1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示
  • ニコ・クラニチャール

    ニコ・クラニチャールから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    U-16、17、19、21と各年代の代表を経験し、2004年8月18日に行われたイスラエル代表との親善試合でA代表デビューを飾った。2006 FIFAワールドカップの予選ではレギュラーとして9試合に出場し、2ゴールを挙げ、eurosport.comが選出するワールドカップで注目の若手選手にリオネル・メッシ、ルーカス・ポドルスキ、サリー・ムンタリといった選手たちとともに選ばれた。ワールドカップではグループステージ3試合に出場し、印象的な活躍を見せた。ニコ・クラニチャール フレッシュアイペディアより)

  • シュテファン・マイヤーホーファー

    シュテファン・マイヤーホーファーから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    しかしトップチームではロイ・マカーイやクラウディオ・ピサーロ放出が決定し、同時にミロスラフ・クローゼやルカ・トーニの獲得、他にもルーカス・ポドルスキの残留も決定したため、マイヤーホーファーのスタメン定着は厳しい状況であった。そのため2007年2月からはドイツ2部のチームでプレー。シュテファン・マイヤーホーファー フレッシュアイペディアより)

  • ヴラディミル・ストイコヴィッチ

    ヴラディミル・ストイコヴィッチから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    2010 FIFAワールドカップではグループリーグのドイツ戦でルーカス・ポドルスキのペナルティーキックを防ぐなどドイツの猛攻からゴールを守り勝利に貢献。この活躍によりマン・オブ・ザ・マッチに選出された。だが、チームは惜しくもグループステージ敗退に終わった。ヴラディミル・ストイコヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • 1.FCケルン

    1.FCケルンから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    2009年夏、ミハエル・シューマッハなどの熱烈なファンが募金活動を行い、かつてのエースFWルーカス・ポドルスキの復帰を実現させた。MFマニシェなどを加えた中盤も選手層に厚みを増したが、2010年10月に2009年に招聘されたズヴォニミル・ソルド監督が解任され、それまで同クラブのセカンドチームの監督を務めていたフランク・シェーファーがトップチームの監督に昇格した。1.FCケルン フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・バレンシア

    アントニオ・バレンシアから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    2005年3月27日、2006 FIFAワールドカップ・南米予選・パラグアイ戦(5-2)でエクアドルA代表デビューし、その3日後の同予選・ペルー戦(2-2)で初得点を決めた。2006 FIFAワールドカップ本大会ではグループリーグ3試合と決勝トーナメント1回戦の計4試合すべてに出場。アシストを記録するなど活躍し、大会最優秀若手選手賞にノミネートされた。クリスティアーノ・ロナウドの受賞を妨げるためにバレンシアに投票するように呼びかけるチェーンメールがイングランド国内で流行り、オンライン投票ではバレンシアが最多得票を得たが、選考委員会はルーカス・ポドルスキを選出した。アントニオ・バレンシア フレッシュアイペディアより)

  • 1985年

    1985年から見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    6月4日 - ルーカス・ポドルスキ、サッカー選手1985年 フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    W杯後はクラブ、代表ともに良い活躍を見せられず低迷していたが、2004年7月1日にヴェルダー・ブレーメンへ移籍するとこれが転機となり完全復活。クロアチア代表のイヴァン・クラスニッチと2トップを組み、2005-06シーズンはブンデスリーガ得点王となった。さらに2006年のFIFAワールドカップドイツ大会でも7試合で5得点を決めて得点王となった。また得点以外の面でもスウェーデン戦でルーカス・ポドルスキの得点をアシストするなどの活躍を見せた。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示

「ルーカス・ポドルスキ」のニューストピックワード