1093件中 141 - 150件表示
  • トーマス・グラヴェセン

    トーマス・グラヴェセンから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    ドイツのハンブルガーSV、イングランドのエヴァートンFCなどを経て、2005年にはスペインのレアル・マドリードに移籍した。スコットランドのセルティックFCに所属していた2008年に現役引退した。トーマス・グラヴェセン フレッシュアイペディアより)

  • エマニュエル・アデバヨール

    エマニュエル・アデバヨールから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2004-05シーズン、モリエンテスがレアル・マドリード、プルショがレンジャーズFCにそれぞれレンタル復帰・移籍した。リーグでは35試合に出場し9ゴールを挙げチームは年間第3位の成績を挙げた。エマニュエル・アデバヨール フレッシュアイペディアより)

  • プレドラグ・ミヤトヴィッチ

    プレドラグ・ミヤトヴィッチから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1996-97シーズンからはレアル・マドリードでプレー。移籍1年目からファビオ・カペッロの下ダヴォール・シューケル、ラウル・ゴンサレスの3人で攻撃を展開し、リーガ優勝の原動力となる。翌シーズンには怪我などもあってリーグ戦は24試合出場に留まったが、アムステルダム・アレナで行われたユヴェントスとの決勝では決勝点を決め、レアル・マドリードにUEFAチャンピオンズリーグをもたらした。しかし、翌年にはトヨタカップを制したが、ラウルとフェルナンド・モリエンテスの二人が優遇され、ミヤトヴィッチは不遇の時期を過ごした。1999年にクラブがニコラ・アネルカを獲得したことにより、シーズン後にセリエA・フィオレンティーナへ移籍。しかし怪我の影響もあって目立った活躍は出来ず、2001-02シーズン後のクラブ消滅を期にイタリアを離れた。他クラブからいくつかのオファーがあったものの、家庭の事情からスペインに戻り、当時セグンダ・ディビシオン(2部)のレバンテへ加入。1シーズンプレーした後、2003年に現役を引退した。プレドラグ・ミヤトヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • コルベイン・シグソールソン

    コルベイン・シグソールソンから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    HKコーパヴォグスでキャリアを開始し、2006-07シーズンにデビューした。その後、レアル・マドリードやアーセナルFC等いくつかのクラブから関心を集めたが、AZアルクマールへ移籍することを決め、2010-11シーズンにファーストチーム入りを果たした。翌シーズンにアヤックス・アムステルダムへ450万ユーロで移籍した。コルベイン・シグソールソン フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ロマン・リケルメ

    フアン・ロマン・リケルメから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    ボカでトップ下に転向した。トップチームのカルロス・ビラルド監督に見出され、1996年11月11日、CAウニオン戦 (2-0) でトップチームデビューし、2週間後のCAウラカン戦 (6-0) ではトップチーム初得点を挙げた。1998年にはカルロス・ビアンチ監督が就任し、背番号10を手渡されてレギュラーに定着。アペルトゥーラ1998でリーグ戦自身初優勝を飾り、クラウスーラ1999でも優勝して1998-99シーズンは前後期制覇を遂げた。2000年のコパ・リベルタドーレスでは、ラウンド16でCDエル・ナシオナル(エクアドル)、準々決勝でリーベル、準決勝でクラブ・アメリカ(メキシコ)、決勝でSEパルメイラス(ブラジル)を下して南米王者に輝いた。アペルトゥーラ2000でも優勝したほか、同年末に日本で開催されたインターコンチネンタルカップではレアル・マドリード(スペイン)を下して優勝し、2000年は国内外で3冠を達成した。2001年にはコパ・リベルタドーレスで2連覇を果たしたが、インターコンチネンタルカップではバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)に敗れて2連覇を逃した。ボカでの在籍期間の終盤にはマウリシオ・マクリ会長との確執があり、ヨーロッパのクラブへの移籍を要求してリーグ戦出場を拒否する行動に出た。フアン・ロマン・リケルメ フレッシュアイペディアより)

  • アイトール・ベギリスタイン

    アイトール・ベギリスタインから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1987-88シーズンは、リーグ, カップ戦でレアル・マドリードとFCバルセロナに敗れたことで優勝を逃し2位に終わった。それから、1ヶ月も経たないうちに後者のクラブと同僚のバケーロ, ロペス・レカルテと共に契約を結んだ。アイトール・ベギリスタイン フレッシュアイペディアより)

  • WAGs

    WAGsから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    デビッド・ベッカム・・・マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリードへ移籍したのは、ヴィクトリアと結婚して以前は素朴で地味だった彼は変わり練習にも遅刻したりパーティーなどにもヴィクトリアと同伴で出るようになって服装もお洒落になって彼の顔が知れ渡って人気も出、生活も派手になった事が理由とされている。それを咎めたアレックス・ファーガソン監督とベッカムがわかりあえず関係が悪化して移籍に踏み切った(過去にはキーンもベッカムのその生活を批判していた)。それ以来同監督は所属選手達の私生活に以前よりうるさくなったと噂されている。マドリードに来て1年目は妻の仕事の事もあってベッカムの単身赴任だったが、秘書との不倫が報じられ夫婦関係にも危機が訪れたが、後にヴィクトリアと和解。その後夫人と息子達もマドリードに住む事になった。2013年に発行されたファーガソンの自伝の会見でもベッカムが変わったのはヴィクトリアと出会ってからと発言をしている。WAGs フレッシュアイペディアより)

  • パウル・ブライトナー

    パウル・ブライトナーから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    主に左サイドバックを担当。所属クラブや西ドイツ代表では若い頃から中心選手として活躍していた。また強心臓の持ち主としても知られ、1974年の1974 FIFAワールドカップ決勝では0-1とオランダにリードされた場面で得た大事なPKを躊躇なく決めている。1975年10月のギリシャ戦を最後に個人的な理由から代表を退いていたが、この時期に在籍したレアル・マドリードでは中盤の左サイドハーフを務めるなどプレーの幅を増し、1982年のスペインW杯直前に西ドイツ代表に復帰すると、主将としてチームの準優勝に貢献した。パウル・ブライトナー フレッシュアイペディアより)

  • ウリ・シュティーリケ

    ウリ・シュティーリケから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1977年、22歳の時にスペインのレアル・マドリードへ移籍。サンティアゴ・ベルナベウ会長が獲得した最後の大物選手であり、ヘルベルト・ヴィマーとの契約のためドイツを訪れたベルナベウが、同じボルシアMGに所属していたシュティーリケのプレーを見て心変わりを起こし契約した。レアル・マドリードでは守備的MFからスイーパーへコンバートされると、在籍した8年間に1977年からリーグ3連覇 (1977-78, 1978-79, 1979-80)、コパ・デルレイ優勝2回 (1979-80, 1981-82)、UEFAカップ1984-85優勝に貢献。ドン・バロン・アワードの最優秀外国人賞を最多の4度受賞した。ウリ・シュティーリケ フレッシュアイペディアより)

  • アシエル・イジャラメンディ

    アシエル・イジャラメンディから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2013年7月12日、レアル・マドリードへの移籍を発表した。移籍金は3000万ユーロ以上とも言われている。契約は6年間。だが、レアル・マドリードでは選手層が厚く、十分な出場機会を得られなかった。アシエル・イジャラメンディ フレッシュアイペディアより)

1093件中 141 - 150件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード