31件中 11 - 20件表示
  • 村上範和

    村上範和から見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    2016年を最後に現役を引退し、2017年現在はヴィッセル神戸でルーカス・ポドルスキの専属通訳を務めている。村上範和 フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・アップソン

    マシュー・アップソンから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    2010 FIFAワールドカップの一員に選出されたアップソンは、グループリーグ最初の2試合は起用されなかったものの、レドリー・キングとジェイミー・キャラガーがそれぞれ出場停止と負傷となったため、3試合目のスロベニア戦でFIFAワールドカップ初出場を飾った。続く決勝トーナメント1回戦のドイツ戦でコンビを組むテリーと共に再度先発出場するも、開始20分にミロスラフ・クローゼを捕まえきれずにゴールキックからのボールを直接決められるミスを犯すと、12分後にルーカス・ポドルスキを逃してしまい失点した。その後に自身の得点で1点を返すも、後半に2得点許してしまい敗退となり、同試合を最後に代表での出場は訪れずにいる。なお、この1得点によりスティーヴン・ジェラードとジャーメイン・デフォーに並び、同大会のチーム最多得点者となっている。マシュー・アップソン フレッシュアイペディアより)

  • シュテファン・マイヤーホーファー

    シュテファン・マイヤーホーファーから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    しかしトップチームではロイ・マカーイやクラウディオ・ピサーロ放出が決定したものの、同時にミロスラフ・クローゼやルカ・トーニの獲得、他にもルーカス・ポドルスキの残留も決定したため、マイヤーホーファーのスタメン定着は厳しい状況になった。シュテファン・マイヤーホーファー フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・バレンシア

    アントニオ・バレンシアから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    2005年3月27日、2006 FIFAワールドカップ・南米予選・パラグアイ戦(5-2)でエクアドルA代表デビューし、その3日後の同予選・ペルー戦(2-2)で初得点を決めた。2006 FIFAワールドカップ本大会ではグループリーグ3試合と決勝トーナメント1回戦の計4試合すべてに出場。アシストを記録するなど活躍し、大会最優秀若手選手賞にノミネートされた。クリスティアーノ・ロナウドの受賞を妨げるためにバレンシアに投票するように呼びかけるチェーンメールがイングランド国内で流行り、オンライン投票ではバレンシアが最多得票を得たが、選考委員会はルーカス・ポドルスキを選出した。アントニオ・バレンシア フレッシュアイペディアより)

  • アンドレーアス・イサクソン

    アンドレーアス・イサクソンから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    続く2006 FIFAワールドカップでも正GKを務め、フレドリック・ユングベリ, マルクス・アルベック, テディ・ルチッチ, ニクラス・アレクサンデションらと共に2位でグループリーグを突破するも、ドイツとのベスト16でヘンリク・ラーションのPK失敗、そしてルーカス・ポドルスキの2得点に沈んだ。アンドレーアス・イサクソン フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    W杯後はクラブ、代表ともに良い活躍を見せられず低迷していたが、2004年7月1日にヴェルダー・ブレーメンへ移籍するとこれが転機となり完全復活。クロアチア代表のイヴァン・クラスニッチと2トップを組み、2005-06シーズンはブンデスリーガ得点王となった。さらに2006年のFIFAワールドカップドイツ大会でも7試合で5得点を決めて得点王となった。また得点以外の面でもスウェーデン戦でルーカス・ポドルスキの得点をアシストするなどの活躍を見せた。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・オルンガ

    マイケル・オルンガから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    2016年11月10日にケニアのサイトであるは、ユールゴーデンがレアル・ベティス、スポルティング・ロケレン、クラブ・ブルッヘ、マルメFFからのオファーを断ったと報じた。2017年1月12日にはトルコからガラタサライSKがヴィッセル神戸に加入するルーカス・ポドルスキの後釜として考えていると報じられた。マイケル・オルンガ フレッシュアイペディアより)

  • ニコ・クラニチャール

    ニコ・クラニチャールから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    U-16、17、19、21と各年代の代表を経験し、2004年8月18日のイスラエルとの親善試合でA代表初出場を飾った。2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選で中心選手として9試合に出場し、ブルガリア戦の代表初得点の1得点を含め2得点を挙げる活躍を見せた結果、eurosport.comが選定する"ワールドカップで注目の若手選手"にリオネル・メッシ、ルーカス・ポドルスキ、サリー・ムンタリらと共に選出された。2006 FIFAワールドカップでも活躍を見せ、グループステージ全3試合に出場した。ニコ・クラニチャール フレッシュアイペディアより)

  • マックス・クルーゼ

    マックス・クルーゼから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    フライブルクでの活躍が認められ、2013年5月にドイツ代表に初招集され、5月29日にアメリカのボカラトンで行われたエクアドル代表戦に先発し、代表初出場、ルーカス・ポドルスキの2点目をアシストした。マックス・クルーゼ フレッシュアイペディアより)

  • カカウ

    カカウから見たルーカス・ポドルスキルーカス・ポドルスキ

    ブラジル生まれであるが、ブラジル代表に招集されることはなかった。1999年からのドイツ在住歴が8年を超え、2009年2月にブラジルとの二重国籍という形でドイツ国籍を取得。同年5月19日、ヨアヒム・レーヴ監督によってドイツ代表への招集が発表され、5月29日の中国との親善試合(1-1)でマリオ・ゴメスとの交代で途中出場してドイツ代表初出場を果たした。4日後のアラブ首長国連邦(UAE)戦(7-2)にはルーカス・ポドルスキに代わって後半開始から出場し、ハットトリック達成となったゴメスの得点をアシストした。2010年5月13日、マルタとの親善試合(3-0)では代表初得点を含む2ゴールを挙げ、クラブでの活躍などもあって2010 FIFAワールドカップに出場するドイツ代表メンバーに名を連ねた。グループリーグ初戦のオーストラリア戦(4-0)に途中出場し、投入直後にホルガー・バトシュトゥバーのアシストから駄目押しとなる4点目を挙げた。この試合の終盤には転倒がシミュレーションと判断されてイエローカードを受けた。2戦目のセルビア戦(0-1)は70分にメスト・エジルに代わって途中出場し、3戦目のガーナ戦(1-0)は1トップで先発フル出場した。決勝トーナメント1回戦のイングランド戦(4-1)、準々決勝のアルゼンチン戦(4-0)、準決勝のスペイン戦(0-1)は出番がなかったが、3位決定戦のウルグアイ戦(3-2)には1トップとして先発出場して73分までプレーした。カカウ フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示