1093件中 131 - 140件表示
  • マヌエル・サンチス・マルティネス

    マヌエル・サンチス・マルティネスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    同じくスペイン代表やレアル・マドリードで活躍したマヌエル・サンチス・オンティジュエロは息子にあたる。マヌエル・サンチス・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • アルフォンソ・ペレス

    アルフォンソ・ペレスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    マドリード郊外のヘタフェに生まれ、18歳だった1990年にレアル・マドリードからデビューした。エミリオ・ブトラゲーニョやイバン・サモラーノなどのスター選手が在籍していたためにレギュラーポジションを獲得することはできなかったが、1994-95シーズンにはリーグ優勝に貢献。1995年夏にレアル・ベティスに移籍すると、1996-97シーズンには25得点を挙げてクラブの最多得点記録を塗り替え、4位躍進の立役者となった。アルフォンソ・ペレス フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ゴメス・ゴンサレス

    フアン・ゴメス・ゴンサレスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    現役時代はレアル・マドリードで10年間プレー。背番号7を背負い、284試合に出場して84得点を挙げた。スペイン代表では6年間で34キャップを数え、1978 FIFAワールドカップ、1982 FIFAワールドカップにも出場した。フアン・ゴメス・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・カルロス・ペレス・ゴンサレス

    ラファエル・カルロス・ペレス・ゴンサレスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    レアル・マドリード出身であり、主にRCDエスパニョールで活躍した。プリメーラ・ディビシオンでは通算308試合に出場して116得点を挙げた。スペイン代表としては1978 FIFAワールドカップに出場した。ラファエル・カルロス・ペレス・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ファン・デル・ファールト

    ラファエル・ファン・デル・ファールトから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    痛めていた左足も完治し、地元ファンから「小さな天使」と呼ばれ、ある少女に「ユニフォームちょうだい」という横断幕をかかげられるほどの人気だった(試合終了後にその日試合で使ったユニフォームを渡した)。ユヴェントスがファン・デル・ファールトに興味を持っていると報じられ、そのことに関し「とても名誉なことだ」とコメントしながらも、移籍先が母親の祖国であるスペインのレアル・マドリードでなければハンブルクを出ることはないと明言したらしい。ラファエル・ファン・デル・ファールト フレッシュアイペディアより)

  • クラース・ヤン・フンテラール

    クラース・ヤン・フンテラールから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    フンテラールは過去にPSV、デ・フラーフスハップ、AGOVVアペルドールン、SCヘーレンフェーン、AFCアヤックス、レアル・マドリード、ACミラン、シャルケ04と数々のクラブでプレーしている。クラース・ヤン・フンテラール フレッシュアイペディアより)

  • 銀河系軍団

    銀河系軍団から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    銀河系軍団(ぎんがけいぐんだん)とは2000年代前半から中盤の第一次フロレンティーノ・ペレス会長時代のレアル・マドリードの愛称。スペイン語で「ロス・ガラクティコス(Los Galácticos)」とも称される。銀河系軍団 フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    バイエルン・ミュンヘンは決勝戦がホームスタジアムで開催されることもあり、シャルケ04よりドイツ代表正ゴールキーパーのノイアーを獲得するなど着実な補強を行いチャンピオンズリーグに臨んだ。グループリーグを1位で通過すると、決勝トーナメント1回戦ではバーゼルにアウェーで敗れたものの、以降は安定した戦いで準決勝に進出。準決勝のレアル・マドリード戦ではホームでの第一戦、ロスタイムに得点して勝利したが、二戦目に一戦目と逆のスコアで敗戦し、試合はPK戦に突入。レアル・マドリードの正ゴールキーパーであり、現スペイン代表正ゴールキーパーのカシージャスとノイアーが互いに二本のセーブを見せる白熱した戦いを3-1で制し決勝戦に進出した。UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・ロドリゲス・スアレス

    リカルド・ロドリゲス・スアレスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    レアル・オビエドのユースでプレーしていた17歳のときに試合中に左膝十字靱帯を断裂。選手としてのキャリアを断念して指導者を志す。24歳で指導者となり、レアル・オビエドのリザーブチームアシスタントコーチを皮切りに指導者としてのキャリアを重ね、2003年からはメキシコにあるレアル・マドリードのアカデミーのダイレクターも務めた。また、スポーツ科学を学ぶために1994年から1998年までア・コルーニャ大学、2000年から2002年までオビエド大学で学んだ。2003年から2006年までスペインサッカー連盟が発行するを取得した。リカルド・ロドリゲス・スアレス フレッシュアイペディアより)

  • アマンシオ・アマロ

    アマンシオ・アマロから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1960年代、「イエイエ・マドリード(Yé-yé Madrid)」と呼ばれていたレアル・マドリードにあってエースストライカーを務めた。アマンシオ・アマロ フレッシュアイペディアより)

1093件中 131 - 140件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード