61件中 41 - 50件表示
  • 左翼ナショナリズム

    左翼ナショナリズムから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    2000年代に入り、ラテンアメリカではアルゼンチンのネストル・キルチネル政権、チリのミシェル・バチェレ政権、ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ政権、ウルグアイのタバレ・バスケス政権など中道左派化が急速に進んだ。左翼ナショナリズム フレッシュアイペディアより)

  • ジルマ・ルセフ

    ジルマ・ルセフから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ政権下で鉱業エネルギー相、官房長官を務めた。大統領の右腕的存在としても知られ、PAC(経済成長加速計画)の推進役として活動、ルーラ大統領からは「PACの母親」と呼ばれた。ジルマ・ルセフ フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    2003年には労働者党からルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァが大統領に就任し、その後世界経済の好調を受けて経済が回復を見せた。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • 靴磨き

    靴磨きから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    この職業は、少年が務めることが多い。日本では第二次世界大戦の敗戦以降、社会の貧困と戦災孤児が浮浪児化したことから都市部を中心に所謂「シューシャンボーイ」と呼ばれる靴磨きを生業とする少年らがあふれ、『東京シューシャインボーイ』(1951年発表・歌:暁テル子・作詞:井田誠一・作曲:佐野鋤)などの歌にもなった。同様に経済状態の良好でない国では、靴磨きの少年の収入が家計を支えたり、ストリートチルドレンの唯一の収入源となることもある。アメリカのソウルシンガージェームス・ブラウンや公民権運動活動家のマルコムX、ブラジル大統領のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ、俳優の黒部進など、著名人の中にも靴磨き経験者がいる。靴磨き フレッシュアイペディアより)

  • イラン

    イランから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    2009年10月27日のアフマディーネジャード大統領との会談の中で、エルドアン首相はイランの核(エネルギー)保有の権利があると強調し、「地球上で非核の呼びかけを行う者はまず最初に自分の国から始めるべきだ」と述べた。また、ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領はNewsweek誌2009年10月21号でイランのウラン濃縮の権利を支持していることが報じられており、ベネズエラのチャベス大統領は2006年7月のアフリカ連合(AU)首脳会議に招かれた際イランの核開発について「平和利用のための核技術を発展させる権利がイランにないというのか。明らかにある」と断言している。イラン フレッシュアイペディアより)

  • ¿Por qué no te callas?

    ¿Por qué no te callas?から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    この一件に関する南米諸国の対応も分かれ、ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領はチャベス大統領を擁護したのに対し、ペルーのアラン・ガルシア大統領やエルサルバドルのアントニオ・サカ大統領はフアン・カルロス1世国王を支持した。ロサンゼルス・タイムズも「がさつで礼儀知らずのチャベス大統領と、他国の国家元首を見下すフアン・カルロス1世国王のどちらが悪いとは言えない」という社説を載せ、ワシントン・ポストは「いまスペイン語圏は大きな混乱の渦の中にある。フアン・カルロス1世国王は各国の首脳たちに『(どちらを支持するかについて)どうして君は喋らないのかね?』と聞いて回る必要がある」とフアン・カルロス1世の発言を利用して風刺した。¿Por qué no te callas? フレッシュアイペディアより)

  • 左翼

    左翼から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ラテンアメリカではアメリカ合衆国が主導するアメリカニゼーション・新自由主義に対する反発から、ベネズエラのウゴ・チャベスやボリビアのエボ・モラレスなどの反米左翼政権が数多く誕生した。また、反米というわけではないがブラジルの前大統領であるルラも労組出身の左翼であり、現職のルセフもルラの政策を引き継いでいる。1980年代以降一部の左派系の政権も新自由主義的な経済政策を取り入れ始めたため、急進左派勢力がある程度勢力を拡大している。左翼 フレッシュアイペディアより)

  • 第四インターナショナル

    第四インターナショナルから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ブラジル労働者党(PT)内の左派潮流として活動。ルーラ政権への評価をめぐり、現在PTに留まる部分と、左翼独自勢力として社会主義と自由党(Party of Socialism and Liberty ― P-SOL)を形成する部分とに二方面の活動を展開している。P-SOLは2006年のブラジル大統領選において、ルラに対抗してエロイザ・エレナを擁立して6.8%の得票を獲得した。第四インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル連邦共和国大統領

    ブラジル連邦共和国大統領から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    File:Presidentes do Brasil.JPG|歴代の大統領(左からコロール、サルネイ、ダ・シルヴァ、ルセフ、カルドーゾ)ブラジル連邦共和国大統領 フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・ムヒカ

    ホセ・ムヒカから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ベネズエラのウゴ・チャベス大統領のような反米左派になるのではと懸念があるが大統領選挙戦ではブラジルのルラ前大統領のような中道左派路線を強調している。ホセ・ムヒカ フレッシュアイペディアより)

61件中 41 - 50件表示

「ルラ・ダシルバ」のニューストピックワード