65件中 31 - 40件表示
  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見た毛皮

    秋冬コレクションとして、カラフルなモノグラムマルチカラーをファーの上にプリントした「モノグラム・ミンク」とメタリックな素材の「モノグラム・ミラー」を発売。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たシャンパン

    1987年 - シャンパンメーカーのモエ・ヘネシーと合併、LVMHが誕生。LVMHグループはその後、クリスチャン・ディオールやフェンディなど有名ブランドを傘下におさめる巨大ブランド企業に成長する。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見た家紋

    1896年、ダミエの模倣品が出回ってきたことから、ヴィトン社はそのトレードマークとなる布地を新たに発表した。モノグラム・ラインと呼ばれることになるその模様は、様々なシンボルと共にルイ・ヴィトンを示す「LV」というマークが描かれている。モノグラムは、万国博覧会で目にした日本の家紋に触発されている。ジョルジュはその後アメリカへ渡航、ニューヨーク、シカゴ、フィラデルフィアなど様々な街を旅行し、その訪問中にもヴィトン製品を売って歩いた。1898年にはパリ・オートショーにヴィトン製品を出展した。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たパリ万国博覧会 (1889年)

    1885年、ヴィトン社はロンドンに進出。1888年、ジョルジュが模倣品防止のため、ベージュと茶褐色のチェス盤にルイ・ヴィトンの銘が入った「ダミエ・ライン」と呼ばれるデザインを考案。1889年のパリ万国博覧会で、ルイ・ヴィトン社に金賞をもたらした。しかし、商標登録もされていたにもかかわらず、またコピー商品が出回ることとなった。現在は白と灰色の「ダミエアズール・ライン」、黒を基調とした「ダミエグラフィット・ライン」もある。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たハンドバッグ

    1892年、ヴィトン社はハンドバッグの販売を開始、トランクやハンドバッグなどが掲載された最初のカタログもリリースされた。その年の2月27日、ルイは自宅で息を引き取り、ジョルジュが会社の全権を握ることとなった。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たフランス

    ルイ・ヴィトン()は、フランスのマルティエ(スーツケース職人)であるルイ・ヴィトン(、1821年8月4日 - 1892年2月28日)が創始したファッションブランド。LVMH(モエ・ヘネシー・モギビッシュルイ・ヴィトン)グループの中核ブランドである。LVMHの2008年の売上高は239億ドル。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たパリ万国博覧会 (1867年)

    1860年、ヴィトン社は需要に押されて規模を拡大した。1867年、万国博覧会で銅メダルを獲得。これにより世界的な評判を得、1869年にはエジプト総督のイスマーイール・パシャが、1877年にはロシアのニコライ皇太子(後のニコライ2世)がそれぞれ、1セットのトランクを発注した。また、当時世界的に力を持っていたスペイン国王アルフォンソ12世からもトランクの注文を受けるなど、主にスラブ、ラテン系王侯貴族に重用された。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見た神戸ファッション美術館

    神戸市立神戸ファッション美術館に展示された現代美術作品がルイ・ヴィトン社からのクレームによって撤去された2010年春の事件。同美術館の企画展「ファッション奇譚 服飾に属する危険な小選集」に現代美術家・岡本光博のインスタレーション作品「バッタもん」(シャネルやグッチなど有名ブランドの柄の生地で製作した9体のバッタ型オブジェのシリーズ)を展示したところ、ルイ・ヴィトンから「この“自称アーティスト”によるオブジェの展示は、偽ブランド品を肯定する反社会的行為である」といった抗議と作品の撤去及びウェブサイトからの削除を要請する文書が届いた。企画者側はブランドからの抗議が万一あった場合に備えて、抗議をしてきたブランドの生地に順次覆いをかけて抗議があったことを示すという準備を事前にしていたが、抗議の翌日、市の職員により他ブランドも含む全作品を撤去、同作品が掲載されていたカタログ、ポスターも廃棄され、商標権と表現の自由を巡る議論を呼んだ。。同作品は同年秋に復活展示された。同様に2007年には宮城県美術館でのグループ展「アートみやぎ2007」に出展した現代美術家・タノタイガの木彫シリーズ「モノグラムライン」がルイ・ヴィトンから法的措置の可能性を示唆されたことから、LVマークにシールを貼っての展示となった。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見た宮城県美術館

    神戸市立神戸ファッション美術館に展示された現代美術作品がルイ・ヴィトン社からのクレームによって撤去された2010年春の事件。同美術館の企画展「ファッション奇譚 服飾に属する危険な小選集」に現代美術家・岡本光博のインスタレーション作品「バッタもん」(シャネルやグッチなど有名ブランドの柄の生地で製作した9体のバッタ型オブジェのシリーズ)を展示したところ、ルイ・ヴィトンから「この“自称アーティスト”によるオブジェの展示は、偽ブランド品を肯定する反社会的行為である」といった抗議と作品の撤去及びウェブサイトからの削除を要請する文書が届いた。企画者側はブランドからの抗議が万一あった場合に備えて、抗議をしてきたブランドの生地に順次覆いをかけて抗議があったことを示すという準備を事前にしていたが、抗議の翌日、市の職員により他ブランドも含む全作品を撤去、同作品が掲載されていたカタログ、ポスターも廃棄され、商標権と表現の自由を巡る議論を呼んだ。。同作品は同年秋に復活展示された。同様に2007年には宮城県美術館でのグループ展「アートみやぎ2007」に出展した現代美術家・タノタイガの木彫シリーズ「モノグラムライン」がルイ・ヴィトンから法的措置の可能性を示唆されたことから、LVマークにシールを貼っての展示となった。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィトン

    ルイ・ヴィトンから見たスラヴ人

    1860年、ヴィトン社は需要に押されて規模を拡大した。1867年、万国博覧会で銅メダルを獲得。これにより世界的な評判を得、1869年にはエジプト総督のイスマーイール・パシャが、1877年にはロシアのニコライ皇太子(後のニコライ2世)がそれぞれ、1セットのトランクを発注した。また、当時世界的に力を持っていたスペイン国王アルフォンソ12世からもトランクの注文を受けるなど、主にスラブ、ラテン系王侯貴族に重用された。ルイ・ヴィトン フレッシュアイペディアより)

65件中 31 - 40件表示

「ルイ・ヴィトン」のニューストピックワード