1093件中 21 - 30件表示
  • UEFAチャンピオンズリーグ 2015-16 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2015-16 決勝から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    UEFAチャンピオンズリーグ2015-16 決勝(-けっしょう、)は、欧州サッカー連盟(UEFA)により開催されるUEFAチャンピオンズリーグ 2015-16の決勝戦であり、24回目のUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦である(UEFAチャンピオンズカップ時代を含めると61回目)。試合は2016年5月28日土曜日にミラノのスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァで開催され、リーガ・エスパニョーラに所属するクラブ同士であるレアル・マドリードとアトレティコ・マドリードの間で行われた。UEFAチャンピオンズリーグ 2015-16 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・アンヘル・ポルトゥガル

    ミゲル・アンヘル・ポルトゥガルから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    地元のクラブのブルゴスCFの下部組織出身で、1977年にトップチームデビューした。1979年にレアル・マドリードに移籍し、アルフレッド・ディ・ステファノ監督らの下でプレーした。1981年にはUEFAチャンピオンズカップの決勝に進出したが、リヴァプールFCに敗れた。リーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイのタイトルを獲得している。その後はラーヨ・バジェカーノやCDカステリョンなどでプレーし、コルドバCFを最後に引退した。ミゲル・アンヘル・ポルトゥガル フレッシュアイペディアより)

  • ステヴァン・ヨヴェティッチ

    ステヴァン・ヨヴェティッチから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2000年から2003年までムラドスト・ポドゴリツァのユースチームで育った。2003年、ヨヴェティッチが13歳の時にパルチザン・ベオグラードに加入。下部組織に在籍にながらも、2006年4月8日に行われた国内リーグ戦の対ヴォツトヴァック戦において、才能を見抜いていたトップチームのユーゲン・レーバー監督によってわずか16歳でトップリーグにデビューした。2007年8月2日にはUEFAカップ、NKズリニスキ戦においてハットトリックを達成、5-0の勝利に貢献した。同月、パルチザン・ベオグラードと正式にプロ契約を結んだ。この頃にはすでにヨヴェティッチの名は、その才能とともにヨーロッパに認知されており、10月頃にはマンチェスター・ユナイテッドFCやレアル・マドリードといったビッグクラブが獲得に動いていた。2007年12月にはイギリスの大衆紙であるザ・サンに、「ヨーロッパにおける20歳以下選手のトップ20」に選ばれている。2008年1月にはレアル・マドリードの練習に参加し、ループシュートを決めるとなどその大物ぶりを見せ付けた。パルチザンはヨヴェティッチを引き止めるために(あるいは移籍金を引き上げるために)、同時期に冬の移籍市場でボルシア・ドルトムントへ移籍していったキャプテンのアントニオ・ルカヴィナの後釜に18歳のヨヴェティッチをキャプテンに据えた。セルビアのリーグ戦では17試合に出場して11ゴール、合計60試合で24ゴールを記録した。ステヴァン・ヨヴェティッチ フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼップ・グアルディオラ

    ジョゼップ・グアルディオラから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2008年5月8日、フランク・ライカールトに代わって2008-09シーズンからFCバルセロナのトップチームの監督に就任することが発表された。前日のエル・クラシコで1-4と屈辱的な敗戦を喫してからすぐの就任発表だった。契約期間は2年で、年俸は欧州のトップクラブの指揮官としてはかなりの低額の150万ユーロと言われている。就任会見でそれまでの中核であったロナウジーニョ、デコ、サミュエル・エトオの構想外を宣言し(エトオは後に残留)、遅刻1分につき500ユーロ(約6万5000円)の罰金を徴収するなど、2006-07シーズンから2シーズン連続で無冠と不振のクラブに改革を施した。クラブの下部組織出身の選手を重用し、レアル・マドリードとのエル・クラシコで2連勝するなど、リーグの最多勝ち点記録を上回るペースで勝ち点を積み重ね、36節終了後に優勝を決めた。決勝でアスレティック・ビルバオを倒したコパ・デル・レイ、マンチェスター・ユナイテッドを倒したUEFAチャンピオンズリーグと合わせ、就任1年目にしてスペインサッカー史上初となる3冠達成を果たした。3冠達成後には「このチームがクラブ史上最強だとは思わないが、最高の成績は残せた」と語った。ジョゼップ・グアルディオラ フレッシュアイペディアより)

  • クラレンス・セードルフ

    クラレンス・セードルフから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    アヤックス、レアル・マドリード、ミランと異なる3クラブでUEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験した史上唯一の選手。またこれら3チームで3つのリーグを制覇した。クラレンス・セードルフ フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ロマン・アラルコン

    フランシスコ・ロマン・アラルコンから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    イスコ()ことフランシスコ・ロマン・アラルコン・スアレス(, 1992年4月21日 - )は、スペイン・アンダルシア州マラガ県出身、レアル・マドリード所属のスペイン代表サッカー選手。ポジションはFW、MF。フランシスコ・ロマン・アラルコン フレッシュアイペディアより)

  • アンドレス・イニエスタ

    アンドレス・イニエスタから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    8歳のときに地元アルバセテ・バロンピエの下部組織に入団した。12歳の時に出場した全国大会ではほれぼれするほどのドリブル能力と視野の広さを見せ、様々なクラブから注目を集めた。レアル・マドリードの下部組織に入団する予定だったが、両親の意向で取りやめられ、両親とFCバルセロナの下部組織寮(ラ・マシア)を見学して好印象を持ったことからFCバルセロナに入団した。MFセスク・ファブレガス同様、入団当初は守備的ミッドフィールダーだったが、ボディバランス、精密なコントロール、ボールキープの技術などが評価されて攻撃的ミッドフィールダーに転向した。シャイな性格であり、ラ・マシアではしばしばホームシックにかかった。U-15チームではキャプテンを務め、1999年のナイキ・プレミア・カップ決勝ではロスタイムに決勝点を挙げて優勝に貢献し、大会最優秀選手に選ばれた。イニエスタにトロフィーを手渡したのは,当時トップチームでキャプテンを務めていたMFジョゼップ・グアルディオラであり、グアルディオラは「今まで見た中で最高の選手」と記した写真をイニエスタに贈った。グアルディオラはクラブの若手有望株だったMFシャビに「じきにお前は俺を引退に追い込むだろうが、あの坊や(イニエスタ)が俺たちふたりを引退に追い込むかもしれないぞ」と語りかけたのはこの大会時であったと伝えられている 。アンドレス・イニエスタ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・アセンシオ

    マルコ・アセンシオから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    マルコ・アセンシオ・ウィリムセン(Marco Asensio Willemsen、1996年1月21日 - )は、スペイン・パルマ・デ・マヨルカ出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。ポジションはミッドフィールダー。スペイン代表。マルコ・アセンシオ フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    レアル・マドリードの下部組織出身。1999年にトップチームに昇格すると、その後16シーズンで公式戦725試合に出場(ラウール・ゴンザレスに次いでクラブ歴代2位)して18タイトルを獲得した。スペイン代表として歴代最多出場、UEFAチャンピオンズリーグ歴代最多出場記録、UEFA主催クラブ大会歴代最多出場などの記録を持っている。リーガ・エスパニョーラやコパ・デル・レイ、スーペルコパなどの国内タイトルのほか、FIFAワールドカップ、UEFA欧州選手権、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップなどのメジャータイトルを主将として獲得した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • レアル・ベティス

    レアル・ベティスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1931年から1939年まではスペインで第二次共和制が成立し、ベティスとレアル・マドリードはクラブ名から「レアル」の文字を取り除いた。スペイン内戦後に再びレアル・ベティス・バロンピエに戻るまで、ベティスは単にベティス・バロンピエ (Betis Balompié) と呼ばれた。1931-32シーズン、ベティスはクラブ創設25周年を初のセグンダ・ディビシオン(2部)優勝で祝い、アンダルシア州のクラブとして初めてプリメーラ・ディビシオン(1部)に参戦した。1934-35シーズンにはパトリック・オコネル監督に導かれ、クラブ初の(そして唯一の)リーグ優勝を果たした。FCバルセロナ、アスレティック・ビルバオ、レアル・マドリードに次ぐ4つ目の優勝クラブであった。1935-36シーズンには7位に終わり、前年度優勝クラブでありながらセグンダ・ディビシオン降格となった。これは、貧弱な財政状況に悩まされたことや、内戦への突入によって優勝メンバーのペラルとサーロが離脱し、優勝チームの分解が進んだためである。1936年から1939年まではリーグ戦自体が開催されず、内戦終結後の1939-40シーズンに復活したが、このシーズン終了後に再びセグンダ・ディビシオン降格となった。レアル・ベティス フレッシュアイペディアより)

1093件中 21 - 30件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード