174件中 51 - 60件表示
  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たロマン・パヴリュチェンコ

    グループリーグでは4-4-2フォーメーションの2トップの一角をゴメスに譲り左サイドハーフとして先発し、初戦のポーランド代表戦では、20分にゴメスからのパスに反応したクローゼがゴール前へ折り返したボールを冷静に流し込み先制すると、72分にはクローゼのキックミスしたボールに反応して強烈なボレーシュートを決め2-0の勝利に貢献した。ドイツ代表は欧州選手権では1996年の優勝以来不振が続いていたが、ポーランド戦の勝利は1996年大会決勝のチェコ代表戦以来のことで、1試合2得点も同決勝でのオリバー・ビアホフ以来のこととなった。第2戦のクロアチア代表戦は1-2と敗れたものの、79分に相手DFがクリアしたボールを第1戦と同様にボレーシュートで決めた。決勝トーナメントでは4-2-3-1フォーメーションに変更されたがポドルスキはグループリーグと同様に左サイドハーフを担当。準々決勝のポルトガル代表戦では22分にミヒャエル・バラックのスルーパスに抜け出し左サイドを突破すると、ゴール前に高速クロスを供給しシュヴァインシュタイガーの先制点をアシスト。準決勝のトルコ代表戦では26分に左サイドの突破からシュヴァインシュタイガーの同点ゴールをアシストした。決勝ではスペイン代表に敗れ優勝を逃したものの、得点ランキングではロシアのロマン・パヴリュチェンコと並んで2位となり大会終了後にはシルバーシューを受賞、欧州サッカー連盟 (UEFA) 技術委員による大会優秀選手に選ばれた。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たアーセン・ベンゲル

    2014-15シーズンは2014年10月22日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ 2014-15 グループリーグのRSCアンデルレヒト戦で1得点、12月9日に行われたガラタサライSK戦で2得点をあげる活躍を見せた。一方、プレミアリーグでは12月末の時点で先発出場は1試合もなく7試合に交代出場したのみに終わったことから、出場機会の減少を理由として移籍の可能性を模索するようになった。これに対してイタリアのSSCナポリやインテル・ミラノ、スペインのアトレティコ・マドリード、ロシアのディナモ・モスクワなどが関心を示したが、監督のアーセン・ベンゲルはポドルスキの移籍を否定した。また、ポドルスキの古巣のケルンは500万ユーロと推定される移籍金を支払うことは不可能であるとして獲得の可能性を否定した。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たサッカーフランス代表

    2年目の2007-08シーズン、バイエルンはイタリア代表のルカ・トーニとフランス代表のフランク・リベリー、ドイツ代表のミロスラフ・クローゼを補強するなど大幅補強を実施。ヒッツフェルト監督の下でブンデスリーガとDFBポカールの二冠を達成し自身として初のメジャータイトルを獲得したが、シーズンを通じてはトーニ、リベリー、クローゼの加入により出場機会が減少。これに不満を持ったポドルスキは移籍を希望し、イングランドのマンチェスター・シティFCやトッテナム・ホットスパーFC、イタリアのユヴェントスFC、ドイツのヴェルダー・ブレーメンやVfBシュトゥットガルト、さらに翌シーズンからの1部復帰が決定した古巣のケルンなどが関心を示した。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    ヴィッセル神戸に在籍中の2017年7月21日にKoboパーク宮城で開催された日本プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスの試合前の始球式を務め、ストライクゾーンに近いところへ投球した。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たサッカーウルグアイ代表

    2010年に南アフリカ共和国で行われる本大会の代表メンバーに選出。グループリーグ初戦のオーストラリア代表戦では8分に、右サイドからペナルティエリア内に侵入したトーマス・ミュラーの折り返しをクローゼがスルーしたボールを左足で決め先制点を挙げると、68分にはシュヴァインシュタイガーとのパス交換から中央を突破しミュラーの得点をアシストし4-0と勝利した。グループリーグ第2戦のセルビア代表戦では後半にメスト・エジルのアシストからの2度の決定機を外し、60分にはネマニャ・ヴィディッチがペナルティエリア内でハンドの反則を犯したことにより獲得したPKをヴラディミル・ストイコヴィッチに阻まれ0-1と敗れたが、決勝トーナメント1回戦のイングランド代表戦では32分に右サイドでのパス交換から抜け出したミュラーからの折り返しを、左サイドに開いた位置からエリア内へ走り込んだポドルスキが決め2点目の得点を挙げるなど4-1と勝利。準々決勝のアルゼンチン代表戦では68分にミュラーのポストプレーから左サイドのペナルティエリア内に侵入、中央に位置するクローゼの得点をアシストするなど4-0と勝利。準決勝のスペイン戦にも出場したが0-1と敗れ、3位決定戦のウルグアイ代表戦は風邪の影響もあり出場機会はなかった。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たリヴァプールFC

    同年8月18日に行われたサンダーランドAFC戦でリーグ戦デビューを果たし、9月2日に行われたリヴァプールFC戦で初得点を決めた。初年度の2012-13シーズンはリーグ戦では33試合に出場し11得点、UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13では6試合に出場し4得点を記録するなど公式戦通算では42試合に出場し16得点を記録した。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たサッカーオーストラリア代表

    2010年に南アフリカ共和国で行われる本大会の代表メンバーに選出。グループリーグ初戦のオーストラリア代表戦では8分に、右サイドからペナルティエリア内に侵入したトーマス・ミュラーの折り返しをクローゼがスルーしたボールを左足で決め先制点を挙げると、68分にはシュヴァインシュタイガーとのパス交換から中央を突破しミュラーの得点をアシストし4-0と勝利した。グループリーグ第2戦のセルビア代表戦では後半にメスト・エジルのアシストからの2度の決定機を外し、60分にはネマニャ・ヴィディッチがペナルティエリア内でハンドの反則を犯したことにより獲得したPKをヴラディミル・ストイコヴィッチに阻まれ0-1と敗れたが、決勝トーナメント1回戦のイングランド代表戦では32分に右サイドでのパス交換から抜け出したミュラーからの折り返しを、左サイドに開いた位置からエリア内へ走り込んだポドルスキが決め2点目の得点を挙げるなど4-1と勝利。準々決勝のアルゼンチン代表戦では68分にミュラーのポストプレーから左サイドのペナルティエリア内に侵入、中央に位置するクローゼの得点をアシストするなど4-0と勝利。準決勝のスペイン戦にも出場したが0-1と敗れ、3位決定戦のウルグアイ代表戦は風邪の影響もあり出場機会はなかった。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見た国際サッカー連盟

    地元ドイツで開催された2006 FIFAワールドカップでは、同じポーランド系のミロスラフ・クローゼと2トップを組み攻撃陣を牽引。2006年6月20日に行われたグループリーグ最終戦のエクアドル代表戦では57分に右サイドを突破したベルント・シュナイダーのクロスを受けて3点目のゴールを決め、決勝トーナメント1回戦のスウェーデン代表戦では4分に相手キーパーのアンドレーアス・イサクソンが弾いたボールをゴールに流し込み先制すると、12分にはクローゼとのパス交換からゴール前に飛び出し2点目のゴールを決め2-0の勝利に貢献。ポドルスキはこの大会で全7試合に出場し3得点をあげると、ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドやアルゼンチンのリオネル・メッシやスペインのセスク・ファブレガスらを抑えて国際サッカー連盟 (FIFA) が選ぶ最優秀若手選手賞を受賞した。選考理由についてFIFA技術委員会委員長のホルガー・オジェックは「ポドルスキは3得点だけでなく、ドイツ攻撃陣の重要な役割を担った。彼はクローゼとの相互理解を示し、両者は非常に効果的なコンビネーションを形成した」と語った。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たハンブルガーSV

    ポドルスキは1991年にに入団しサッカーを始めると、1995年に1.FCケルンの下部組織に入団。2003年にに抜擢されて、トップチームへの昇格を果たすと11月22日に行われたブンデスリーガ第13節のハンブルガーSV戦でデビュー。12月13日に行われたブンデスリーガ第16節のハンザ・ロストック戦で初得点を決めた。初年度はリーグ戦18試合に出場し8得点を記録したが、チームはシーズンを通じて成績が低迷し2部リーグ降格という結果となった。その一方でメディアからは「プリンツ・ポルディ」「1.FCポドルスキ」と称されるなどの人気選手となった。2004-05シーズンに24得点をあげて得点王となり2部リーグ優勝と1部リーグ昇格へと導くと、2005-06シーズンにはリーグ戦32試合に出場し12得点と、3季連続で二桁得点をあげる活躍を見せたがチームは17位に沈みふたたび2部リーグへと降格した。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たサッカースペイン代表

    グループリーグでは4-4-2フォーメーションの2トップの一角をゴメスに譲り左サイドハーフとして先発し、初戦のポーランド代表戦では、20分にゴメスからのパスに反応したクローゼがゴール前へ折り返したボールを冷静に流し込み先制すると、72分にはクローゼのキックミスしたボールに反応して強烈なボレーシュートを決め2-0の勝利に貢献した。ドイツ代表は欧州選手権では1996年の優勝以来不振が続いていたが、ポーランド戦の勝利は1996年大会決勝のチェコ代表戦以来のことで、1試合2得点も同決勝でのオリバー・ビアホフ以来のこととなった。第2戦のクロアチア代表戦は1-2と敗れたものの、79分に相手DFがクリアしたボールを第1戦と同様にボレーシュートで決めた。決勝トーナメントでは4-2-3-1フォーメーションに変更されたがポドルスキはグループリーグと同様に左サイドハーフを担当。準々決勝のポルトガル代表戦では22分にミヒャエル・バラックのスルーパスに抜け出し左サイドを突破すると、ゴール前に高速クロスを供給しシュヴァインシュタイガーの先制点をアシスト。準決勝のトルコ代表戦では26分に左サイドの突破からシュヴァインシュタイガーの同点ゴールをアシストした。決勝ではスペイン代表に敗れ優勝を逃したものの、得点ランキングではロシアのロマン・パヴリュチェンコと並んで2位となり大会終了後にはシルバーシューを受賞、欧州サッカー連盟 (UEFA) 技術委員による大会優秀選手に選ばれた。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

174件中 51 - 60件表示

「ルーカス・ポドルスキ」のニューストピックワード