73件中 41 - 50件表示
  • 山高帽

    山高帽から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    Image:Lula 20050122 posesionmorales01.jpg|山高帽を被ったボリビアの女性(右はルイス・イナシオ・ルーラブラジル大統領)山高帽 フレッシュアイペディアより)

  • ペルナンブーコ州

    ペルナンブーコ州から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    以降、ペルナンブーコは経済的落ち込みから歴史の表舞台への影響力を弱めていく。反中央政権的土着思想もあり、中央から経済支援を計る有力な政治家もあまり出なかったことも災いしている(2003年から2010年まで大統領を務めたルラは同州の出身だが)。ペルナンブーコ州 フレッシュアイペディアより)

  • メルコスール

    メルコスールから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    アルゼンチンのフェルナンデス大統領とブラジルのルラ大統領は、2008年2月22日、メルコスールを強化することを謳った共同声明を発表した。声明は、不干渉と国際法の尊重が両国の基本原則と位置づけている。メルコスール フレッシュアイペディアより)

  • ゴル航空1907便墜落事故

    ゴル航空1907便墜落事故から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ブラジル空軍は墜落現場に5機の固定翼機と3機のヘリコプター、200人の調査隊を派遣した。また現場の森に精通したカヤポ族の人々による事故現場への道案内も受けた。最初は「5人の生存者が見つかった」という情報が出たが、その後誤報だったことが判明した。ブラジルの大統領であるルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ(当時)は、国民は3日間喪に服すことを宣言した。ゴル航空1907便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • TAM航空3054便オーバーラン事故

    TAM航空3054便オーバーラン事故から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    この事故による犠牲者数はブラジルだけでなく南アメリカ諸国では最悪の航空事故となった。ブラジル大統領のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァは事故発生から3日間、国中が喪に服することを宣言した。TAM航空3054便オーバーラン事故 フレッシュアイペディアより)

  • 連帯経済

    連帯経済から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    連帯経済という表現が使われるようになったのは最近のことであるが、特にフランスではかなり以前から、協同組合などに対して社会的経済という名称が使われていた。それに対し連帯経済という表現が使われるようになったのは1990年代からであり、市民社会の成熟に伴い市民社会の連帯を基盤として実施されるさまざまな経済活動を総称する目的で使われている。特に、ル・モンド・ディプロマティークで連帯経済が紹介されたり、世界社会フォーラムなどで連帯経済が取り扱われたりしていることから、英語圏諸国よりもフランス・イタリア・スペイン・メキシコ・ブラジル・アルゼンチン・カナダ(特にケベック州)など主にラテン系諸国でこの運動が盛んに行われてきていたが、最近ではドイツ・オーストリアやアメリカ合衆国でも連帯経済に対する関心が高まっている。また、ブラジルではルラ政権のもとで労働雇用省内に連帯経済局が設置されたり、ブラジル連帯経済フォーラムにより全国ネットワークが強化されたり、州や市町村レベルで連帯経済の推進のための政策が実施されるなど、その発展水準は目を見張るものがある。連帯経済 フレッシュアイペディアより)

  • 現代の世界の一体化

    現代の世界の一体化から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    1997年のアジア通貨危機の際に影響を受けなかった国が2国あった。それが、中華人民共和国とインドである。両国はともに変動相場制を採用しておらず、このことが為替による投機を回避することができた要因だった。中国とインドはアジア通貨危機以後、経済のプレゼンスを拡大していった。これに、原油価格が高騰したことにより、ボリス・エリツィン大統領の時代には国家が破綻状態に追い込まれたロシアも息を吹き返した。さらに、2003年には、ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領が就任すると1970年代以来問題となっていた対外債務問題の解決に腐心したブラジルも原油価格の高騰とバイオマスエタノールを武器に息を吹き返していった。これら4カ国を総称して、BRICsと呼ぶ。現代の世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 第4回20か国・地域首脳会合

    第4回20か国・地域首脳会合から見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    経済協力開発機構(OECD)、国際労働機関、エチオピア、マラウイ、ナイジェリア、ベトナムは、このトロント・サミットが初のG20サミット参加となる。イギリスのキャメロン首相と日本の菅直人総理大臣は第36回G8サミットとこのG20サミットが初の国際会議出席である。オーストラリアからは、2010年6月24日に首相となったばかりのジュリア・ギラード首相の代理としてウェイン・スワン副首相がサミットに参加した。ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領は同国で起きた大洪水の対応のためブラジルに留まり、代りにグイド・マンテガ財務大臣がサミットに出席した。ハンツビルでのG8サミット終了後、英キャメロン首相は予定していた飛行機が悪天候で離陸できなくなったため、米国大統領の専用ヘリコプター「マリーンワン」に同乗しバラク・オバマ大統領と共にトロント入りした。第4回20か国・地域首脳会合 フレッシュアイペディアより)

  • ツィクロン

    ツィクロンから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    2008年には、ブラジルが計画から撤退し代わりにロシアとアンガラ・ロケットの派生機種の共同開発を行うと報告された。しかし、2009年末にウクライナ大統領のヴィクトル・ユシチェンコとブラジル大統領のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァは最初のツィクロン4を2010年末にアルカンタラから打ち上げる事を含む共同宣言に署名した。ツィクロン フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・エンリケ・カルドーゾ

    フェルナンド・エンリケ・カルドーゾから見たルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    1994年の大統領選挙に当選し、1995年1月より大統領。2期8年の長きにわたって務めた。2002年の大統領選には出馬せず、後継にホセ・セラを指名したが、左翼系のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァに敗れた。フェルナンド・エンリケ・カルドーゾ フレッシュアイペディアより)

73件中 41 - 50件表示