前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1093件中 1 - 10件表示
  • リーガ・エスパニョーラ2007-2008

    リーガ・エスパニョーラ2007-2008から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    優勝は前回優勝者でもあるレアル・マドリードで、2連覇を達成した。このシーズンはヨーロッパ中の国内リーグの開催期間が、UEFA欧州選手権2008に合わせるため前年より開催期間が前倒しになった。また、このシーズンから民放のラ・セクスタ(第6チャンネルの意)がラ・リーガの放映権を取得した。リーガ・エスパニョーラ2007-2008 フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    クライフ監督時代のドリームチームの影響が強く、FCバルセロナを筆頭に他国リーグと比べ、単に勝つだけでなく観ていて面白い内容のサッカーをすることを求められる傾向が強い。このため、レアル・マドリードのファビオ・カペッロ監督は、2回のリーグ優勝を果たしたにもかかわらずその試合内容があまりにもつまらないとされ、サポーターから激しい批判を浴び、2度解任されるという事態が起こった。同様にバルセロナでも、ルイス・ファン・ハール監督は優勝したにもかかわらず、カタルーニャ人を使わずオランダ人を多く使い、サッカーも単調な内容だったことで地元ファンからは嫌われていた。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • ヘタフェCF

    ヘタフェCFから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1946年に設立され、1983年に再設立された。2004-05シーズンにプリメーラ・ディビシオン(1部)に初参戦した。2011年4月25日、クラブはドバイにあるロイヤル・エミレーツ・グループに7000万ユーロから9000万ユーロで買収された。ヘタフェにあるコリセウム・アルフォンソ・ペレスを本拠地として使用している。スタジアムは1998年1月1日に落成し、スペイン代表やレアル・マドリードでプレーしたアルフォンソ・ペレス(ヘタフェ市出身)の名を冠している。しかし、ペレスはヘタフェCFに在籍したことがないどころか、ヘタフェCFと対戦したこともなく、コリセウムに入場したこともない。コリセウムの完成以前は、ラス・マルガリータス・スポーツ公園(Sports City of Las Margaritas)にあるエスタディオ・デ・ラス・マルガリータスを本拠地として使用していた。ヘタフェCF フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のサッカー

    2014年のサッカーから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    【FIFA】2013年のFIFAバロンドール授賞式がスイスのコングレスハウス・チューリッヒで行われ、レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドが5年ぶり2度目の受賞に輝いた。なお女子最優秀選手賞に女子ユーロ優勝に貢献したドイツ代表のナディネ・アンゲラーが初受賞。2014年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のサッカー

    2016年のサッカーから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    28日(現地時間) - 【UEFA】UEFAチャンピオンズリーグ 2015-16 決勝が・ミラノのスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァで行われ、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードのマドリードダービーは1 - 1となり、延長戦でも決着が付かずPK戦の末、レアル・マドリードが5 - 3で制し、2シーズンぶり11回目の優勝。2016年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のサッカー

    2017年のサッカーから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    (現地時間) 【FIFA】ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズがスイスのチューリッヒで行われ、年間最優秀選手賞にレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドが2年ぶり4度目の受賞(FIFAバロンドールも含む)。女子最優秀選手賞にカーリー・ロイドが2年連続2度目の受賞。2017年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • アトレティコ・マドリード

    アトレティコ・マドリードから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    アトレティコはレアル・マドリードとFCバルセロナに次いで、スペインで3番目にサポーターが多いクラブである。また、ソシオの数の面では最も規模の大きなクラブの一つであり、6万5千人を越えるシーズンチケット保持者がいる。アトレティコ・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • アルバロ・アルベロア

    アルバロ・アルベロアから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    レアル・マドリードの下部組織出身であり、2004-05シーズンにトップチームデビューしたが、レアル・マドリード・カスティージャでのプレー時間のほうが長かった。2006年夏にデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍し、2007年冬にプレミアリーグのリヴァプールFCに移籍した。イングランドでサッカー選手としての地位を固め、2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝にも出場した。2009年夏にレアル・マドリードに復帰した。アルバロ・アルベロア フレッシュアイペディアより)

  • ミカエル・ラウドルップ

    ミカエル・ラウドルップから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    ケベンハウンBKからデビューし、イタリアのユヴェントスFCやSSラツィオなどに在籍したのち、1989年にスペインのFCバルセロナに移籍。4シーズン連続でプリメーラ・ディビシオン優勝を果たした。1994年にはバルセロナのライバルのレアル・マドリードに移籍し、2クラブにまたがって5シーズン連続でプリメーラ・ディビシオンのタイトルを獲得。晩年は日本のヴィッセル神戸やオランダのAFCアヤックスに在籍した。ミカエル・ラウドルップ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ベニテス

    ラファエル・ベニテスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    スペインの首都マドリードに生まれ、レアル・マドリードの下部組織に入団した。下部リーグ時代は大学での勉学とサッカーを両立させていたが、度重なる怪我に悩まされ、26歳でレアル・マドリードのコーチングスタッフになる道を選んだ。U-19チームとリザーブチームのコーチを経験した後、トップチームのアシスタントマネージャーになった。その後、レアル・バリャドリードとCAオサスナで監督として指揮を振るい、1997年にはセグンダ・ディビシオン(2部)のCFエストレマドゥーラをプリメーラ・ディビシオン(1部)に昇格させたが、翌シーズンには再びセグンダ・ディビシオンに降格させた。1年間のインターバルを経て、2000年に就任したCDテネリフェでは再び昇格という結果を残した。2001年にバレンシアCFの監督に就任すると、1年目からリーガ・エスパニョーラ優勝を果たし、ドン・バロン紙とエル・パイス紙のリーグ最優秀監督に選出された。2004年には2度目のリーグ優勝とUEFAカップ優勝を果たしたが、首脳陣との対立からチームを離れた。ラファエル・ベニテス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1093件中 1 - 10件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード