48件中 21 - 30件表示
  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たルイ・ヴィトンカップ

    1983年、アメリカスカップの挑戦艇選抜シリーズとして、ルイ・ヴィトンカップがスタート。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たエジプト

    1860年、ヴィトン社は需要に押されて規模を拡大した。1867年、万国博覧会で銅メダルを獲得。これにより世界的な評判を得、1869年にはエジプト総督のイスマーイール・パシャが、1877年にはロシアのニコライ皇太子(後のニコライ2世)がそれぞれ、1セットのトランクを発注した。また、当時世界的に力を持っていたスペイン国王アルフォンソ12世からもトランクの注文を受けるなど、主にスラブ、ラテン系王侯族に重用された。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たシカゴ万国博覧会 (1893年)

    父ルイの死後、ジョルジュはルイ・ヴィトン社を世界的な企業へと押し上げた。ジョルジュは、1893年のシカゴ万国博覧会に出展するなど、会社をうまく運営し続けると共に、著書『Le Voyage』(フランス語で旅の意)を出版した。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見た北京市

    1992年、中国初の店舗を北京にオープン。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たスマイリーフェイス

    2003年、日本人デザイナー村上隆とのコラボレーションにより、黒地あるいは白地にモノグラムをカラフルに配した「モノグラム・マルチカラー」を発表。このときに発表された商品の中には、モノグラム模様の中にスマイリーマークが描かれた桜の花を配した商品「モノグラム・チェリーブラッサム」や、大きな革製のリボンがついた商品なども発表された。同時に、村上隆のキャラクターであるパンダをモノグラムの上に描いたシリーズ「モノグラム・パンダ」も発売された。翌2004年にも村上とのコラボレーションによる「モノグラム・チェリー」ラインが発表された。これは、前年のサクラシリーズよりは少し落ち着いているものの、モノグラム地の上に、サクランボのイラストを載せるというデザインであった。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たセントルイス万国博覧会

    3年後の1904年、ジョルジュはセントルイス万国博覧会において議長を務めた。同年、ヴィトン社は新商品として、香水や衣類などの商品を小分けにできる仕切りの付いたトランクを発表した。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見た毛皮

    2007年、秋冬コレクションとして、カラフルなモノグラムマルチカラーをファーの上にプリントした「モノグラム・ミンク」とメタリックな素材の「モノグラム・ミラー」を発売。2月にはバレンタインラインとして、ハート型の小銭入れ「ポルトモネ・クール」、春コレクションは、モノグラムにフレンチレースを刺繍した「モノグラム・レース」、「デニム・パッチワーク」、「ポルカドット」など少数生産、多数コレクションへになりつつある。一方、7月にはアメリカスカップへのスポンサー契約打ち切りを発表した。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見た日本

    1981年、日本初の直営店舗を東京・銀座にオープン。1989年には香港初の店舗をオープン。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たシャンパン

    1987年、シャンパンメーカーのモエ・ヘネシーと合併、LVMHが誕生。LVMHグループはその後、クリスチャン・ディオールやフェンディなど有名ブランドを傘下におさめる巨大ブランド企業に成長する。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見た家紋

    家紋 - ルイ・ヴィトンのモノグラムは日本の家紋に触発されている。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

48件中 21 - 30件表示

「ルイ・ヴィトン」のニューストピックワード