65件中 11 - 20件表示
  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たロンドン

    1885年、ヴィトン社はロンドンに進出。1888年、ジョルジュが模倣品防止のため、ベージュと茶褐色のチェス盤にルイ・ヴィトンの銘が入った「ダミエ・ライン」と呼ばれるデザインを考案。1889年のパリ万国博覧会で、ルイ・ヴィトン社に金賞をもたらした。しかし、商標登録もされていたにもかかわらず、またコピー商品が出回ることとなった。現在は白と灰色の「ダミエアズール・ライン」、黒を基調とした「ダミエグラフィット・ライン」もある。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たアルフォンソ12世

    1860年、ヴィトン社は需要に押されて規模を拡大した。1867年、万国博覧会で銅メダルを獲得。これにより世界的な評判を得、1869年にはエジプト総督のイスマーイール・パシャが、1877年にはロシアのニコライ皇太子(後のニコライ2世)がそれぞれ、1セットのトランクを発注した。また、当時世界的に力を持っていたスペイン国王アルフォンソ12世からもトランクの注文を受けるなど、主にスラブ、ラテン系王侯貴族に重用された。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たグッチ

    神戸市立神戸ファッション美術館に展示された現代美術作品がルイ・ヴィトン社からのクレームによって撤去された2010年春の事件。同美術館の企画展「ファッション奇譚 服飾に属する危険な小選集」に現代美術家・岡本光博のインスタレーション作品「バッタもん」(シャネルやグッチなど有名ブランドの柄の生地で製作した9体のバッタ型オブジェのシリーズ)を展示したところ、ルイ・ヴィトンから「この“自称アーティスト”によるオブジェの展示は、偽ブランド品を肯定する反社会的行為である」といった抗議と作品の撤去及びウェブサイトからの削除を要請する文書が届いた。企画者側はブランドからの抗議が万一あった場合に備えて、抗議をしてきたブランドの生地に順次覆いをかけて抗議があったことを示すという準備を事前にしていたが、抗議の翌日、市の職員により他ブランドも含む全作品を撤去、同作品が掲載されていたカタログ、ポスターも廃棄され、商標権と表現の自由を巡る議論を呼んだ。。同作品は同年秋に復活展示された。同様に2007年には宮城県美術館でのグループ展「アートみやぎ2007」に出展した現代美術家・タノタイガの木彫シリーズ「モノグラムライン」がルイ・ヴィトンから法的措置の可能性を示唆されたことから、LVマークにシールを貼っての展示となった。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たアメリカスカップ

    1983年 - アメリカスカップの挑戦艇選抜シリーズとして、ルイ・ヴィトンカップがスタート。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見た商標権

    神戸市立神戸ファッション美術館に展示された現代美術作品がルイ・ヴィトン社からのクレームによって撤去された2010年春の事件。同美術館の企画展「ファッション奇譚 服飾に属する危険な小選集」に現代美術家・岡本光博のインスタレーション作品「バッタもん」(シャネルやグッチなど有名ブランドの柄の生地で製作した9体のバッタ型オブジェのシリーズ)を展示したところ、ルイ・ヴィトンから「この“自称アーティスト”によるオブジェの展示は、偽ブランド品を肯定する反社会的行為である」といった抗議と作品の撤去及びウェブサイトからの削除を要請する文書が届いた。企画者側はブランドからの抗議が万一あった場合に備えて、抗議をしてきたブランドの生地に順次覆いをかけて抗議があったことを示すという準備を事前にしていたが、抗議の翌日、市の職員により他ブランドも含む全作品を撤去、同作品が掲載されていたカタログ、ポスターも廃棄され、商標権と表現の自由を巡る議論を呼んだ。。同作品は同年秋に復活展示された。同様に2007年には宮城県美術館でのグループ展「アートみやぎ2007」に出展した現代美術家・タノタイガの木彫シリーズ「モノグラムライン」がルイ・ヴィトンから法的措置の可能性を示唆されたことから、LVマークにシールを貼っての展示となった。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たシャネル

    神戸市立神戸ファッション美術館に展示された現代美術作品がルイ・ヴィトン社からのクレームによって撤去された2010年春の事件。同美術館の企画展「ファッション奇譚 服飾に属する危険な小選集」に現代美術家・岡本光博のインスタレーション作品「バッタもん」(シャネルやグッチなど有名ブランドの柄の生地で製作した9体のバッタ型オブジェのシリーズ)を展示したところ、ルイ・ヴィトンから「この“自称アーティスト”によるオブジェの展示は、偽ブランド品を肯定する反社会的行為である」といった抗議と作品の撤去及びウェブサイトからの削除を要請する文書が届いた。企画者側はブランドからの抗議が万一あった場合に備えて、抗議をしてきたブランドの生地に順次覆いをかけて抗議があったことを示すという準備を事前にしていたが、抗議の翌日、市の職員により他ブランドも含む全作品を撤去、同作品が掲載されていたカタログ、ポスターも廃棄され、商標権と表現の自由を巡る議論を呼んだ。。同作品は同年秋に復活展示された。同様に2007年には宮城県美術館でのグループ展「アートみやぎ2007」に出展した現代美術家・タノタイガの木彫シリーズ「モノグラムライン」がルイ・ヴィトンから法的措置の可能性を示唆されたことから、LVマークにシールを貼っての展示となった。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たブランド

    ルイ・ヴィトン()は、フランスのマルティエ(スーツケース職人)であるルイ・ヴィトン(、1821年8月4日 - 1892年2月28日)が創始したファッションブランド。LVMH(モエ・ヘネシー・モギビッシュルイ・ヴィトン)グループの中核ブランドである。LVMHの2008年の売上高は239億ドル。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たパリ

    ルイ・ヴィトンが評価されるようになったのは、創始者であるルイが亡くなった後のことである。ヴィトン社はまず「グリ・トリアノン・キャンバス」(Gris Trianon) というトランク工場として創始された。このトランクは灰色のキャンバス地で覆われており、とても軽量なものであった。1854年、ルイはエミリー (Emilie Clemence Pariaux) と結婚、同年、世界初となる旅行用鞄の専門店をパリ・カピュシーヌ通りに創業。3年後の1857年には息子のジョルジュ (Georges Vuitton) が生まれた。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たニコライ2世

    1860年、ヴィトン社は需要に押されて規模を拡大した。1867年、万国博覧会で銅メダルを獲得。これにより世界的な評判を得、1869年にはエジプト総督のイスマーイール・パシャが、1877年にはロシアのニコライ皇太子(後のニコライ2世)がそれぞれ、1セットのトランクを発注した。また、当時世界的に力を持っていたスペイン国王アルフォンソ12世からもトランクの注文を受けるなど、主にスラブ、ラテン系王侯貴族に重用された。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たバレンタインデー

    2月にはバレンタインラインとして、ハート型の小銭入れ「ポルトモネ・クール」、春コレクションは、モノグラムにフレンチレースを刺繍した「モノグラム・レース」、「デニム・パッチワーク」、「ポルカドット」など少数生産、多数コレクションへになりつつある。一方、7月にはアメリカスカップへのスポンサー契約打ち切りを発表した。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

65件中 11 - 20件表示

「ルイ・ヴィトン」のニューストピックワード