1093件中 101 - 110件表示
  • フェルナンド・アウカンタラ

    フェルナンド・アウカンタラから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    スペインにコーチ留学した縁から、2000年にはデル・ボスケ監督の下でクラブワールドカップを戦うレアル・マドリードのスカウティングスタッフの一人として働いた。また2006年にはヴァグネル・マンシーニ監督率いるパウリスタFCで同じくスカウティングを担当し、2011年にはヘッドコーチを務めた。フェルナンド・アウカンタラ フレッシュアイペディアより)

  • ミケル・ソレール

    ミケル・ソレールから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    バルセロナの主要2クラブ(FCバルセロナ、RCDエスパニョール)とマドリードの主要2クラブ(レアル・マドリード、アトレティコ・マドリード)の計4クラブすべてに在籍したことがある唯一の選手である。スペイン代表としてはUEFA欧州選手権1988に出場した。ミケル・ソレール フレッシュアイペディアより)

  • セドリック・マブワティ

    セドリック・マブワティから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    ベティスに移籍後、開幕戦のレアル・マドリード戦でプリメーラ・ディビシオンデビューすると、先制点をアシストし、UEFAヨーロッパリーグにデビューした。チームは、最下位でセグンダ・ディビシオンに降格した。次のシーズンになると、出場機会を失い、シーズン中にCAオサスナへ期限付き移籍した。その後、アメリカ・オハイオ州コロンバスをホームタウンとする、MLS・コロンバス・クルーと契約を締結したが、ヨーロッパのシーズン終了まで、オサスナでのプレーを続けた。コロンバス・クルーでは、2015シーズンにMLSで準優勝した。セドリック・マブワティ フレッシュアイペディアより)

  • エステバン・グラネロ・モリナ

    エステバン・グラネロ・モリナから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    8歳でレアル・マドリードのカンテラに加入。U-10ディビシオンでは1シーズンに83ゴールを挙げた。パラウ・サン・ジョルディで開かれたU-12の国際トーナメントではキャプテンを務め、FCバルセロナ戦延長の末グラネロのゴールで勝利。その試合のベストプレイヤーに選ばれた。17歳の時に、レアル・マドリードCに昇格する。2006年には、フアン・マタやアルベルト・ブエノらと共にコパ・デ・カンペオネス・フベニールに出場。レアル・バリャドリードに1-0の成績で勝利し優勝した。グラネロは先発出場し、76分に交代した。エステバン・グラネロ・モリナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・ロペス・ロドリゲス

    ディエゴ・ロペス・ロドリゲスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    レアル・マドリードのカンテラ出身。2005-06シーズンにデビューし、2試合(99分)に出場した。UEFAチャンピオンズリーググループリーグのオリンピアコスFC戦に出場したが、リバウドなどに得点を許し、1-2で敗れた。この試合はファン・ラモン・ロペス・カロ監督が初めて指揮した試合だった。スペイン代表の正GKでもあるイケル・カシージャスの存在もあり、レアル・マドリードでの試合出場は限られたものだった。2006-07シーズンは控えGKとしてリーガ・エスパニョーラ優勝を果たしたが、自身の出場はゼロに終わった。UEFAチャンピオンズリーグではグループリーグのディナモ・キエフ戦に出場した。ディエゴ・ロペス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ミジャ

    ルイス・ミジャから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    FCバルセロナの下部組織出身である。1984-85シーズン、トップチームの大多数がストライキに参加したために選手数が足らなくなったレアル・サラゴサ戦でトップチームデビューを果たすと、その試合で初得点も決めた。その後もFCバルセロナBなどでのプレーが続いたが、1988年に正式にトップチームに登録され、1988-89シーズンにはUEFAカップウィナーズカップで優勝した。1989-90シーズンのコパ・デル・レイではエスタディオ・デ・メスタージャで行われた決勝でレアル・マドリードを下して優勝した。1989年後半には1990 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のハンガリー戦でスペイン代表デビューし、1989年中にさらに2試合に出場した。1990年にはヨハン・クライフ監督やクラブ首脳陣との契約延長交渉がうまくゆかず、最終的には契約満了によるフリートランスファーでライバルのレアル・マドリードに移籍した。1990-91シーズンには深刻な怪我を負ったが、復帰後はチームの中心選手となり、1994年夏にフェルナンド・レドンドが加入してからもかなりの試合に起用された。1992-93シーズンにコパ・デル・レイで優勝し、1994-1995シーズンと1996-1997シーズンにはリーガ・エスパニョーラで優勝しているほか、1990年と1993年にはスーペルコパ・デ・エスパーニャのタイトルを獲得している。1997年にはバレンシアCFに移籍して4シーズンでリーグ戦79試合に出場し、2001年6月に現役引退した。プロ選手生活で400試合以上に出場している。ルイス・ミジャ フレッシュアイペディアより)

  • アレハンドロ・フェルナンデス・イグレシアス

    アレハンドロ・フェルナンデス・イグレシアスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    レアル・マドリードに所属しているナチョは実兄。アレハンドロ・フェルナンデス・イグレシアス フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13 決勝から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    バイエルン・ミュンヘンはUEFAチャンピオンズカップ時代を含め、UEFAチャンピオンズリーグの決勝戦に進出したのはこれが10回目である。これはレアル・マドリード(12回)とACミラン(11回)につぐ数字である。バイエルン・ミュンヘンは1973-74シーズン、1974-75シーズン、1975-76シーズンにUEFAチャンピオンズカップを3連覇したほか、2001年にUEFAチャンピオンズリーグ優勝経験がある。UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン・ゴンサレス

    アドリアン・ゴンサレスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    アドリアン・ゴンサレス・モラレス(Adrián González Morales, 1988年5月25日 - )は、スペイン・マドリード出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ、マラガCF所属。ポジションは左サイドハーフ。元レアル・マドリード所属選手のミチェルは父。アドリアン・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・エルナンデス・ロドリゲス

    ルイス・エルナンデス・ロドリゲスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1998年にレアル・マドリードのカンテラに入団。2007年にCチームでプロデビューするも、トップチームまでたどり着くことは出来ず、2011年にレアル・マドリード・カスティージャを退団。同年8月にベルギーのKAAヘントの入団テストを受けるも不合格に終わる。ルイス・エルナンデス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

1093件中 101 - 110件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード