782件中 51 - 60件表示
  • ラモン・カルデロン

    ラモン・カルデロンから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    ホセ・ラモン・カルデロン・ラモス(José Ramón Calderón Ramos、1951年5月26日 - )は、スペイン・パレンシア出身の弁護士。1979年よりレアル・マドリードのソシオであり、2006年から2009年までレアル・マドリードの会長を務めた。ラモン・カルデロン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ケイロス

    カルロス・ケイロスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1999年、南アフリカ代表監督に就任。日韓ワールドカップのアフリカ予選を突破し出場権を獲得したものの、大会直前の2002年2月に解任された。2002年の秋にマンチェスター・ユナイテッドのアシスタントコーチに就任。途中、2003年から2004年までレアル・マドリードの監督に就任したが、リーグ戦4位という成績と無冠に終わり解任される。解任後はマンチェスター・ユナイテッドのアシスタントコーチに復帰した。カルロス・ケイロス フレッシュアイペディアより)

  • ボド・イルクナー

    ボド・イルクナーから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    長年1.FCケルンでプレーを続けたが、1996年にファビオ・カペッロ監督の誘いを受けてスペインの強豪レアル・マドリーへ移籍。リーグ優勝やUEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献し、クラブでも大きなタイトルを手にした。晩年は怪我が多くなり試合出場は少なくなったが、若き日のイケル・カシージャスに多大な影響を与えたといわれる。2001年に現役引退した。ボド・イルクナー フレッシュアイペディアより)

  • ウリ・シュティーリケ

    ウリ・シュティーリケから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1977年、22歳の時にスペインのレアル・マドリードへ移籍。レアル・マドリードでは守備的MFからスイーパーへコンバートされると、在籍した8年間に1977年からリーグ3連覇、1980年、1982年のコパ・デルレイ、1985年のUEFAカップに貢献。リーグ最高のスイーパーの一人と評価された。ドン・バロン・アワードの最優秀外国人賞を最多の4度受賞している。ウリ・シュティーリケ フレッシュアイペディアより)

  • 銀河系軍団

    銀河系軍団から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    銀河系軍団(ぎんがけいぐんだん)とは2000年代前半から中盤の第一次フロレンティーノ・ペレス会長時代にかけて、レアル・マドリードが擁したスター選手達の愛称。スペイン語で「ロス・ガラクティコス(Los Galácticos)」とも称される。銀河系軍団 フレッシュアイペディアより)

  • ビクトール・サンチェス

    ビクトール・サンチェスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    レアル・マドリードの下部組織出身。レアル・マドリードBで1994-95シーズンは11試合、1995-96シーズンは25試合に出場した。そして1996年5月25日、シーズン最終戦のレアル・サラゴサ戦でトップチームデビューした。1996-97シーズンは1試合のみBチームの試合に出場したが、トップチームで36試合に出場して5得点した。このシーズンはリーガ・エスパニョーラとスーペルコパ・デ・エスパーニャの2冠に輝いた。1997-98シーズンは出場機会こそ減少したが、32シーズンぶりのUEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。レアル・マドリードでは65試合に出場した。ビクトール・サンチェス フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のバロンドール

    2002年のバロンドールから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2002年のバロンドールは、欧州各国のスポーツジャーナリストの投票によってサッカーの欧州年間最優秀選手を決める賞で、レアル・マドリードのロナウド(ブラジル)が受賞した。授賞式は2002年12月12日に行われた。2002年のバロンドール フレッシュアイペディアより)

  • サンティアゴ・ソラーリ

    サンティアゴ・ソラーリから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1994年にニューウェルス・オールドボーイズからプロデビューしたが、アメリカのリチャード・ストックトン・カレッジ(Richard Stockton College)でもプレーしている。1995年にCAリーベル・プレートに移籍し、 3シーズン後の1998年にスペイン・リーガ・エスパニョーラのアトレティコ・マドリードに移籍した。1999-2000シーズン終了後にセグンダ・ディビシオン(2部)降格が決定し、ライバルのレアル・マドリードに移籍した。2000-01シーズンはコンディションを整えるのに苦労したが、2001-02シーズンには立ち位置を確立し、UEFAチャンピオンズリーグでの成功に大きな役割を果たした。2002-03シーズンは控えに降格したがしかし、加入してふたつめのリーグタイトル獲得を助けた。2003-04シーズンはレギュラーに復帰したが、リーグ戦4位という失望のシーズンとなり、コパ・デル・レイやUEFAチャンピオンズリーグでも優勝を逃した。2004-05シーズン中にはクラブとの契約を延長した。レアル・マドリード時代にはセンターハーフ、オフェンシブハーフ、ディフェンシブハーフ、左サイドハーフと中盤のあらゆるポジションをこなしただけでなく、左サイドバックや左ウイングとして出場したこともあった。サンティアゴ・ソラーリ フレッシュアイペディアより)

  • エステバン・グラネロ・モリナ

    エステバン・グラネロ・モリナから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    8歳でレアル・マドリードのカンテラに加入。U-10ディビシオンでは1シーズンに83ゴールを挙げた。パラウ・サン・ジョルディで開かれたU-12の国際トーナメントではキャプテンを務め、FCバルセロナ戦延長の末グラネロのゴールで勝利。その試合のベストプレイヤーに選ばれた。17歳の時に、レアル・マドリードCに昇格する。2006年には、フアン・マタやアルベルト・ブエノらと共にコパ・デ・カンペオネス・フベニールに出場。レアル・バリャドリードに1-0の成績で勝利し優勝した。グラネロは先発出場し、76分に交代した。エステバン・グラネロ・モリナ フレッシュアイペディアより)

  • WAGs

    WAGsから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    デビッド・ベッカム・・・マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリードへ移籍したのは、ヴィクトリアと結婚して以前は素朴で地味だった彼は変わり練習にも遅刻したりパーティーなどにもヴィクトリアと同伴で出るようになって服装もお洒落になって彼の顔が知れ渡って人気も出、生活も派手になった事が理由とされている。それを咎めたアレックス・ファーガソン監督とベッカムがわかりあえず関係が悪化して移籍に踏み切った(過去にはキーンもベッカムのその生活を批判していた)。それ以来同監督は所属選手達の私生活に以前よりうるさくなったと噂されている。マドリードに来て1年目は妻の仕事の事もあってベッカムの単身赴任だったが、秘書との不倫が報じられ夫婦関係にも危機が訪れたが、後にヴィクトリアと和解。その後夫人と息子達もマドリードに住む事になった。WAGs フレッシュアイペディアより)

782件中 51 - 60件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード