61件中 11 - 20件表示
  • 国際反ホモフォビアの日

    国際反ホモフォビアの日から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    国際反ホモフォビアの日(こくさいはんほもふぉびあのひ、英:International Day Against Homophobia and transphobia, IDAHO)は、毎年5月17日に開かれる行事で、フランスの大学教授であり同性愛者活動家であるルイジョルーズサンが提案して2005年に始まり、初年度は50ヵ国からIDAHOを記念して、キャンペーン、討論会、街頭デモ、展示、映画祭、集会などが開かれ、翌年の2006年に欧州議会で、同性愛に対する嫌悪(=ホモフォビア)を非難する決議文を通してIDAHOを承認した。同年7月の、ワールドアウトゲームズで採択されたモントリオール宣言本文の最後でも、すべての国と国際連合に対して国際反ホモフォビアの日の承認と推進を求めている。近年、国際レズビアン・ゲイ協会の国際連合経済社会理事会での承認と同協会の名称変更以降は、トランスフォビア廃絶も行事の運動に含まれるようになり、『国際反ホモフォビア・反トランスフォビアの日』(英: International Day Against Homophobia and Transphobia)という名称が国際的に普及しつつある。2010年にはブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領が国の反ホモフォビアの日として正式に承認した。国際反ホモフォビアの日 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ省 (ブラジル)

    スポーツ省 (ブラジル)から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    1995年、フェルナンド・エンリケ・カルドーゾ大統領政権の下で教育省から分離してスポーツ特別省(MEE)として創設された。1998年12月31日、n 1.794-8法により観光関連事業も取扱うと定められスポーツ観光省(MET)に改編されるが、ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領政権でスポーツ省に改編される。スポーツ省 (ブラジル) フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・エンリケ・カルドーゾ

    フェルナンド・エンリケ・カルドーゾから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    1994年の大統領選挙に当選し、1995年1月より大統領。2期8年の長きにわたって務めた。2002年の大統領選には出馬せず、後継にホセ・セラを指名したが、左翼系のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァに敗れた。フェルナンド・エンリケ・カルドーゾ フレッシュアイペディアより)

  • 世界社会フォーラム

    世界社会フォーラムから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    最初の世界社会フォーラムは、2001年1月25日から30日まで、ブラジルのポルト・アレグレで開かれた。フォーラムは、「もうひとつのグローバル化運動」に参加する多くの団体で組織された。参加団体には、ATTACフランス協会を含む。このころ、労働者党 (PT)に率いられたポルトアレグレ政府の援助を部分的に受けている。ポルトアレグレは、伝統的な代表権を持った機関と住民の公開会議を組み合わせる、地域政府の革新的モデルを実験していた。12,000人が世界中から参加し、当時、ブラジルも変革期であり、翌2002年のブラジル大統領選には、労働者党候補ルーラが当選した(2006年に60%以上の得票で再度当選し、2011年まで任期を延ばした)。世界社会フォーラム フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルの教育

    ブラジルの教育から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    第二次世界大戦後は1947年の成人教育キャンペーンなどの識字運動が進められ、1960年代にはゴラール政権下で活躍したパウロ・フレイレの「意識化」を軸とする識字キャンペーンが全国各地で進められたが、1964年のブラジル・クーデター後の軍事政権はフレイレの目指した低開発の克服のための識字教育という方向性を否定し、1967年の中央集権的なブラジル識字運動 (MOBRAL) など、官製の運動に取って代わられた。1985年の民政移管後、識字運動は停滞し、カルドーゾ政権下の1996年に制定された国家教育指針基本法も運用面では大きな成果を上げることはできなかったが、2003年に成立した労働者党のルーラ政権下では、2003年に開始されたブラジル識字プログラムなどによって成人非識字者への教育が積極的に推進されている。ブラジルの教育 フレッシュアイペディアより)

  • テレ・サンタナ

    テレ・サンタナから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    常に攻撃的なサッカーを志しており、ブラジル代表がかつて持っていた自由な精神での攻撃サッカーの救済者としてブラジル国民から崇拝されている。ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ第35代大統領は、「彼は『優雅に、巧みに、相手への敬意を持ってプレーさせるべきだ』と常に主張していた」とサンターナに賛辞を送る。サンパウロFCで彼の指導を受けたカフーは、「彼は素晴らしい人物であり、素晴らしい友人であり、僕らに適切な助言を与えてくれる父親のような人だった」と回顧する。元ブラジル代表監督のカルロス・アルベルト・パレイラは「彼は驚くべき遺産を残した。監督としてだけでなく、ひとりの人間としても後世の良き手本だった」と彼を称えた。テレ・サンタナ フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルの経済

    ブラジルの経済から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    2008年現在、BRICsの一角にまで、ブラジル経済を変貌させたのは、2003年に大統領に就任したルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァの存在が大きい。ブラジルの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 南米・アラブ諸国首脳会議

    南米・アラブ諸国首脳会議から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    南米・アラブ諸国首脳会議は、2003年、ブラジルのルーラ大統領が南アメリカとアラブの地域間交流を提唱したことにより誕生した両地域トップの会合。南米12カ国(アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、ガイアナ、コロンビア、スリナム、 チリ、パラグアイ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、ボリビア)とアラブ22カ国(アラブ首長国連邦、アルジェリア、イエメン、イラク、エジプト、オマーン、カタール、クウェート、コモロ、サウジアラビア、ジブチ、シリア、スーダン、ソマリア、チュニジア、パレスチナ、バーレーン、モーリタニア、モロッコ、ヨルダン、リビア、レバノン)の計34か国、南米諸国連合 (UNASUR)及びアラブ連盟 (LAS)の事務局により構成される。南米・アラブ諸国首脳会議 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル領南極

    ブラジル領南極から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    2008年2月16日、ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領と、夫人のを含む23人の代表団がブラジルの南極基地を訪れた。ブラジル政府はこの大統領の訪問を、同国の科学者や軍人の仕事を支持する「政治的な意思表明」と位置づけた。ブラジル領南極 フレッシュアイペディアより)

  • インディラ・ガンディー賞

    インディラ・ガンディー賞から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ(ブラジル連邦共和国大統領)(2010年)インディラ・ガンディー賞 フレッシュアイペディアより)

61件中 11 - 20件表示

「ルラ・ダシルバ」のニューストピックワード