前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
73件中 1 - 10件表示
  • 2009年のブラジル

    2009年のブラジルから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    1月27日-2月1日 - 世界社会フォーラム(反ダボス会議)、ブラジル北部のベレンで開催。ルラ大統領、ベネズエラのチャベス大統領らが出席。非政府組織(NGO)など、約10万人が参加した 。2009年のブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルの歴史

    ブラジルの歴史から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    1979年に野党候補を選挙で破って大統領に就任した退役大将はこの路線を更に進めた。同年8月には恩赦法が制定されて政治犯の釈放や、追放者の帰国が認められ、カエターノ・ヴェローゾやフェルナンド・エンリケ・カルドーゾなどが帰国し、11月には政党法が制定され、政党の結成が自由化された。また、キューバ、ソ連との関係も再開した。この頃にはブラジルは軍事政権下の開発政策によってラテンアメリカ最大の工業国となっており、隣国のウルグアイ、パラグアイ、ボリビアを経済圏に取り込んだ。他方ではこの時期に弾圧されていた労働運動が復活し、1980年にはルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァの指導するサンパウロの自動車労組によって労働者と農民、失業者などを包括した大規模なゼネストが勃発した。また、スラム内でもレオナルド・ボフ神父らが働きかけた解放の神学などにより、住民の組織化が進み、ファヴェーラの住民を弾圧する警察や軍隊に対して抵抗運動が行われた。ルーラはこうした人々を結集して1982年に結成された労働者党の初代党首となった。このように、開発モデルが挫折し、スタグフレーションに陥ったブラジル経済にとって1980年代はスタート時から「失われた10年」となり、結果的に軍部の政治的影響力の低下・民政移管へと繋がった。また、建国以来長らく対立が続いていたアルゼンチンとの関係では、1980年5月にはフィゲイレード大統領がアルゼンチンを訪問し、1982年に勃発したマルビーナス戦争では、ブラジルはアルゼンチンの軍事行動を支持しないものの、マルビーナス諸島のアルゼンチン帰属を認めるなどの歩み寄りを行い、後の両国の関係改善のきっかけを作った。ブラジルの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 労働者党 (ブラジル)

    労働者党 (ブラジル)から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    労働者党(ろうどうしゃとう、 パルティード・ドス・トラバリャドーレス、略称:)は、ブラジルの社会主義政党。2003年から2016年にかけてルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ、ジルマ・ルセフの二人の大統領を輩出し、ブラジル共産党(PCdoB)や民主労働党(PDT)、民主運動党(PMDB)などの左派・中道左派政党と連立を組んだ。現在の党首(総裁)は、ルイ・ファルカン(Rui Falcão)。労働者党 (ブラジル) フレッシュアイペディアより)

  • ジルベルト・ジル

    ジルベルト・ジルから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    音楽活動では、カエターノ・ヴェローゾと共に、トロピカリア(トロピカリズモ)というムーヴメントを牽引し、MPBの重要人物の一人として評価されている。ボサノヴァに影響を受けて音楽活動を開始したが、その後ロック、ソウル、レゲエ、アフリカ音楽等、様々なジャンルの音楽を吸収していった。政治家としては、1988年よりサルヴァドールの市議会議員を務め、2003年から2008年にかけて、ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ政権においてブラジルの文化大臣を務めたことで知られる。ジルベルト・ジル フレッシュアイペディアより)

  • 2016年夏季オリンピックの開催地選考

    2016年夏季オリンピックの開催地選考から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    2009年10月2日、デンマークの首都コペンハーゲンで開かれていた第121次IOC総会において、開催地を決める投票が行われた。まず、シカゴ、東京、リオデジャネイロ、マドリードの順に最終プレゼンテーションが行われ、シカゴにはバラク・オバマ大統領やミシェル・オバマ大統領夫人、東京には鳩山由紀夫首相や15歳の体操少女、リオデジャネイロにはルラ大統領やペレ、マドリードにはフアン・カルロス1世国王やサマランチ前IOC会長らが登壇した。2016年夏季オリンピックの開催地選考 フレッシュアイペディアより)

  • ネストル・キルチネル

    ネストル・キルチネルから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    また、民政復帰後の歴代政権が曖昧な態度に終始してきた軍政時代の人権侵害について断固たる態度を見せ、反政府派市民の殺害などに関与した軍人の訴追を進めている。外交的にもブラジルのルーラ政権・ベネズエラのチャベス政権・キューバのカストロ政権との連携を深めている。特にブラジル・ベネズエラとの間ではガス・パイプラインの建設計画で合意している。ネストル・キルチネル フレッシュアイペディアより)

  • ジルマ・ルセフ

    ジルマ・ルセフから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ政権下で鉱業エネルギー相、官房長官を務めた。大統領の右腕的存在としても知られ、の推進役として活動、ルーラ大統領からは「PACの母親」と呼ばれた。ジルマ・ルセフ フレッシュアイペディアより)

  • 2018年の政治

    2018年の政治から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    24日 - ブラジルの控訴裁判所が収賄と資金洗浄の罪に問われたルラ元大統領に対し禁錮12年の控訴審判決を言い渡した。ルラ元大統領は10月の大統領選挙への立候補を表明していたが、法律の規定により難しくなった。2018年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルの教育

    ブラジルの教育から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    第二次世界大戦後は1947年の成人教育キャンペーンなどの識字運動が進められ、1960年代にはゴラール政権下で活躍したパウロ・フレイレの「意識化」を軸とする識字キャンペーンが全国各地で進められたが、1964年のブラジル・クーデター後の軍事政権はフレイレの目指した低開発の克服のための識字教育という方向性を否定し、1967年の中央集権的なブラジル識字運動 (MOBRAL) など、官製の運動に取って代わられた。1985年の民政移管後、識字運動は停滞し、カルドーゾ政権下の1996年に制定された国家教育指針基本法も運用面では大きな成果を上げることはできなかったが、2003年に成立した労働者党のルーラ政権下では、2003年に開始されたブラジル識字プログラムなどによって成人非識字者への教育が積極的に推進されている。ブラジルの教育 フレッシュアイペディアより)

  • コマンダンテ・フェラス基地

    コマンダンテ・フェラス基地から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    2008年には、基地創設25周年を記念して、ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領が基地を訪問した。コマンダンテ・フェラス基地 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
73件中 1 - 10件表示