174件中 11 - 20件表示
  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たロナウド

    2008年9月より始まった2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選においても主力を担い9月6日に行われたリヒテンシュタイン代表戦では通算30得点目を記録。23歳3ヶ月と2日での記録達成はドイツ代表として史上最年少記録であり、ブラジルのペレやロナウド、スウェーデンの、ハンガリーのフェレンツ・プスカシュやシャーンドル・コチシュ、トリニダード・トバゴのスターン・ジョンの記録に続いた。クローゼの7得点に次ぐ6得点をあげて予選突破に貢献したが、一方で2009年4月1日に行われた同予選のウェールズ代表戦においてミヒャエル・バラックから戦術的な注意を受けたことに対して立腹し、平手打ちをする騒動を起こした。バラックは試合後に「私はキャプテンとして戦術面の問題のことで注意をした。彼はまだ若く学習しなければならないことは多い。彼はこのことを受け入れなければならない」と語り、ポドルスキは過剰な反応だったとして謝罪した。ドイツサッカー連盟 (DFB) は処罰を見送る方針だったが国内メディアの批判を受けて5000ユーロの罰金を科した。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たレアンドロ・モンテーラ・ダ・シルバ

    2017年1月16日、複数のドイツメディアがポドルスキの神戸移籍を報じた。当初はトルコでのシーズン終了後に3年総額18億円での移籍と報じられていたが、ガラタサライが2月27日に行われたベシクタシュJKとのダービーに敗れた翌2月28日にトルコ地元紙『』がポドルスキがガラタサライを退団し神戸に移籍すると報じた。神戸は2月25日のJ1リーグ開幕戦にてFWレアンドロが全治半年の怪我を負い、前年の得点王を欠いての戦いを強いられることになっていた。同『』も「ポドルスキは今日チームメートに別れを告げ、日本でキャリアを続ける」と報じた。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たユルゲン・クリンスマン

    3年目の2008-09シーズンは元ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマンが監督に就任したがクリンスマンの下でもトーニとクローゼに次ぐ3番手の扱いを受けており、2008年11月には2008-09シーズン冬季の移籍市場の解禁と共にバイエルンを退団するとの意向を示すと、2009年1月19日に翌シーズンからのケルンへの移籍が決まった。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たバスティアン・シュヴァインシュタイガー

    ケルンとの契約は2008年まで残っていたが、ヴェルダー・ブレーメンやハンブルガーSVなどからオファーを受けると、最終的にU-21ドイツ代表時代のチームメイトであるバスティアン・シュヴァインシュタイガーの在籍するバイエルン・ミュンヘンへの移籍を選択。2006 FIFAワールドカップ開幕前の2006年6月1日、バイエルンへの移籍が発表された。契約期間は2010年までの4年間で、移籍金は1000万ユーロ(約14億4000万円)と推定されている。ケルンの会長を務めるヴォルフガング・オヴェラートは「我々は彼をもう1年間引き留めることができたが、問題は2部リーグという舞台が彼に相応しいのかということだ。バイエルンでチャンスを掴むことは容易ではないがルーカスは過去20年間においてドイツで最も偉大な才能を持つ選手であり、多くを学ぶ必要がある」と語った。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たミロスラフ・クローゼ

    2年目の2007-08シーズン、バイエルンはイタリア代表のルカ・トーニとフランス代表のフランク・リベリー、ドイツ代表のミロスラフ・クローゼを補強するなど大幅補強を実施。ヒッツフェルト監督の下でブンデスリーガとDFBポカールの二冠を達成し自身として初のメジャータイトルを獲得したが、シーズンを通じてはトーニ、リベリー、クローゼの加入により出場機会が減少。これに不満を持ったポドルスキは移籍を希望し、イングランドのマンチェスター・シティFCやトッテナム・ホットスパーFC、イタリアのユヴェントスFC、ドイツのヴェルダー・ブレーメンやVfBシュトゥットガルト、さらに翌シーズンからの1部復帰が決定した古巣のケルンなどが関心を示した。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たフォーミュラ1

    ケルンがポドルスキの獲得のために支払った移籍金は1000万ユーロ(約11億8400万円)と推定されているが、サッカーファンとしても知られるF1ドライバーのミハエル・シューマッハはケルンの公式ホームページ上の広告スペース(875ユーロ、約10万8000円)分を購入する形で資金援助を行ったという。契約期間は2013年までの4年間となっているが、契約内容には「ケルンがブンデスリーガ2部へ降格しない」との条件が含まれている。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たサッカードイツ代表

    ルーカス・ポドルスキ(, 本名 : ルーカス・ヨーゼフ・ポドルスキ, , 1985年6月4日 - )は、ドイツのサッカー選手。ポーランド・グリヴィツェ出身のポーランド系ドイツ人。Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。元ドイツ代表。ポジションは主にフォワードを務めるが、サイドハーフやトップ下としてもプレーする。愛称はポルディ。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たユヴェントスFC

    2年目の2007-08シーズン、バイエルンはイタリア代表のルカ・トーニとフランス代表のフランク・リベリー、ドイツ代表のミロスラフ・クローゼを補強するなど大幅補強を実施。ヒッツフェルト監督の下でブンデスリーガとDFBポカールの二冠を達成し自身として初のメジャータイトルを獲得したが、シーズンを通じてはトーニ、リベリー、クローゼの加入により出場機会が減少。これに不満を持ったポドルスキは移籍を希望し、イングランドのマンチェスター・シティFCやトッテナム・ホットスパーFC、イタリアのユヴェントスFC、ドイツのヴェルダー・ブレーメンやVfBシュトゥットガルト、さらに翌シーズンからの1部復帰が決定した古巣のケルンなどが関心を示した。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見た大宮アルディージャ

    7月6日、新加入会見を行い、チームに合流すると、7月22日に行われたプレシーズンマッチのベガルタ仙台戦で日本デビューを飾った。7月30日に行われたJ1第19節・大宮アルディージャ戦でJ1デビューを果たし、2得点を挙げてチームの勝利に貢献した。加入1年目となった2017年シーズンは半年で15試合5得点と満足のいく結果は出せず、本人も「僕ももっとゴールを決められたはず」と語った。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たサッカーイタリア代表

    2年目の2007-08シーズン、バイエルンはイタリア代表のルカ・トーニとフランス代表のフランク・リベリー、ドイツ代表のミロスラフ・クローゼを補強するなど大幅補強を実施。ヒッツフェルト監督の下でブンデスリーガとDFBポカールの二冠を達成し自身として初のメジャータイトルを獲得したが、シーズンを通じてはトーニ、リベリー、クローゼの加入により出場機会が減少。これに不満を持ったポドルスキは移籍を希望し、イングランドのマンチェスター・シティFCやトッテナム・ホットスパーFC、イタリアのユヴェントスFC、ドイツのヴェルダー・ブレーメンやVfBシュトゥットガルト、さらに翌シーズンからの1部復帰が決定した古巣のケルンなどが関心を示した。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

174件中 11 - 20件表示

「ルーカス・ポドルスキ」のニューストピックワード