1093件中 91 - 100件表示
  • 2002年のバロンドール

    2002年のバロンドールから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2002年のバロンドールは、欧州各国のスポーツジャーナリストの投票によってサッカーの欧州年間最優秀選手を決める賞で、レアル・マドリードのロナウド(ブラジル)が受賞した。授賞式は2002年12月12日に行われた。2002年のバロンドール フレッシュアイペディアより)

  • アンヘル・ラフィタ

    アンヘル・ラフィタから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2009年7月、サラゴサがいくらかの買い戻し金を支払ってラフィタを買い戻そうとしたが、デポルティーボは買い戻し金は350万ユーロに上るとしてサラゴサの金額を拒否した。8月29日のレアル・マドリード戦にはデポルティーボの選手として出場したが、移籍期間が終了した9月1日にはサラゴサ、デポルティーボともにラフィタを支配下登録選手として主張し、9月22日には裁判が行われた。9月17日にラフィタはサラゴサに到着してチームと合流し。10月18日のラシン・サンタンデール戦で移籍後初出場した。アンヘル・ラフィタ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マヌエル・バルガス

    フアン・マヌエル・バルガスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2006年にポーツマスFCのオファーを断り、イタリアセリエAに所属するカターニアへ約300万ユーロの移籍金で念願であったヨーロッパへの移籍を果たす。当初、首脳陣からはすぐに新しいリーグへの適応することは難しく、ジャンルカ・ファルシーニの控えだろうと見られていた。しかし、プレシーズンにファルシーニが怪我で離脱し、レギュラーポジションを引き継ぐと予想以上の活躍をする。その後はそのままレギュラーとして出場機会をコンスタントに与えられ、1年目は33試合に出場する。2年目には対ACシエーナ戦において念願のセリエA初ゴールを決める。コッパ・イタリアのACミラン戦では、30メートルの距離のフリーキックをチームメイトのフォワードであるマスカーラにピンポイントで合わせ、ジェリコ・カラッツを破る得点を演出した。このシーズンは36試合に出場、サイドバックながら5得点をあげ、イタリアのメディアからはプレー内容と共にこのシーズンのセリエA最高の左サイドバックとの評価を受けた。実際に2007-08シーズンのセリエA最優秀ディフェンダー賞にノミネートされる。カターニアでは2年間で73試合出場6ゴールを挙げ、レアル・マドリードやASローマの国内外のビッグクラブから注目される選手へと成長を果たした。フアン・マヌエル・バルガス フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ブーヨ

    フランシスコ・ブーヨから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    そして1986-87シーズンに、ミゲル・アンヘル・ゴンサレスの後釜としてレアル・マドリードに移籍した。そこではリーグ優勝、スーペルコパ、コパ・デル・レイなど数多くのタイトルに加え、1987-88、1991-92と2度サモラ賞に選ばれた。また、1994-95シーズンは、リーグ戦において709分間ゴールを割らせなかった。これは、スペインリーグで5番目の記録である。1996-97シーズンは、ボド・イルクナー、サンティアゴ・カニサレスに次ぐ第3キーパーとなってしまい、そのシーズン限りで現役を引退した。フランシスコ・ブーヨ フレッシュアイペディアより)

  • オス (オランダ)

    オス (オランダ)から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    現在のオス市にはDiosynth社、Organon International社といった化学・製薬工場がある。またオス市はプロ・サッカー・チームのTOP Ossがある。レアル・マドリードのスター選手、ルート・ファン・ニステルローイはオス市の出身である。オス (オランダ) フレッシュアイペディアより)

  • スペインのスポーツ

    スペインのスポーツから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    フランコ政権は特にサッカーを政治的に利用し、サッカースペイン代表のユニフォームを赤色から青色(ファランヘ党員のシャツの色)に変更したり、選手に対して試合前のファシスト式敬礼を義務付けた。お気に入りのクラブであるレアル・マドリードが国際大会で活躍することを歓迎し、自国開催の1964 欧州ネイションズカップでスペイン代表がサッカーソビエト連邦代表を破って優勝した際には、スペイン国家がソ連に勝利したかのように喧伝した。フランコ体制末期には、スポーツが反体制運動や様々な文化運動と結びついた。FCバルセロナのホームスタジアムであるカンプ・ノウではカタルーニャ語が使われ、カタルーニャ・ナショナリズムを呼びかける政治ビラが配られた。スペインのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ゴールパフォーマンス

    ゴールパフォーマンスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    クリスティアーノ・ロナウドは得点後に、両手を頭上で交差させながら飛び上がり、着地と同時に後方に両手を大きく広げるパフォーマンスがトレードマークとなっているが、2009年のレアル・マドリードへの移籍以来、「スライディング」「爪のジェスチャー」「ダンス」など、さまざまなゴールパフォーマンスを披露しており、世界各国のスポーツ選手に模倣されている。一方、2015年3月22日に行われたFCバルセロナ戦において、手の平を下げてサポーターに冷静になるように求めたパフォーマンスは、相手への挑発あるいは観客を暴力に駆り立てるものとして物議を醸した。ゴールパフォーマンス フレッシュアイペディアより)

  • ノースウェスト・ダービー

    ノースウェスト・ダービーから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    第二次世界大戦前にはトム・チャールトン(Tom Chorlton)、ジャッキー・シェルドン(Jackie Sheldon)、トム・ミラー(Tom Miller)などが、第二次大戦後にはトマス・マクナルティ(Thomas McNulty)が両クラブ間を直接移籍した。1964年にフィル・チスナル(Phil Chisnall)がマンチェスター・UからリヴァプールFCに移籍してからクラブ間のライバル意識が激しくなり、その後は半世紀近くも両クラブ間の移籍は行われていないが、何人かの選手は両方のクラブでのプレーを経験している。ポール・インスはインテルを間に挟み、ピーター・ベアズリー(Peter Beardsley)はバンクーバー・ホワイトキャップスとニューカッスル・ユナイテッドFCを間に挟み、マイケル・オーウェンはレアル・マドリードとニューカッスル・Uを間に挟んで両クラブに在籍した。2007年にはアルゼンチン代表のガブリエル・エインセがリヴァプールFCに移籍する可能性があった。リヴァプールFCはマンチェスター・Uが定めた移籍金680万ポンドを準備していたが、マンチェスター・Uは優勝を争っているライバルにエインセが移籍することを認めず、移籍するならばイングランド国外のクラブのみであるとエインセに伝えた。エインセは契約に反するとしてプレミアリーグの仲裁委員会に訴えたが、仲裁委員会はエインセの主張を却下した。エインセが移籍願望を公言したことはマンチェスター・Uのファンには究極の背信行為に映り、かつて彼に敬意を表したチャントを歌った彼らはエインセに背を向けた。エインセは結局スペインのレアル・マドリードに売られて移籍した。ノースウェスト・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • ビセンテ・デル・ボスケ

    ビセンテ・デル・ボスケから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1964年にレアル・マドリードの下部組織に入団し、1969年にセカンドチームであるプルス・ウルトラに昇格。1970-71シーズンにはトップチームデビューを果たしたものの、1970年から1973年にかけてはCDカステリョン(2度)とコルドバCFにレンタル移籍した。1973年夏にレアル・マドリードに復帰してからは、1974-75シーズンと1975-76シーズンにリーグ戦2連覇を、1977-78シーズンから1979-80シーズンにかけては同3連覇を果たしており、コパ・デル・レイでも4度の優勝を経験した。現役時代にはリーガ・エスパニョーラで通算441試合に出場し、30得点を挙げた。同時期のレアル・マドリードにはミゲル・アンヘル・ゴンサレス、ピッリ、アマンシオ・アマロ、サンティリャーナ、ホセ・アントニオ・カマーチョ、パウル・ブライトナー、ギュンター・ネッツァーなどがいた。デル・ボスケは、キンタ・デル・ブイトレの前の時代にレアル・マドリードで活躍し、1984年6月に現役引退した。ビセンテ・デル・ボスケ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・モロウニー

    ルイス・モロウニーから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1943年に地元のサッカークラブCDテネリフェでキャリアをスタート。その後、マリノFC、レアル・マドリード、UDラス・パルマスに所属していた。スペイン代表としては7試合に出場し、1950 FIFAワールドカップに出場した。ルイス・モロウニー フレッシュアイペディアより)

1093件中 91 - 100件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード