782件中 11 - 20件表示
  • リカルド・カルヴァーリョ

    リカルド・カルヴァーリョから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    リカルド・アルベルト・シルヴェイラ・カルヴァーリョ(Ricardo Alberto Silveira Carvalho, 1978年5月18日 - )、通称リカルド・カルヴァーリョ(Ricardo Carvalho)は、ポルトガル、ポルト近郊の都市アマランテ出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。ポジションはDF。リカルド・カルヴァーリョ フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・アンヘル・ポルトゥガル

    ミゲル・アンヘル・ポルトゥガルから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    地元のクラブのブルゴスCFの下部組織出身で、1977年にトップチームデビューした。1979年にレアル・マドリードに移籍し、アルフレッド・ディ・ステファノ監督らの下でプレーした。1981年にはUEFAチャンピオンズカップの決勝に進出したが、リヴァプールFCに敗れた。リーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイのタイトルを獲得している。その後はラーヨ・バジェカーノやCDカステリョンなどでプレーし、コルドバCFを最後に引退した。ミゲル・アンヘル・ポルトゥガル フレッシュアイペディアより)

  • グティ

    グティから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1984年にレアル・マドリードの下部組織(カンテラ)に入団した。金髪をなびかせた風貌や優雅なプレースタイルがベルント・シュスターに似ていたことから、小さい頃は「リトル・シュスター」というあだ名があった。シュスターは2007年夏にレアル・マドリードの監督に就任し、1シーズンではあるが選手と監督の関係になった。レアル・マドリードに入団したころはストライカーだったが、後にミッドフィールダーに転向し、1995年、ホルヘ・バルダーノ監督が率いるトップチームに初めて招集され、12月2日のセビージャFC戦でトップチームデビューした。1995-96シーズンは9試合に出場して1得点を決めた。1996-97シーズンは17試合に出場し、リーガ・エスパニョーラのタイトルを獲得した。1997-98シーズンにはスーペルコパ・デ・エスパーニャ、UEFAチャンピオンズリーグのトロフィーを掲げた。グティ フレッシュアイペディアより)

  • FCバルセロナ

    FCバルセロナから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    FCバルセロナは1899年に創設されたカンプ・ノウをホームスタジアムとし、リーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属するサッカークラブである。愛称は「バルサ(Barça)」、またはクラブカラーから「ブラウ・グラーナ(Blau Grana えんじと青)」と呼ばれる。数々のタイトルを獲得した世界でも屈指のビッグクラブ、名門クラブであり、リーガ・エスパニョーラの創立以来一度もプリメーラ・ディビシオンから降格したことがない。これは他にレアル・マドリードとアスレティック・ビルバオのみである。FCバルセロナ フレッシュアイペディアより)

  • アルフレッド・ディ・ステファノ

    アルフレッド・ディ・ステファノから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    愛称は『LA SAETA RUBIA (金髪の矢)』。1950年代後半にUEFAチャンピオンズカップ5連覇を達成したレアル・マドリード黄金時代のエースとして活躍し、それまで2度しかリーグ優勝の経験がなかったレアル・マドリードを20世紀最優秀クラブに選ばれるほどのビッグクラブへと変えた選手である。また3カ国(アルゼンチン、コロンビア、スペイン)の代表経験があり、生涯では1126試合、893得点という記録を打ち立てた。一方でFIFAワールドカップでのプレー経験はなく、ジョージ・ベストらと共にワールドカップに出場していないスター選手の代表格として知られる。アルフレッド・ディ・ステファノ フレッシュアイペディアより)

  • クラレンス・セードルフ

    クラレンス・セードルフから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1996-97シーズンからは、レアル・マドリードでプレー。弱冠20歳ながら、卓越した戦術眼、完成されたフィジカルを備えるセードルフがレアル・マドリードでレギュラーポジションを掴むのもごく自然な流れだった。リーグ戦全38試合に出場、6得点を記録しリ?グ優勝に貢献。クラレンス・セードルフ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ベニテス

    ラファエル・ベニテスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    スペインの首都マドリードに生まれ、レアル・マドリードの下部組織に入団した。下部リーグ時代は大学での勉学とサッカーを両立させていたが、度重なる怪我に悩まされ、26歳でレアル・マドリードのコーチングスタッフになる道を選んだ。U-19チームとリザーブチームのコーチを経験した後、トップチームのアシスタントマネージャーになった。その後、レアル・バリャドリードとCAオサスナで監督として指揮を振るい、1997年にはセグンダ・ディビシオン(2部)のCFエストレマドゥーラをプリメーラ・ディビシオン(1部)に昇格させたが、翌シーズンには再びセグンダ・ディビシオンに降格させた。1年間のインターバルを経て、2000年に就任したCDテネリフェでは再び昇格という結果を残した。2001年にバレンシアCFの監督に就任すると、1年目からリーガ・エスパニョーラ優勝を果たし、ドン・バロン紙とエル・パイス紙のリーグ最優秀監督に選出された。2004年には2度目のリーグ優勝とUEFAカップ優勝を果たしたが、首脳陣との対立からチームを離れた。ラファエル・ベニテス フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・オーウェン

    マイケル・オーウェンから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2004年の夏に800万ポンドの移籍金でレアル・マドリーに移籍、交代での出場が多かったが13ゴールを挙げ、出場時間に対する得点率ではリーガ・エスパニョーラ全体で最高であった。翌シーズンには1,600万ポンドでニューカッスル・ユナイテッドに移籍し、プレミアリーグに復帰した。4年契約の最後のシーズンにニューカッスルは降格が決定し、自由契約でマンチェスター・ユナイテッドに加入することになった。マイケル・オーウェン フレッシュアイペディアより)

  • オスカル・ミニャンブレス

    オスカル・ミニャンブレスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    右サイドならオフェンシブでもディフェンシブでもプレーできる。レアル・マドリードのカンテラ出身。オスカル・ミニャンブレス フレッシュアイペディアより)

  • ジャシント・キンコセス

    ジャシント・キンコセスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    デポルティーボ・アラベスで10年間プレーした後に、レアル・マドリードへ移籍。ここでリカルド・サモラやシリアコらと鉄壁の守備陣を形成し、同クラブ初となるリーグ優勝やコパ・デル・レイを獲得した。スペイン代表でもこの二人と共に活躍し、1934 FIFAワールドカップにも出場している。ジャシント・キンコセス フレッシュアイペディアより)

782件中 11 - 20件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード