前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示
  • ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァから見たジルマ・ルセフ

    大統領二期目も高い支持率を維持したが、憲法規定により三選は禁止されているため、ルーラは2011年1月1日の任期満了をもって退任した。後継の大統領候補には官房長官を務めたジルマ・ルセフ(ジウマ・ルセッフィと発音)を指名し、好調な経済を背景にルセフが後任の大統領に当選した。ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァから見たカルロス・テベス

    サッカーアルゼンチン代表のカルロス・テベスがブラジルのコリンチャンスに移籍した際、「アルゼンチン人がブラジルで活躍できるわけがない」と発言。だがテベスは半年でキャプテンになったうえリーグ最優秀選手に選ばれたことから後に謝罪している。ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァから見たフェルナンド・エンリケ・カルドーゾ

    その後ルーラは1994年と1998年の大統領選挙に出馬したが、いずれもブラジル社会民主党(Partido da Social Democracia Brasileira, PSDB)のフェルナンド・エンリケ・カルドーゾ(フェルナンド・エンヒーキ・カルドーゾと発音)に敗れている。ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァから見たフェルナンド・コロール・デ・メロ

    1984年、労働者党およびルーラは民衆キャンペーン"Diretas Já"(ジレータス・ジャー)に参加した。このキャンペーンは、次期大統領選挙における直接投票を要求するという趣旨のものであった。このキャンペーンの直接の結果として、民衆たちによる何年もの戦いの後、ついに1989年にいたって29年ぶりの直接選挙による大統領選挙が実現したのである。ルーラはこの大統領選挙に労働者党の候補として出馬したが、決選投票で国家再建党のフェルナンド・コロール・デ・メロに僅差で敗北した。ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァから見たレアル

    社会政策としては「飢餓ゼロ計画」を立ち上げ、貧困層への支援を積極的に行っている。その一環として2003年、貧困層への家族手当である「ボウサ・ファミーリア」を創設した。これは「ボウサ・エスコーラ」(学童基金)・食糧補助・ガス助成金・食糧カードといった4つの公的扶助制度を統合したもので、月間所得が50レアル(ヘアウと発音)以下(16歳以下の通学中の子供がいる場合は100レアル以下)の貧困世帯に対し1ヶ月50レアル、通学中の子供1人につき15レアルの家族手当を支給する制度である。「飢餓ゼロ計画」では他に廉価で食事を提供する「大衆レストラン」の設置や食糧配給なども実施されている。また、貧困対策としては最低賃金の引き上げも実行した。ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァから見た国際通貨基金

    労働者党出身とはいえ、急進的な左派路線は採らず、基本的には現実的な経済政策を採っている。2002年の大統領選挙では、過去の大統領選におけるルーラの左翼的な主張から市場に警戒感が広がり、対ドル市場ではレアル安が進んだ。しかし政権が発足するとルーラは公務員年金改革による財政支出の削減などを行い、カルドーゾ政権の財政健全化路線を踏襲したため、その懸念を払拭した。実際、IMFの目標値を超える財政黒字を達成し、2009年にはIMFに対する純債権国となっている。また、インフレ抑制にも成功している。ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァから見た政治家

    ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ(Luiz Inácio "Lula" da Silva, ルイース・イナスィオ・ルーラ・ダ・スィウヴァと発音、1945年10月27日 - )は、ブラジルの左翼政治家、第35代大統領(在任:2003年 - 2011)。通称ルーラまたはルラで、日本のマスコミではルラと表記されることが多い。ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァから見たリオデジャネイロ

    2016年の夏季オリンピック開催地がリオデジャネイロに決定した際の会見で、うれしさのあまり、大勢の記者の目の前で大泣きした。ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァから見たサッカーアルゼンチン代表

    サッカーアルゼンチン代表のカルロス・テベスがブラジルのコリンチャンスに移籍した際、「アルゼンチン人がブラジルで活躍できるわけがない」と発言。だがテベスは半年でキャプテンになったうえリーグ最優秀選手に選ばれたことから後に謝罪している。ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

    ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァから見た最低賃金

    社会政策としては「飢餓ゼロ計画」を立ち上げ、貧困層への支援を積極的に行っている。その一環として2003年、貧困層への家族手当である「ボウサ・ファミーリア」を創設した。これは「ボウサ・エスコーラ」(学童基金)・食糧補助・ガス助成金・食糧カードといった4つの公的扶助制度を統合したもので、月間所得が50レアル(ヘアウと発音)以下(16歳以下の通学中の子供がいる場合は100レアル以下)の貧困世帯に対し1ヶ月50レアル、通学中の子供1人につき15レアルの家族手当を支給する制度である。「飢餓ゼロ計画」では他に廉価で食事を提供する「大衆レストラン」の設置や食糧配給なども実施されている。また、貧困対策としては最低賃金の引き上げも実行した。ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示

「ルラ・ダシルバ」のニューストピックワード