1093件中 121 - 130件表示
  • エスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノ

    エスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    エスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノ(Estadio Alfredo di Stéfano)は、スペインのマドリードにある多目的スタジアムであり、リーガ・エスパニョーラに所属するレアル・マドリード・カスティージャのホームスタジアム。名称の由来は、レアル・マドリードの名誉会長を務めた、同クラブの伝説的名選手アルフレッド・ディ・ステファノより。エスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ラモン・ロペス・カロ

    フアン・ラモン・ロペス・カロから見たレアル・マドリーレアル・マドリード

    2001年からレアル・マドリーの下部組織にて監督を務め、育成に従事した。2005年から2006年にかけて、レアル・マドリーのトップチーム監督も務めている。2006-07シーズンにレバンテUD監督に就任するが、成績不振のため解任。2007年10月、フリスト・ストイチコフが解任されたセルタ・デ・ビーゴの監督に就任した。その後も成績は安定せず、2008年3月に解任された。そのシーズンにセグンダ・ディビシオンで解任された11人目の監督であった。その後はスペインU-21代表を指導している。フアン・ラモン・ロペス・カロ フレッシュアイペディアより)

  • ビクトル・バルデス

    ビクトル・バルデスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2007-08シーズンのチャンピオンズリーグでは、欧州カップ戦で466分間連続無失点を続け、1975年から1976年にかけてペレ・バレンティ・モラ(Pere Valentí Mora)が記録したクラブ記録を更新した。2007年11月27日のリヨン戦でジュニーニョ・ペルナンブカーノに45ヤードの距離からの直接フリーキックを決められ、この記録は途切れた。2006-07シーズンはリーグ戦ではレアル・マドリードに次いで2位、チャンピオンズリーグも決勝トーナメント1回戦で準優勝のリヴァプールFCに敗れ連覇はならなかった。2007-08シーズンのリーグ戦では3位、チャンピオンズリーグも優勝したマンチェスター・ユナイテッドFCに準決勝で破れ、2季連続で無冠に終わった。2008年4月1日のチャンピオンズリーグ準々決勝、シャルケ04戦ファーストレグでバルセロナでの公式戦通算250試合出場を達成した。ビクトル・バルデス フレッシュアイペディアより)

  • フアン・カルロス・バレロン

    フアン・カルロス・バレロンから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2006年1月、RCDマジョルカ戦の試合終了2分前に左膝の前十字靭帯を断裂する怪我を負った。2006年夏に練習を再開したものの、プレシーズンマッチのSLベンフィカ戦で左膝の半月板を負傷し、さらに完治したはずの靭帯を再び痛めた。2007年3月、レアル・マドリード戦で復帰するが、左膝は完治しておらず、2度目の手術に踏み切った。長期間にわたりリハビリの日々を経て、2008年1月27日、レアル・バリャドリード戦(3-1)で133日ぶりに招集され、アンドレス・グアルダードとの交代で15分間出場した。2009年1月のレアル・マドリード戦では1098日ぶりにリーグ戦で先発出場した。2008-09シーズンは再びチームの中で重要な役割を担い、国内リーグでも欧州カップでも活躍したフアン・カルロス・バレロン フレッシュアイペディアより)

  • ミチェル・サルガド

    ミチェル・サルガドから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    ガリシア州ポンテベドラ県アス・ネベスに生まれた。1994年に地元のセルタ・デ・ビーゴの下部組織に入団し、1995年1月22日、レアル・マドリード戦(0-4)でプリメーラ・ディビシオン(1部)デビューした。1995-96シーズンまでにレギュラーに定着することができず、1996年夏にセグンダ・ディビシオン(2部)のUDサラマンカにレンタル移籍した。1998年2月、アトレティコ・マドリード戦でジュニーニョ・パウリスタに危険なバックチャージを仕掛け、その結果負傷したジュニーニョは6ヶ月間を棒に振って1998 FIFAワールドカップ出場も逃した。ミチェル・サルガド フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・アネルカ

    ニコラ・アネルカから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1996年にフランスリーグ・アンのパリ・サンジェルマンで選手生活をスタート。育成段階から指導者の評価は高く、同じFWで2歳年上のティエリ・アンリやダヴィド・トレゼゲよりも将来を期待されていた。その後、18歳ながら50万ポンドという異例の高額で1997年にFAプレミアリーグ・アーセナルへ移籍し、得点を着実に重ねて評価を上げた。ペレはこの頃の彼を評し、「ストライカーに必要なものを全て兼ね備えている」とベタ褒めした。1999年にスペインのレアル・マドリードに移籍するも、怪我もあり不振が続いたことがあり高い評価を得られなかった。UEFAチャンピオンズリーグでは予選で2度大敗した天敵バイエルンに準決勝で2得点を奪い、勝利に貢献するという活躍もあったが結局退団。それからパリ・サンジェルマン、リヴァプール、マンチェスター・シティと移籍を繰り返し、フランス代表からは遠ざかっていた。常々フランス代表のメンバーに名を列ねているが、過去3度のW杯の代表選考では最後の方で毎回落選している。唯一EURO2000の時だけメンバーに選ばれ、優勝を経験。ニコラ・アネルカ フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・エインセ

    ガブリエル・エインセから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    パリ・サンジェルマンFCに所属していた時に名声を高め、2004年に移籍したマンチェスター・ユナイテッドFCとレアル・マドリードでは合わせて3つの主要なタイトルを手にした。ドイツ人の父とイタリア人の母の間に生まれたことから、「グリンゴ(アルゼンチンのスペイン語で外国人を意味する)」のあだ名を持つ。グスタボとセバスティアンの2人の兄弟がいる。ヴォルガ・ドイツ人の血を引いており、イタリアのパスポートを所持している。ガブリエル・エインセ フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・サンチス・オンティジュエロ

    マヌエル・サンチス・オンティジュエロから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    キンタ・デル・ブイトレと呼ばれた1980年代のレアル・マドリードでDFを務めた。父親もまたレアル・マドリードやスペイン代表でプレーしたマヌエル・サンチス・マルティネスであり、チェーザレ・マルディーニ、パオロ・マルディーニ親子に続いて2組目となる親子2代で欧州王者を経験した。マヌエル・サンチス・オンティジュエロ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・カッサーノ

    アントニオ・カッサーノから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2006年1月3日、スペインのレアル・マドリードに500万ユーロの移籍金で移籍した。加入直後は調整不足を露呈し満足な結果を残せず、マスコミから「マドリードはブラジルのブタ(ロナウド)だけでなくイタリアからもブタ(カッサーノ)を連れてきた」と酷評を受けた。翌2006年夏にローマ時代の恩師であるカペッロが新監督に就任すると、体重の問題を解消し調子を取り戻すことに成功。しかし、10月30日のジムナスティック・タラゴナ戦後、ロッカールームでカペッロ監督を侮辱する言動をしたことでトップチームの練習への参加禁止処分を受けた。クラブからは半ば戦力外の扱いを受け、2007年の冬の移籍市場での移籍が検討されたが結局は残留し、ピッチの外からチームのリーグ優勝を見守った。アントニオ・カッサーノ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・サンタマリア

    ホセ・サンタマリアから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1950年代後半から1960年代前半のレアル・マドリードにおいて、守備陣のリーダーとして活躍した。長身でたくましい身体を持ち、広い活動範囲と屈強なマークで相手アタッカーを封じた。また高い技術を持ち、ボールを上手く使って攻撃の起点にもなった。ホセ・サンタマリア フレッシュアイペディアより)

1093件中 121 - 130件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード