1093件中 51 - 60件表示
  • キケ・サンチェス・フローレス

    キケ・サンチェス・フローレスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    右サイドバックとして、バレンシアCF、レアル・マドリード、およびレアル・サラゴサでプレー。バレンシアではキャリアの大半となる10シーズンを過ごし、2シーズンを過ごしたレアル・マドリードではリーガ・エスパニョーラ制覇を経験した。キケ・サンチェス・フローレス フレッシュアイペディアより)

  • ジャシント・キンコセス

    ジャシント・キンコセスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    アラベスで10年プレーした後、シリアコと共にレアル・マドリードへ移籍した。レアル・マドリードでは前年に移籍をしていたリカルド・サモラと共に世界最高と評された鉄壁の守備陣を形成、移籍後初シーズンでは18試合で15失点に抑え、クラブ初となるスペインリーグのタイトルを無敗優勝という形で手にした。その後もリーグ連覇やコパ・デル・レイを獲得した。また、フェリックス・ケサダの退団した1936年よりキャプテンも務めた。ジャシント・キンコセス フレッシュアイペディアより)

  • カリム・ベンゼマ

    カリム・ベンゼマから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    カリム・ムスタファ・ベンゼマ(、 1987年12月19日 - )は、フランス・リヨン出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリード所属。カリム・ベンゼマ フレッシュアイペディアより)

  • キコ・カシージャ

    キコ・カシージャから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    フランシスコ・"キコ"・カシージャ・コルテス(Francisco "Kiko" Casilla、1986年10月2日 - )は、スペイン・カタルーニャ州出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ、レアル・マドリード所属。スペイン代表である。ポジションはゴールキーパー。キコ・カシージャ フレッシュアイペディアより)

  • 今野敏晃

    今野敏晃から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    今野 敏晃 (こんの としあき、1975年7月13日 - )は、株式会社グラスルーツ代表取締役。スポーツコンサルタント。レアル・マドリード財団テクニフィケーションSCHリレーションシップディレクター。今野敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • マラガCF

    マラガCFから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2006年、かつてレアル・マドリードの会長を務めたロレンソ・サンスがクラブの株式の97%を取得し、かつて選手としてキャプテンを務めたロレンソの息子フェルナンド・サンスが会長に就任した。2006-07シーズンは良いスタートを切ったが、彼らの調子は劇的に落ち込んだ。ラスト6節のうち2節はセグンダB降格圏に沈んだが、この困難な状況を何とか打開し、セグンダ降格初年度を乗り切って残留を果たした。2007-08シーズンも7連勝するなどしてスタートダッシュを決め、昇格への軌道に乗っているように思われたが、やはり調子を崩し、首位の座をCDヌマンシアに奪われた。最終節はホームでのCDテネリフェ戦であり、プリメーラ昇格を決定づけるには勝利が必要であったが、アントニオ・イダルゴの2得点で2-1と勝利して2位の座を守り、3シーズンぶりのプリメーラ復帰を決めた。マラガCF フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    ヒホンが財政難に陥っていたこと、プリメーラ・ディビシオン(1部)に2シーズン振りに昇格したサラゴサがストライカーを探していたことから、2003年夏に移籍金約300万ユーロでサラゴサに移籍した。デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でデビューし、レアル・ムルシア戦でプリメーラ初得点を決めた。2003年12月4日のビルバオ戦では2得点し、2004年4月25日のセビージャ戦ではチームの全4得点を一人で叩き出した。初体験のプリメーラでも通用することを示し、2003-04シーズンは計16ゴールを決めた。このシーズンのコパ・デル・レイでは決勝まで勝ち進み、レアル・マドリードを3-2で破って3年ぶりの優勝を果たした。サラゴサのファンは「¡Illa, illa, illa, Villa maravilla!(イジャ、イジャ、イジャ、ビジャ・マラビージャ)」(maravillaは「驚くべき」「素晴らしい」の意)というイムノHimno(チャント)を歌った。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・マリア・カジェホン・ブエーノ

    ホセ・マリア・カジェホン・ブエーノから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    レアル・マドリードのカンテラ出身。2007年5月にレアル・マドリード・カスティージャでデビュー。2006-07シーズンは4試合に出場、無得点に終わったが、2007-08シーズンには37試合に出場、セグンダ・ディビシオンBグループ1最多となる21得点を記録した。ホセ・マリア・カジェホン・ブエーノ フレッシュアイペディアより)

  • アルフレッド・ディ・ステファノ

    アルフレッド・ディ・ステファノから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    愛称は「LA SAETA RUBIA(金髪の矢)」。1950年代後半にUEFAチャンピオンズカップ5連覇を達成したレアル・マドリード黄金時代のエースとして活躍し、それまで2度しかリーグ優勝の経験がなかったレアル・マドリードを20世紀最優秀クラブに選ばれるほどのビッグクラブへと変えた選手である。また3ヶ国(アルゼンチン、コロンビア、スペイン)の代表経験があり、生涯では1126試合、893得点という記録を打ち立てた。一方でFIFAワールドカップでのプレー経験はなく、ジョージ・ベストらと共にワールドカップに出場していないスター選手の代表格として知られる。アルフレッド・ディ・ステファノ フレッシュアイペディアより)

  • ロナウド

    ロナウドから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    貧しい暮らしの中で育ったロナウドは、2000年から国連開発計画(UNDP)の親善大使を務める。レアル・マドリード時代のチームメイトであり同じくUNDP親善大使であるジネディーヌ・ジダンとともに、貧困撲滅キャンペーンへの協力とチャリティマッチを開催している。この経緯から公共広告機構(現:ACジャパン)のCMに出演をした。ロナウド フレッシュアイペディアより)

1093件中 51 - 60件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード