前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示
  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    ロナウドは準決勝のフランス戦ではブーイングを浴び、イングランドのファンのインターネット上の行動により、ベスト・ヤング・プレイヤー賞の受賞を逃すことになった。インターネットの投票は選手のノミネートに影響を与えるだけであったが、FIFAの技術委員会はルーカス・ポドルスキに賞を与え、ロナウドの試合中の振る舞いがその決定の理由の一因になったと話した。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • ヨアヒム・レーヴ

    ヨアヒム・レーヴから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    2010年FIFAワールドカップ・南アフリカ大会の3位決定戦直前にインフルエンザに罹患(代表のフィリップ・ラームとルーカス・ポドルスキも感染)、39度の高熱を出し倒れ試合前の記者会見も欠席する事態になった。しかし試合当日はベンチ入りし指揮を執っていた。ヨアヒム・レーヴ フレッシュアイペディアより)

  • グリヴィツェ

    グリヴィツェから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキ - サッカー選手グリヴィツェ フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド系ドイツ人

    ポーランド系ドイツ人から見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキ(サッカー選手):ポーランド生まれポーランド系ドイツ人 フレッシュアイペディアより)

  • ジェロニモ・マリア・バレット・クラウデミール・ダ・シウバ

    ジェロニモ・マリア・バレット・クラウデミール・ダ・シウバから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    ブラジル生まれであるが、ブラジル代表に招集されることはなかった。1999年からのドイツ在住歴が8年を超え、2009年2月にブラジルとの二重国籍という形でドイツ国籍を取得。同年5月19日、ヨアヒム・レーヴ監督によってドイツ代表への招集が発表され、5月29日の中国との親善試合(1-1)でマリオ・ゴメスとの交代で途中出場してドイツ代表初出場を果たした。4日後のアラブ首長国連邦(UAE)戦(7-2)にはルーカス・ポドルスキに代わって後半開始から出場し、ハットトリック達成となったゴメスの得点をアシストした。2010年5月13日、マルタとの親善試合(3-0)では代表初得点を含む2ゴールを挙げ、クラブでの活躍などもあって2010 FIFAワールドカップに出場するドイツ代表メンバーに名を連ねた。グループリーグ初戦のオーストラリア戦(4-0)に途中出場し、投入直後にホルガー・バトシュトゥバーのアシストから駄目押しとなる4点目を挙げた。この試合の終盤には転倒がシミュレーションと判断されてイエローカードを受けた。2戦目のセルビア戦(0-1)は70分にメスト・エジルに代わって途中出場し、3戦目のガーナ戦(1-0)は1トップで先発フル出場した。決勝トーナメント1回戦のイングランド戦(4-1)、準々決勝のアルゼンチン戦(4-0)、準決勝のスペイン戦(0-1)は出番がなかったが、3位決定戦のウルグアイ戦(3-2)には1トップとして先発出場して73分までプレーした。ジェロニモ・マリア・バレット・クラウデミール・ダ・シウバ フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ラモス

    セルヒオ・ラモスから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    2007年8月に親友のアントニオ・プエルタが亡くなってからは、プエルタが代表デビューした際の背番号15を着用している。UEFA EURO 2008予選では11試合に出場して2得点し、スウェーデンを抑えての本大会出場を決めた。オーストリアとスイスで共催された本大会では攻守両面にて質の高いプレーを見せ、ドイツとの決勝戦ではルーカス・ポドルスキを抑え込んだ。優勝決定後には、アントニオ・プエルタの顔写真と「いつも一緒に」というメッセージが描かれたTシャツを着て優勝を祝った 。試合終了のホイッスルと共に蹴り上げられたボールを持ち帰ったため、決勝戦で使用されたボールのうちの1つは現在彼が所有している。セルヒオ・ラモス フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・シルバ

    ダビド・シルバから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    2006年11月15日、ホームでのルーマニアとの親善試合でスペインA代表デビューし、その試合で好印象を残したためにその後も継続して招集を受けた。2007年8月22日、ギリシャとの親善試合で、初得点を含む2得点を記録した。UEFA欧州選手権2008予選において シャビ、セスク・ファブレガス、アンドレス・イニエスタと組む中盤は「クアトロ・フゴーネス」(Cuatro Jugones、4人の創造者たち)と呼ばれた。本大会のメンバーにも順当に選ばれ、準決勝のロシア戦では、ショートコーナーから試合を決定付ける3点目を決めた。決勝のドイツ戦では、ルーカス・ポドルスキを小突いたとしてドイツ代表選手たちがシルバににじり寄って口論となる出来事があり、試合の緊張状態を緩和するためにサンティ・カソルラと交代させられたが、チームは1-0で勝利して44年ぶり2度目の欧州制覇を果たした。ダビド・シルバ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス

    ルーカスから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキ ( - ドイツのサッカー選手 (1985?)。ドイツ代表。ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • サッカードイツ代表

    サッカードイツ代表から見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    2006年のワールドカップドイツ大会は「ドイツ代表」がホストとなる最初の大会になった。フェラーのあとを継いだユルゲン・クリンスマン監督は若手を積極的に登用したが、親善試合では結果が出せず、大会直前には日本代表と引き分けるなど地元開催ながら下馬評は決して高いものではなかった。しかし、ホームでの圧倒的なドイツ国民の声援と大会得点王となったクローゼや、ルーカス・ポドルスキの活躍を受けてグループリーグを突破、決勝トーナメント初戦でスウェーデンを、準々決勝では優勝候補の一つに挙げられていた因縁のアルゼンチンをPK戦の末破り、準決勝へ進出した。準決勝ではイタリアに敗れ、2大会連続の決勝進出は果たせなかったが3位決定戦でポルトガルを下して3位となった。クリンスマンはワールドカップ後に辞任し、ヨアヒム・レーヴが監督となった。サッカードイツ代表 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ人

    ドイツ人から見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    このようにドイツの国籍保持者には西スラヴ語群のソルブ語を話す少数民族であるソルブ人(例:サッカー選手のミヒャエル・バラック)や、ポーランド系(代表的なのは、現在のサッカードイツ代表のエースであるミロスラフ・クローゼ、ルーカス・ポドルスキ、かつてのドイツ代表ピエール・リトバルスキーなど)、デンマーク系、オランダ系、フランス系のユグノーの子孫(東ドイツ最後の首相ロタール・デメジエールやドイツ連邦軍総監ウルリッヒ・デメジエールら輩出したデメジエール家など)、ナチスによるホロコーストの影響で数は減ったがユダヤ人(例:フェリックス・メンデルスゾーン、ハインリヒ・ハイネなど。数千年の混血を経たユダヤ教徒を人種的にドイツ人と区別する考え方は否定されているが、ドイツ人と異なる民族集団として独自のアイデンティティを築いてきた)などがおり、国籍は有していない者が多いがトルコ人(例:サッカー選手のイルハン・マンシズ)など様々な民族が居住している。ドイツ人 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示

「ルーカス・ポドルスキ」のニューストピックワード