1093件中 41 - 50件表示
  • ミゲル・ムニョス

    ミゲル・ムニョスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    ミゲル・ムニョス(Miguel Muñoz Mozún, 1922年1月19日 - 1990年7月16日)は、スペインのサッカー選手・監督である。レアル・マドリードの黄金時代を選手として、監督として支えた人物であり、レアル・マドリード史上最も長期間にわたってトップチームを指揮した監督である。また、選手と監督の両方でチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)優勝を成し遂げた史上初の人物としても知られる。ミゲル・ムニョス フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・モリエンテス

    フェルナンド・モリエンテスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    アルバセテBPとレアル・サラゴサでの活躍から1997年にレアル・マドリードに移籍を果たし、リーガ・エスパニョーラ優勝2回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝3回など数々のタイトルを獲得した。2005年1月に移籍したリヴァプールFCでもUEFAチャンピオンズリーグ優勝を果たし、その後はバレンシアCFとオリンピック・マルセイユに所属した。2010年に現役引退してテレビの解説者に転身したが、2015年に一時的にスペイン6部リーグので現役復帰した。フェルナンド・モリエンテス フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・アントニオ・レジェス

    ホセ・アントニオ・レジェスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2005-06シーズンのアーセナルはチャンピオンズリーグを順調に勝ち進み、レアル・マドリード、ユヴェントス、ビジャレアルなどの強豪が彼の獲得に興味を示した。FCバルセロナとの決勝は試合途中から起用されたが、1-2で敗れて準優勝に終わった。ホセ・アントニオ・レジェス フレッシュアイペディアより)

  • エミリオ・ブトラゲーニョ

    エミリオ・ブトラゲーニョから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    「エル・ブイトレ」(ハゲワシ)のあだ名を持ち、当時のスペイン代表、レアル・マドリードを代表する選手の一人。1980年代後半のキンタ・デル・ブイトレと呼ばれたレアル・マドリードの中心人物であり、2004年にはFIFAとペレが選ぶ「偉大なサッカー選手100人」であるFIFA100にも選ばれた。エミリオ・ブトラゲーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ミチェル

    ミチェルから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    クロスの精度や決定力などが持ち味であった。10年以上に渡ってレアル・マドリードに在籍し、数々のタイトルを獲得している。スペイン代表としては66試合に出場して21得点を挙げ、2度のFIFAワールドカップと1度のUEFA欧州選手権に出場した。現役引退後は指導者としての道を歩んでいる。ミチェル フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・カルヴァーリョ

    リカルド・カルヴァーリョから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1996-97シーズンにポルトガルの名門FCポルトの下部組織に入団。翌年にはトップチームでデビューを果たした。1999-00・2000-01シーズンはレンタル移籍されたが、2002年にジョルジュ・コスタの代役としてジョゼ・モウリーニョに抜擢されると2002-03シーズンには多くのタイトルを獲得。カルヴァーリョはポルトガル年間最優秀選手賞を受賞する活躍をした。2004年にはリーグ、スーパーカップ連覇のほかクラブ2度目となるUEFAチャンピオンズリーグ優勝を果たし、チャンピオンズリーグに全試合フル出場したカルヴァーリョもUEFA最優秀DF賞、UEFAチーム・オブ・ザ・イヤーを獲得した。また、その年のバロンドールではルート・ファン・ニステルローイと並んでディフェンダー最上位となる9位に選ばれた。そうした活躍で注目を集めたカルヴァーリョに対して、2004年夏の移籍市場でインテルやFCバルセロナ、レアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッドなどが獲得のための調査を行い、レアル・マドリードは移籍金700万ポンドを提示した。しかし、ポルト側は2,000万ポンド未満でのオファーは受け付けないとし、そのオファーを拒否した。その後、ロマン・アブラモヴィッチが買収して資金力を得たチェルシーから移籍金3000万ユーロのオファーを受けた。リカルド・カルヴァーリョ フレッシュアイペディアより)

  • フェレンツ・プスカシュ

    フェレンツ・プスカシュから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    ハンガリー代表の主将として1950年前半から1954年に1954 FIFAワールドカップ決勝で敗れるまで4年間無敗を続け、「マジック・マジャール」と呼ばれたチームの中心選手として活躍した。クラブチームでもホンヴェードやレアル・マドリードに所属して国内リーグを合計10度、UEFAチャンピオンズカップを3度制覇したハンガリーと1950年代のヨーロッパを代表する選手である。左足での技巧的な足技と強力なシュートを持ち味とし、「疾走少佐」(Száguldó Őrnagy, Gallopping Major)と呼ばれた。フェレンツ・プスカシュ フレッシュアイペディアより)

  • ラウール・アルビオル

    ラウール・アルビオルから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    9歳の時にベニドルムCFの下部組織に入団し、バレンシアの下部組織との練習試合で活躍を見せたことからバレンシアのトライアルを受け、バレンシアの下部組織に移った。2003年9月24日、18歳4日の時にUEFAカップ1回戦・AIKソルナ戦でトップチームデビューしたが、2003-04シーズンはバレンシアCF・メスタージャでプレーした。2004年8月にはヘタフェへのレンタル移籍が決まったが、その直後に自動車事故に巻き込まれ、昏睡状態まで陥った。半年後に戦線復帰し、2005年1月15日のアトレティコ・マドリード戦(1-1)で復帰した。キケ・サンチェス・フローレス監督に重用され、3月のレアル・マドリード戦(2-1)では強豪相手の金星に導く得点を挙げた。ラウール・アルビオル フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・カペッロ

    ファビオ・カペッロから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    引退後は古巣のミラン、ローマ、ユヴェントスで監督を務め、それぞれをリーグ優勝に導いた。また、2度にわたってスペインのレアル・マドリードの指揮官に就任し、在任2シーズンで2度のリーグ制覇を達成した。その後、イングランド代表、ロシア代表監督を歴任。ファビオ・カペッロ フレッシュアイペディアより)

  • SHO-NO

    SHO-NOから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    その後、サッカーのルールを覚え、陸上部に入部。2005年にジュビロとレアルマドリードが対戦したのをきっかけに、海外サッカーを家で見られる環境だったこともあり、海外サッカーにも興味を抱くようになる。SHO-NO フレッシュアイペディアより)

1093件中 41 - 50件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード