードアイランド州での予約が開始され、翌2012年春にデリバリーが開始される。2012年3月1日には、残りの21州での予約が開始され、同年夏までにそれらの州へのデリバリーが開始される。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見た済州道

    2014年3月には韓国日産を通じて韓国での販売も開始。ただし、本島での採用は見送られ、済州道(済州島)のみとなる。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見たプラットフォーム (自動車)

    このモデルの発表以前には、2008年8月6日にキューブキュービックをベースとした実験車両「EV-01」および「EV-02」が、2009年7月27日にはティーダをベースとし、リーフと同一のプラットフォームを使った実験車両「EV-11」および「EV-12」が公開された。また、公開されていないものも含めると、日産は1年に2, 3台の実験車両を開発していたという。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見たワシントンD.C.

    アメリカではインターネット上で2010年4月20日より事前優先予約の受付が開始され、一般向けの実際の受注予約は同年5月15日に開始された。2010年12月11日よりカリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州、アリゾナ州、テネシー州でデリバリーが開始され、2011年1月にはテキサス州およびハワイ州に投入、2011年7月25日にはノースカロライナ州、フロリダ州、ワシントンD\.C\.、バージニア州、メリーランド州、ジョージア州、アラバマ州、イリノイ州、ミシシッピ州、サウスカロライナ州で予約が開始された。2011年9月29日には、コロラド州、コネチカット州、マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、ニュージャージー州およびニューヨーク州において予約が開始され、同年12月までにそれらの州でのデリバリーが開始、12月6日にはデラウェア州、インディアナ州、ルイジアナ州、ネバダ州、オハイオ州、ペンシルベニア州およびロードアイランド州での予約が開始され、翌2012年春にデリバリーが開始される。2012年3月1日には、残りの21州での予約が開始され、同年夏までにそれらの州へのデリバリーが開始される。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見たノースカロライナ州

    アメリカではインターネット上で2010年4月20日より事前優先予約の受付が開始され、一般向けの実際の受注予約は同年5月15日に開始された。2010年12月11日よりカリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州、アリゾナ州、テネシー州でデリバリーが開始され、2011年1月にはテキサス州およびハワイ州に投入、2011年7月25日にはノースカロライナ州、フロリダ州、ワシントンD.C.、バージニア州、メリーランド州、ジョージア州、アラバマ州、イリノイ州、ミシシッピ州、サウスカロライナ州で予約が開始された。2011年9月29日には、コロラド州、コネチカット州、マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、ニュージャージー州およびニューヨーク州において予約が開始され、同年12月までにそれらの州でのデリバリーが開始、12月6日にはデラウェア州、インディアナ州、ルイジアナ州、ネバダ州、オハイオ州、ペンシルベニア州およびロードアイランド州での予約が開始され、翌2012年春にデリバリーが開始される。2012年3月1日には、残りの21州での予約が開始され、同年夏までにそれらの州へのデリバリーが開始される。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見た前照灯

    空気の流れを車両前方の低い位置で左右に分かれさせるよう設計され、ボディ下はフロアカバーなどの装着により平滑になっており、またマフラーが無いことを利用してリアディフューザーを装着したり、大型スポイラーやテールフィン風のテールランプなどを採用するなどして、Cd値を0.28としている。また、エンジン音がないことにより強調されうるドアミラーの風切り音を減らすため、ヘッドランプが盛り上げられている。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見た日本

    ZE0型リーフ(LEAF ZE0)は、日産自動車により2010年12月に日本とアメリカで発売され、世界で量販されている5ドアハッチバック型の電気自動車である。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見たキロワット時

    モーターには当初、最高出力80kW、最大トルク280N?mを発生する三相交流のEM61型永久磁石型同期モーターが搭載され、最高速は145km/hであった。2012年11月に行われたマイナーチェンジでは、モーター、インバータ、DC/DCコンバータなどが一体化され、容積が30%、質量が10%削減された。モーターは新設計のEM57型に変更され、最高出力は変わらず80kW、最大トルクは低下して254N?mとなった。このモーターはレアアースであるジスプロシウムの使用量が40%削減されている。また、日本仕様の「G」、「X」には、下り坂で減速度を発生させる「Bレンジ」が追加された。回生ブレーキシステムも採用されており、前期型では満充電で200km走行することができる(JC08モード、電池容量は24kWh)。ただしアメリカのEPA基準では117kmであり、実用上でも100km前後であった。また、33.7kWhがガソリン1ガロン相当として計算されるEPAの計測では前期型がシティ燃費45.1km/L、ハイウェイ燃費39.1km/L、総合燃費42.1km/L相当と評価された。軽量化や回生ブレーキシステムの制御変更など行われた中期型では、満充電からの走行可能距離が228km(JC08モード)まで向上している。後期型では駆動用バッテリー容量を既存モデルよりも6kWh増量した30kWhモデルが新設定された。高容量の新材料を使用したことでバッテリーパックサイズを24kWhモデルから据え置いたままリチウムイオンの高充填化とバッテリー内部抵抗の減少を実現したことで、航続距離を280km(JC08モード)に向上した。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

158件中 71 - 80件表示

「リーフ」のニューストピックワード