782件中 61 - 70件表示
  • ジュリオ・バティスタ

    ジュリオ・バティスタから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2003年8月3日、175万ユーロ(375万ドル)の移籍金でリーガ・エスパニョーラのセビージャに移籍。背番号19のユニフォームを受け取り、攻撃的ミッドフィールダーのポジションで起用された。すぐにチームになじみ、アウェーでのラシン・サンタンデール戦 (4-0) では2得点を挙げた。シーズンが進んでも好調を維持し、レバンテ戦でも2得点を挙げ、ホームでのラシン・サンタンデール戦 (5-2) では4得点と爆発した。2003-04シーズンは25得点で得点王になったロナウドに次ぐ20得点を叩き出し、アーセナルなどいくつかのビッグクラブの興味を引いたが、2004年夏はセビージャに残留した。2004-05シーズンは得点ランク5位の18得点(公式戦通算25得点)を挙げ、再び自らの価値を示した。2003年の加入から2005年の間に公式戦81試合に出場して50得点を挙げ、2005年夏にはレアル・マドリードとアーセナルが争奪戦を繰り広げた。ジュリオ・バティスタ フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアン・フォベール

    ジュリアン・フォベールから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2009年1月、レアル・マドリードに移籍金150万ユーロでレンタル移籍した。しかし公式戦では1試合に後半途中から出場しただけだった。ジュリアン・フォベール フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・ポルラン

    ミゲル・ポルランから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    チェンドことミゲル・ポルラン・ノゲーラ(Miguel Porlan Noguera "Chendo"、1961年10月12日-)は、スペインの元サッカー選手。現役時代のポジションはDF(右サイドバック)。レアル・マドリードの下部組織出身であり、1997-98シーズンに引退するまでレアル・マドリード一筋だった。ミゲル・ポルラン フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・ビジャロンガ

    ホセ・ビジャロンガから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    レアル・マドリード監督としてUEFAチャンピオンズカップ優勝2回、スペイン代表監督としてUEFA欧州選手権1964優勝などの成績を残した。ホセ・ビジャロンガ フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・エインセ

    ガブリエル・エインセから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    ニックネームはグリンゴ(アルゼンチンのスペイン語で外国人を意味する)であり、パリ・サンジェルマンに所属していた時に名声を高め、2004年に移籍したマンチェスター・ユナイテッドFCとレアル・マドリードでは合わせて3つの主要なタイトルを手にした。ガブリエル・エインセ フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・サンチス・オンティジュエロ

    マヌエル・サンチス・オンティジュエロから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    父はレアル・マドリードやスペイン代表でプレーしたマヌエル・サンチス・マルティネスであり、チェーザレ・マルディーニ、パオロ・マルディーニ親子に続いて2組目となる親子2代で欧州王者を経験した。マヌエル・サンチス・オンティジュエロ フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・アランダ

    カルロス・アランダから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    レアル・マドリードの下部組織出身。トップチームでリーグ戦に出場した経験はないが、1999-2000シーズンと2001-02シーズンにそれぞれ1試合ずつ、UEFAチャンピオンズリーグ本戦グループリーグの試合に出場しており、この2シーズンにチームは8回目と9回目の優勝を飾っている。2002年1月、ソリアを本拠地とするCDヌマンシアに移籍した。シーズン終了後にビジャレアルCFに移籍したが出番は少なく、2003年1月にCDヌマンシアに復帰した。2004年にはセビージャFCに移籍し、UEFAカップのアレマニア・アーヘン戦で得点した。2005-06シーズンはアルバセテ・バロンピエにレンタルされた。カルロス・アランダ フレッシュアイペディアより)

  • ピースカップ (サッカー)

    ピースカップ (サッカー)から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    準決勝は7月31日に行われ、対戦カードはレアル・マドリード対ユヴェントス、アストン・ヴィラ対ポルトの組み合わせとなった。ピースカップ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ミジャ

    ルイス・ミジャから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    FCバルセロナの下部組織出身である。1984-85シーズン、トップチームの大多数がストライキに参加したために選手数が足らなくなったレアル・サラゴサ戦でトップチームデビューを果たすと、その試合で初得点も決めた。その後もFCバルセロナBなどでのプレーが続いたが、1988年に正式にトップチームに登録され、1988-89シーズンにはUEFAカップウィナーズカップで優勝した。1989-90シーズンのコパ・デル・レイではエスタディオ・デ・メスタージャで行われた決勝でレアル・マドリードを下して優勝した。1989年後半には1990 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のハンガリー戦でスペイン代表デビューし、1989年中にさらに2試合に出場した。1990年にはヨハン・クライフ監督やクラブ首脳陣との契約延長交渉がうまくゆかず、最終的には契約満了によるフリートランスファーでライバルのレアル・マドリードに移籍した。1990-91シーズンには深刻な怪我を負ったが、復帰後はチームの中心選手となり、1994年夏にフェルナンド・レドンドが加入してからもかなりの試合に起用された。1992-93シーズンにコパ・デル・レイで優勝し、1994-1995シーズンと1996-1997シーズンにはリーガ・エスパニョーラで優勝しているほか、1990年と1993年にはスーペルコパ・デ・エスパーニャのタイトルを獲得している。1997年にはバレンシアCFに移籍して4シーズンでリーグ戦79試合に出場し、2001年6月に現役引退した。プロ選手生活で400試合以上に出場している。ルイス・ミジャ フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ヘント

    フランシスコ・ヘントから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    フリオ、アントニオという2人の弟もサッカー選手であり、レアル・マドリードでプレーしていたこともあったが、兄のフランシスコほどの成功は手にできなかった。フランシスコ・ヘント フレッシュアイペディアより)

782件中 61 - 70件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード