1093件中 31 - 40件表示
  • ジョゼップ・サミティエール

    ジョゼップ・サミティエールから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    選手としてFCバルセロナ、マドリードCF、OGCニース、そしてカタルーニャXIとスペイン代表でプレーした。後に監督としてアスレティック・マドリード、OGCニース、CFバルセロナを指導し、さらにスカウトとしてCFバルセロナとレアル・マドリードで働いた。FCバルセロナで彼はパウリノ・アルカンタラに次ぐクラブ歴代通算ゴール数2位の326ゴールを挙げた。選手としての彼は中盤の将軍的な役割の先駆者であり、「魔法使い (mag)」と「ロブスターマン (l'home llagosta)」のニックネームをつけられた。ジョゼップ・サミティエール フレッシュアイペディアより)

  • ルカ・モドリッチ

    ルカ・モドリッチから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    ルカ・モドリッチ(; 、1985年9月9日 - )は、クロアチア・ザダル出身、レアル・マドリード所属の同国代表サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。主にセントラルミッドフィールダーとしてプレーする。ルカ・モドリッチ フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    UEFAチャンピオンズリーグでは過去7回の優勝を経験しており、レアル・マドリードの12回に次ぐ歴代2位の優勝回数を誇る。イタリア国内で同大会を制覇した経験のある他の2チームの優勝回数を大きく引き離しており(インテルは3回、ユヴェントスは2回)、イタリアセリエAで最も成功したクラブの一つであると目されている。同大会で5回の優勝、或いは3連覇を達成したクラブにはビッグイヤー(UEFAチャンピオンズリーグ優勝杯)の永久保持が認められるとともに、ビッグイヤーのロゴと優勝回数が書かれたワッペンをユニフォーム左袖に付けることが許されているが、このワッペンをつけているのはACミランの他はレアル・マドリード、アヤックス・アムステルダム、バイエルン・ミュンヘン、リヴァプールFC、FCバルセロナの5クラブのみである。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • オスカル・ミニャンブレス

    オスカル・ミニャンブレスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    右サイドならオフェンシブでもディフェンシブでもプレーできる。レアル・マドリードのカンテラ出身。オスカル・ミニャンブレス フレッシュアイペディアより)

  • プスカシュ・アカデーミアFC

    プスカシュ・アカデーミアFCから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2007年4月1日、プスカシュ・アカデーミアはハンガリーの首相を務めた政治家のオルバーン・ヴィクトルによって創設された。クラブ名は同年に生誕80年を迎えたハンガリーを代表するサッカー選手で、ハンガリー代表(マジック・マジャール)やレアル・マドリード、ブダペスト・ホンヴェードで活躍したフェレンツ・プスカシュ(2006年没)に由来している。2014年4月21日、イースター・マンデー(復活祭の翌日の月曜日)に建築家のイムレ・マコヴェッツ(2011年没)の設計によるパンチョ・アリーナが開場した。パンチョはフェレンツ・プスカシュの愛称の一つである。プスカシュ・アカデーミアFC フレッシュアイペディアより)

  • ルベン・グラシア・カルマチェ

    ルベン・グラシア・カルマチェから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2002-03シーズンからレアル・サラゴサの主力として活躍していたが、2005-06シーズンの活躍は出色で、チーム内MVPといえるものだった。サラゴサではコパ・デル・レイやスーペルコパ・デ・エスパーニャ優勝の経験がある。レアル・マドリード、アトレティコ・マドリード、ビジャレアルCF、バレンシアCFからオファーがあったが、サラゴサ側がどのクラブとも合意に達しなかったため、代理人がビジャレアルCFを選択した。ルベン・グラシア・カルマチェ フレッシュアイペディアより)

  • サンティアゴ・ソラーリ

    サンティアゴ・ソラーリから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    生まれ故郷のロサリオから、アメリカのに渡り、1996年にCAリーベル・プレートに移籍し、プロデビューを果たす。3シーズン後の1998年にスペイン・リーガ・エスパニョーラのアトレティコ・マドリードに移籍した。1999-2000シーズン終了後にセグンダ・ディビシオン(2部)降格が決定し、ライバルのレアル・マドリードに移籍した。2000-01シーズンはコンディションを整えるのに苦労したが、2001-02シーズンには立ち位置を確立し、UEFAチャンピオンズリーグでの成功に大きな役割を果たした。2002-03シーズンは控えに降格したがしかし、加入してふたつめのリーグタイトル獲得を助けた。2003-04シーズンはレギュラーに復帰したが、リーグ戦4位という失望のシーズンとなり、コパ・デル・レイやUEFAチャンピオンズリーグでも優勝を逃した。2004-05シーズン中にはクラブとの契約を延長した。レアル・マドリード時代にはセンターハーフ、オフェンシブハーフ、ディフェンシブハーフ、左サイドハーフと中盤のあらゆるポジションをこなしただけでなく、左サイドバックや左ウイングとして出場したこともあった。サンティアゴ・ソラーリ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2016-17 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2016-17 決勝から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    UEFAチャンピオンズリーグ2016-17 決勝 (-けっしょう、)は、欧州サッカー連盟 (UEFA)により開催されるUEFAチャンピオンズリーグ 2016-17の決勝戦であり、25回目のUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦である (UEFAチャンピオンズカップ時代を含めると62回目)。試合は2017年6月3日土曜日にカーディフのナショナルスタジアム・オブ・ウェールズで開催され、セリエA (サッカー)に所属するユヴェントスとリーガ・エスパニョーラに所属するレアル・マドリードの間で行われた。UEFAチャンピオンズリーグ 2016-17 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2014-15

    UEFAチャンピオンズリーグ 2014-15から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14優勝でUEFAチャンピオンズリーグ 2014-15・グループステージ出場権を獲得したレアル・マドリードがリーガ・エスパニョーラで3位になったことにより、リーガ・エスパニョーラ3位に与えられる予定だったグループステージ出場枠が空いたため、各協会の参加ラウンドは以下のように変更された。UEFAチャンピオンズリーグ 2014-15 フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ2016・決勝

    FIFAクラブワールドカップ2016・決勝から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    FIFAクラブワールドカップ2016・決勝(-けっしょう、)は、国際サッカー連盟(FIFA)により開催されるFIFAクラブワールドカップ2016の決勝戦であり、13回目のFIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)の決勝戦である。試合は2016年12月18日(現地時間)に日本・横浜市の横浜国際総合競技場で開催され、ヨーロッパ王者のレアル・マドリード(スペイン)と開催国王者の鹿島アントラーズ(日本)の間で行われた。FIFAクラブワールドカップ2016・決勝 フレッシュアイペディアより)

1093件中 31 - 40件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード