ルーカス・ポドルスキ ニュース&Wiki etc.

ルーカス・ヨーゼフ・ポドルスキ(Lukas Josef Podolski, 1985年6月4日 - )は、ポーランド・グリヴィツェ出身のドイツ代表。プレミアリーグ・アーセナル所属のサッカー選手。ポジションはフォワード。サイドハーフでもプレーができる。愛称は「ポルディ」。ポーランド系ドイツ人である。ルカーシュ・ポドルスキー… (出典:Wikipedia)

「ルーカス・ポドルスキ」最新ニュース

「ルーカス・ポドルスキ」Q&A

  • Q&A

    インテルはシャキリそしてポドルスキを獲得しました。次はルーカス、パウリーニョを狙って…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2015年1月23日 14:06

  • Q&A

    WCCF ものすごい初心者です!自分で調べたりしてるのですが連携とかkpなどチンプン…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2014年9月5日 23:09

  • Q&A

    WCCF ドイツ縛りについて質問です。 この度WCCFにてドイツ縛りU-5を組みま…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2014年9月2日 14:19

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ルーカス・ポドルスキー」のつながり調べ

  • サッカードイツ代表

    サッカードイツ代表から見たルーカス・ポドルスキ

    2006年のワールドカップドイツ大会は「ドイツ代表」がホストとなる最初の大会になった。フェラーのあとを継いだユルゲン・クリンスマン監督は若手を積極的に登用したが、親善試合では結果が出せず、大会直前には日本代表と引き分けるなど地元開催ながら下馬評は決して高いものではなかった。しかし、ホームでの圧倒的なドイツ国民の声援と大会得点王となったクローゼや、ルーカス・ポドルスキの活躍を受けてグループリーグを突破、決勝トーナメント初戦でスウェーデンを、準々決勝では優勝候補の一つに挙げられていた因縁のアルゼンチンをPK戦の末破り、準決勝へ進出した。準決勝ではイタリアに敗れ、2大会連続の決勝進出は果たせなかったが3位決定戦でポルトガルを下して3位となった。クリンスマンはワールドカップ後に辞任し、ヨアヒム・レーヴが監督となった。(サッカードイツ代表 フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たルーカス・ポドルスキ

    ロナウドは準決勝のフランス戦ではブーイングを浴び、イングランドのファンのインターネット上の行動により、ベスト・ヤング・プレイヤー賞の受賞を逃すことになった。インターネットの投票は選手のノミネートに影響を与えるだけであったが、FIFAの技術委員会はルーカス・ポドルスキに賞を与え、ロナウドの試合中の振る舞いがその決定の理由の一因になったと話した。(クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

「ルーカス・ポドルスキ」のニューストピックワード