73件中 21 - 30件表示
  • 南米・アラブ諸国首脳会議

    南米・アラブ諸国首脳会議から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    南米・アラブ諸国首脳会議は、2003年、ブラジルのルーラ大統領が南アメリカとアラブの地域間交流を提唱したことにより誕生した両地域トップの会合。南米12カ国(アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、ガイアナ、コロンビア、スリナム、チリ、パラグアイ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、ボリビア)とアラブ22カ国(アラブ首長国連邦、アルジェリア、イエメン、イラク、エジプト、オマーン、カタール、クウェート、コモロ、サウジアラビア、ジブチ、シリア、スーダン、ソマリア、チュニジア、パレスチナ、バーレーン、モーリタニア、モロッコ、ヨルダン、リビア、レバノン)の計34か国、南米諸国連合 (UNASUR)及びアラブ連盟 (LAS)の事務局により構成される。南米・アラブ諸国首脳会議 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ省 (ブラジル)

    スポーツ省 (ブラジル)から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    1995年、フェルナンド・エンリケ・カルドーゾ大統領政権の下で教育省から分離してスポーツ特別省(MEE)として創設された。1998年12月31日、n 1.794-8法により観光関連事業も取扱うと定められスポーツ観光省(MET)に改編されるが、ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領政権でスポーツ省に改編される。スポーツ省 (ブラジル) フレッシュアイペディアより)

  • マリナ・シルバ

    マリナ・シルバから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    労働者党 (ブラジル)議員であったマリナはルーラ大統領(ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ)時代に環境相に就任。2008年まで職務に就きアマゾンの熱帯雨林保護のための法律や温室効果ガス排出の防止を目的としたアマゾン基金の創設などに尽力した。マリナ・シルバ フレッシュアイペディアより)

  • テレ・サンタナ

    テレ・サンタナから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    常に攻撃的なサッカーを志しており、ブラジル代表がかつて持っていた自由な精神での攻撃サッカーの救済者としてブラジル国民から崇拝されている。ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ第35代大統領は、「彼は『優雅に、巧みに、相手への敬意を持ってプレーさせるべきだ』と常に主張していた」とサンターナに賛辞を送る。サンパウロFCで彼の指導を受けたカフーは、「彼は素晴らしい人物であり、素晴らしい友人であり、僕らに適切な助言を与えてくれる父親のような人だった」と回顧する。元ブラジル代表監督のカルロス・アルベルト・パレイラは「彼は驚くべき遺産を残した。監督としてだけでなく、ひとりの人間としても後世の良き手本だった」と彼を称えた。テレ・サンタナ フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルの経済

    ブラジルの経済から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    現在、BRICsの一角にまで、ブラジル経済を変貌させたのは、2003年に大統領に就任したルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァの存在が大きい。ブラジルの経済 フレッシュアイペディアより)

  • Su-35 (航空機・初代)

    Su-35 (航空機・初代)から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    2001年に、ブラジル大統領フェルナンド・エンリケ・カルドーゾの下でミラージュIIID/EとF-5の後継機を調達する入札を発表した。スホーイはAvibrasと提携して7億ドルの入札にSu-27Mを提出した。予定では購入数は少なくとも12機であった。他の候補はミラージュ2000、F-16、MiG-29、サーブ 39 グリペンであった。ロシアはSu-35が選定された場合50機のエンブラエル社製のリージョナルジェットを購入してアエロフロート・ロシア航空で使用するとしていた。その後2003年にブラジルは財政及び政治的理由(ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァが大統領となった)から次期戦闘機計画を一旦白紙に戻し、2005年に中古のミラージュ2000を購入した。Su-35 (航空機・初代) フレッシュアイペディアより)

  • 第四インターナショナル

    第四インターナショナルから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ブラジル労働者党(PT)内の左派潮流として活動。ルーラ政権への評価をめぐり、現在PTに留まる部分と、左翼独自勢力として社会主義と自由党(Party of Socialism and Liberty ― P-SOL)を形成する部分とに二方面の活動を展開している。P-SOLは2006年のブラジル大統領選において、ルラに対抗してエロイザ・エレナを擁立して6.8%の得票を獲得した。第四インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル社会民主党

    ブラジル社会民主党から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    1994年の大統領選挙では従属理論の研究者としても知られるフェルナンド・エンリケ・カルドーゾを勝利させ、1998年の大統領選挙でも再選を果たし、他の中南米諸国と同様に規制緩和や民営化といった新自由主義改革を推し進め、外交面では米国との協調路線を取った。しかし、その新自由主義改革による格差拡大・固定化への反動から2002年の大統領選挙では左翼政党である労働者党のルーラに政権奪取を許し、野党となった。ブラジル社会民主党 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル民主運動党

    ブラジル民主運動党から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    大統領の直接選挙制が復活した1989年以降、ジョゼ・サルネイ、イタマール・フランコ、フェルナンド・カルドーゾ大統領の政権与党として活動。2003年以降も左翼の労働者党を中心とするルーラ政権(2003年?2011年)、ジルマ・ルセフ政権(2011年?2016年)の与党として活動。ブラジル民主運動党 フレッシュアイペディアより)

  • 民主労働党 (ブラジル)

    民主労働党 (ブラジル)から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    民主労働党(みんしゅろうどうとう、、略称: パルティード・デモクラーティコ・トラバリスタ)は、1981年11月に結成されたブラジルの中道左派政党である。社会主義インターナショナル加盟政党。労働者党(PT)を中心としたルーラ政権(2003年?2011年)とジルマ・ルセフ政権(2011年?2016年)を支える連立与党の一角を占めていた。民主労働党 (ブラジル) フレッシュアイペディアより)

73件中 21 - 30件表示