1093件中 111 - 120件表示
  • PK戦の記録

    PK戦の記録から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2000年 3位決定戦 クルブ・ネカクサ 4-3 レアル・マドリードPK戦の記録 フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1度の優勝経験があるFCバルセロナは5度目の決勝進出であり、アーセナルFCはロンドンに本拠地を置くクラブとして初の決勝進出で初優勝を目指した。決勝に進出するにはグループリーグと決勝トーナメントを合わせて12試合を戦わなければならない。FCバルセロナはグループリーグを勝ち抜いた後、チェルシーFC、SLベンフィカ、ACミランを下して決勝に進出し、アーセナルFCはグループリーグを勝ち抜いた後、レアル・マドリード、ユヴェントス、ビジャレアルCFを下して決勝に駒を進めた。UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • サッカー文化

    サッカー文化から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    クラブの経営形態としては、一般的な株式会社形態とFCバルセロナやレアル・マドリードなどが採用している非営利団体形態(総合型地域スポーツクラブ)の2種類に大きく分ける事が出来る。また、フロントの主な業務としてはクラブによってその運営規模や名称、役割などには多少の違いが見られるものの、会長、副会長、役員会、ゼネラルマネージャー(GM)または最高経営責任者(CEO)などといった経営陣の下に「強化・育成」、「運営・渉外」、「広報」、「営業・マーケティング」、「総務・経理」の5部門に分けられる。なお、ドイツのブンデスリーガでは「健全なリーグ及びクラブ経営」を模範としている事からブンデスリーガに加盟する各クラブへの経営監査は欧州の中でも厳格で、クラブの経営状態によっては昇格の取り消しや下部リーグへの降格、ブンデスリーガからの脱退といった厳しい処分が下される場合もある。サッカー文化 フレッシュアイペディアより)

  • マティアス・フェルナンデス

    マティアス・フェルナンデスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    レアル・マドリードやチェルシーFCが獲得に興味を示していたが、2006年10月後半、彼が南米年間最優秀選手賞を受賞する前に、同郷のマヌエル・ペジェグリーニ監督が率いるスペインのビジャレアルCFと契約を結んだ。CSDコロコロには移籍金870万ユーロ(約13億7500万円)が支払われ、違約金は5000万ユーロと高額に設定された。マティアス・フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • マドリードダービー

    マドリードダービーから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    マドリード・ダービー(西: El Derbi Madrileño, エル・デルビ・マドリレーニョ)とは、スペインのサッカーリーグであるリーガ・エスパニョーラで、マドリード市などマドリード都市圏に本拠を置くクラブ同士が対戦するダービーマッチのことである。狭義にはレアル・マドリードとアトレティコ・マドリードの対戦を指し、広義にはレアル・マドリード、アトレティコ・マドリード、ラーヨ・バジェカーノ、ヘタフェCFの4クラブ間の対戦を指す。この項では狭義のマドリード・ダービーについて述べる。マドリードダービー フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のサッカー

    2006年のサッカーから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    4月26日 - フランス代表でレアル・マドリード所属のジネディーヌ・ジダンがドイツW杯をもって現役を引退すると表明。2006年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • ビクトル・サンチェス・デル・アモ

    ビクトル・サンチェス・デル・アモから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    レアル・マドリードの下部組織出身。レアル・マドリードBで1994-95シーズンは11試合、1995-96シーズンは25試合に出場した。そして1996年5月25日、シーズン最終戦のレアル・サラゴサ戦でトップチームデビューした。1996-97シーズンは1試合のみBチームの試合に出場したが、トップチームで36試合に出場して5得点した。このシーズンはリーガ・エスパニョーラとスーペルコパ・デ・エスパーニャの2冠に輝いた。1997-98シーズンは出場機会こそ減少したが、32シーズンぶりのUEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。レアル・マドリードでは65試合に出場した。ビクトル・サンチェス・デル・アモ フレッシュアイペディアより)

  • レクレアティーボ・ウェルバ

    レクレアティーボ・ウェルバから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1977-78シーズンにはレアル・マドリードの下部組織出身のイポリト・リンコンなどに導かれ、クラブ初のプリメーラ・ディビシオン(1部)昇格を果たした。1978-79シーズンには初めてトップリーグの舞台で戦ったが、わずか1シーズンでセグンダ降格となり、1990年までセグンダに在籍した。1989-90シーズン終了後にセグンダ・ディビシオンB(現3部相当)に降格し、1997-98シーズンまでセグンダBでのプレーを強いられた。1998年にセグンダに復帰すると、2001-02シーズンはセグンダで3位となってクラブ史上2度目のプリメーラ昇格を果たした。2002-03シーズンのリーグ戦では18位と低迷して再びセグンダ降格となるが、コパ・デル・レイではクラブ史上初めて決勝に進出し、RCDマヨルカに0-3で敗れて準優勝に終わったものの、クラブの歴史上最も重要な栄誉を成し遂げた。レクレアティーボ・ウェルバ フレッシュアイペディアより)

  • FAプレミアリーグ1998-1999

    FAプレミアリーグ1998-1999から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    若いフォワードのニコラ・アネルカをレアル・マドリードに売却し、翌シーズンは更に難しいものになった。FAプレミアリーグ1998-1999 フレッシュアイペディアより)

  • ミレル・ラドイ

    ミレル・ラドイから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2000年、11万ユーロの移籍金でステアウア・ブカレストに移籍した。ラドイは移籍初日、「ミオドラグ・ベロデディチなどのテレビで見ていた選手と同じ場所に立てるなんて夢のようだ」と表現した。FCMバカウ戦で初出場し、9分には得点も決めた。新監督に就任したヴィクトル・ピツルカはラドイを高く評価し、チームの重要な選手となった。2000-01シーズン、リーグ優勝を果たした。その後、ディナモ・ブカレストに勝利してスーペルクパ・ロムニエイ優勝を果たした。2004-05シーズン、自身2度目のリーグ優勝を果たした。UEFAカップ決勝トーナメント1回戦では前回王者のバレンシアCFに勝利した。準決勝のミドルスブラFCに敗れて敗退した。2005-06シーズン、クラブ通算23回目となるリーグ優勝を果たした。ステアウアは10シーズンぶりにUEFAチャンピオンズリーグのグループリーグに進出し、レアル・マドリード、オリンピック・リヨン、ディナモ・キエフと戦った。ステアウアで過ごした後半の期間には、レアル・マドリードやリヴァプールFCなど数多くのビッグクラブに興味を持たれていた。2006年夏にはイングランドのポーツマスFCへの移籍が噂され、移籍金額は約1100万ドルと言われたが、結局移籍は成立しなかった。ミレル・ラドイ フレッシュアイペディアより)

1093件中 111 - 120件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード