1093件中 61 - 70件表示
  • リオネル・メッシ

    リオネル・メッシから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2006-07シーズンは故障による欠場が目立ったものの、右サイドから切れ込むドリブルが冴え渡り数々の印象的なプレイを披露する。バルセロナ最大のライバルであるレアル・マドリードとのエル・クラシコでは自身初のハットトリックを達成(試合結果は3-3)し、スペイン国王杯準決勝1stレグ、ホームでの対ヘタフェ戦においては、センターサークル付近から5人をかわして得点を決めた。後者はアルゼンチンサッカー界の英雄ディエゴ・マラドーナの1986 FIFAワールドカップにおける伝説の5人抜きゴールとほぼ同じコースを辿った、同じ13回のタッチでのゴールであり、当時のリーガ最少失点チーム相手に繰り出した「マラドーナ2世」と呼ばれる彼の「後継者」たる所以を見せ付けたスーパープレーだった。第37節のエスパニョール戦では、マラドーナばりの「神の手」ゴールも記録した。チームはリーガ3連覇とチャンピオンズリーグ2連覇のどちらも達成できずに終わったが自身はリーグ、カップ合計で36試合に出場し17得点と奮闘した。リオネル・メッシ フレッシュアイペディアより)

  • ラダメル・ファルカオ

    ラダメル・ファルカオから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    4月11日、レアル・マドリードとのマドリードダービーに初出場し、チーム唯一の得点を記録したが (1-4) で敗戦した。ヨーロッパリーグ準決勝のバレンシア戦 (4-2) で2得点を記録し、決勝進出に貢献。2012年5月9日、決勝戦のアスレティック・ビルバオ戦 (3-0) で先制の2ゴールを記録し、ポルト時代に続いての2季連続のヨーロッパリーグ制覇を成し遂げ、また自身も2季連続得点王に輝いた。リーグ戦ではリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ得点ランキング3位となる24得点を記録した。ラダメル・ファルカオ フレッシュアイペディアより)

  • マテオ・コヴァチッチ

    マテオ・コヴァチッチから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    マテオ・コヴァチッチ(Mateo Kovačić, 1994年5月6日 - )は、オーストリア・リンツ出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。クロアチア代表。ポジションはミッドフィールダー。マテオ・コヴァチッチ フレッシュアイペディアより)

  • ゴンサロ・イグアイン

    ゴンサロ・イグアインから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    フランスのブレストでサッカー選手の父の下に生まれ、イグアインが生後10ヶ月の時に一家はアルゼンチンへと移った。アルゼンチンのCAリーベル・プレートのユースに加入したイグアインは、2005年5月29日のクラブ・デ・ヒムナシア・イ・エスグリマ・ラ・プラタ戦でデビュー。若くして頭角を現し、2006年10月8日のボカ・ジュニアーズとのスーペルクラシコでは2得点を挙げ、注目を浴びる。2006-07シーズンの冬のオフ、1200万ユーロ(当時のレートで約20億円)でレアル・マドリードへと移籍。ゴンサロ・イグアイン フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マタ

    フアン・マタから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    父親がブルゴスCFに在籍していた関係でカスティーリャ・イ・レオン州のブルゴスに生まれたが、その後父親がレアル・オビエドに移籍したこともありアストゥリアス州・オビエドで育ち、レアル・オビエドの下部組織でサッカーを始めた。3シーズンの間レアル・オビエドの下部組織に在籍し、15歳の時にレアル・マドリードの下部組織に移ると、カデテA、フニベールC、フニベールBと順調に昇格した。フニベールAではリーグ戦で18得点を挙げ、コパ・デ・カンペオネス・フベニールでは3得点を決めて優勝に貢献し、フニベール・カップでも3得点を決めた。2006-07シーズンはレアル・マドリード・カスティージャに昇格し、アルバロ・ネグレドの18得点に次ぐチーム2位の9得点を挙げたが、クラブはセグンダ・ディビシオンB(3部)に降格した。フアン・マタ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・アルベルト・スアレス

    ルイス・アルベルト・スアレスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    後述の2014 FIFAワールドカップでの噛み付き行為により当初はあらゆるサッカー活動が禁止されていたが、スポーツ仲裁裁判所の裁定により処分が一部緩和され、練習参加とスタジアムへの立ち入りは認められた。10月24日に処分が終了し、リーグ戦第9節のレアル・マドリード戦で右WGとして先発デビュー。開始3分で先制点をアシストした。11月25日のUEFAチャンピオンズリーググループステージのAPOELニコシア戦にて先制点を挙げ公式戦初得点を記録した。12月20日、第16節のコルドバCF戦でリーグ戦初ゴール。シーズン前半はアシストなどで貢献するものの得点は伸び悩んだが、シーズン後半からは持ち前の得点感覚を発揮。デビュー戦以来のエル・クラシコとなる2015年3月22日のレアル・マドリード戦ではダニエウ・アウヴェスからのロングパスからの裏抜けで決勝点を決めた。5月2日のコルドバCF戦では移籍後初のハットトリックを達成した。チャンピオンズリーグでは決勝戦でユヴェントスFC相手に決勝ゴールを決め、シーズン途中からの参加でありながら公式戦25ゴール21アシストを記録しチームの主要タイトル3冠達成に貢献した。同じく南米のアルゼンチン出身であるリオネル・メッシ、さらにブラジル出身であるネイマールとの3トップは、それぞれの頭文字を合わせたMSNの愛称で呼ばれた。ルイス・アルベルト・スアレス フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ

    UEFAチャンピオンズリーグから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    監督として3度の優勝経験があるのはボブ・ペイズリーとカルロ・アンチェロッティの2名のみで、2度の優勝経験がある監督は17名いる。複数クラブでの優勝経験がある監督はカルロ・アンチェロッティ(レアル・マドリードとACミラン)、エルンスト・ハッペル(フェイエノールトとハンブルガーSV)、オットマー・ヒッツフェルト(ボルシア・ドルトムントとバイエルン・ミュンヘン)、ジョゼ・モウリーニョ(FCポルトとインテル・ミラノ)、ユップ・ハインケス(レアル・マドリードとバイエルン・ミュンヘン)の5名。選手・監督両方での優勝経験があるのはミゲル・ムニョス、ジョバンニ・トラパットーニ、ヨハン・クライフ、カルロ・アンチェロッティ、フランク・ライカールト、ジョゼップ・グアルディオラ、ジネディーヌ・ジダンの7名。UEFAチャンピオンズリーグ フレッシュアイペディアより)

  • トッテナム・ホットスパーFC

    トッテナム・ホットスパーFCから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2010年にはENICが前オーナーのアラン・シュガーやイージーグループの総帥ステリオス・ハジ=イオアヌが持つ株式を買収し、クラブ株式の85%を持つに至る。2010-11シーズンの夏の移籍市場ではレアル・マドリードからラファエル・ファン・デル・ファールトを獲得するなどをして注目を浴びた。初のUEFAチャンピオンズリーグでは、イタリアの強豪インテルナツィオナーレ・ミラノを抑えてGLを1位通過するとベスト16では同じくイタリアの強豪ACミランを破ってベスト8進出をするなど健闘した。一方、プレミアリーグではFW陣の得点不足やキーパーの凡ミスなどが問題となり惜しくも5位と2年連続のUEFAチャンピオンズリーグ出場はならずUEFAヨーロッパリーグに出場することになった。トッテナム・ホットスパーFC フレッシュアイペディアより)

  • パリ・サンジェルマンFC

    パリ・サンジェルマンFCから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2014年1月、世界最大の会計事務所である『デロイト』の調査によると、2012-13シーズンのクラブ収入は3億9880万ユーロであり、レアル・マドリード、FCバルセロナ、バイエルン・ミュンヘン、マンチェスター・ユナイテッドFCに次ぐ世界5位である。パリ・サンジェルマンFC フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・エンリケ

    ルイス・エンリケから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1989年に地元のスポルティング・ヒホンでプロデビュー。1991年にレアル・マドリードに移籍すると、中盤のダイナモとして機能し、リーグ優勝に大きく貢献した。1996年、起用法などを巡って首脳陣と対立し、ライバルチームのFCバルセロナに移籍した。現役時代はレアル・マドリードとFCバルセロナでプレーした。ルイス・エンリケ フレッシュアイペディアより)

1093件中 61 - 70件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード