1093件中 71 - 80件表示
  • カカ (サッカー選手)

    カカ (サッカー選手)から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2006-07シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグにて10得点を決めブラジル人としてはリバウド以来の得点王となり、チャンピオンズリーグ優勝の原動力となった。また、FIFAクラブワールドカップ2007では1得点3アシストの大活躍を見せ、UEFA年間最優秀選手に輝くと共に、欧州代表として初となるFIFAクラブワールドカップ優勝に導いた。これらの活躍を評価され、2007年はバロンドール、FIFA年間最優秀選手賞、FIFPro年間最優秀選手賞、英誌ワールドサッカー選出世界年間最優秀選手賞をいずれも初受賞した。また、同年にはレアル・マドリードから8000万ユーロ(約140億円)の移籍金と手取り1400万ユーロ(約20億円)のオファーがあったが、本人は「レアルは僕が欲しいなら、ベルルスコーニ会長の首を縦に振らせればいい」と言い、パオロ・マルディーニ引退後にキャプテンを継ぎたいと語った。そして、2008年には2013年までACミランとの契約を延長した。カカ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • フリスト・ストイチコフ

    フリスト・ストイチコフから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1990年夏にFCバルセロナへ移籍。ストイチコフを獲得した理由についてヨハン・クライフは「我々のクラブにテクニシャンは大勢いるが、彼のような強い個性とアグレッシブさを持ち合わせる選手を必要としていた」と語っている。同年12月5日に敵地で行われたスーペルコパのレアル・マドリード戦で不利な判定を受けたことで主審に抗議し退場処分を受けたが、この判定に怒りを露わにし審判の脚を踏みつける報復行為を行ったため物議を醸した。この審判への暴力行為に対し6か月(後に2か月に免除)の出場停止処分を受けた。フリスト・ストイチコフ フレッシュアイペディアより)

  • キャプテン翼

    キャプテン翼から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    翼はリーガ・エスパニョーラのバルセロナに移籍するが、10番を背負うリバウールとのポジション争いに敗れBチームに降格。若林はハンブルクの正GKとしてシュナイダーらを擁するB・ミュンヘンとの一戦に挑むも、試合時の判断を巡り監督と衝突。日向はユベントスへ移籍しリーグデビューを果たすも、世界トップレベルの選手達に圧倒されるなど挫折を経験する。一方、日本国内では岬や三杉や松山らがJリーグのクラブへと入団してポジションを獲得、プロの舞台で互いにしのぎを削りあう。その後、翼はトップチーム再昇格を果たすと、ナトゥレーザを擁するR・マドリッドとのエル・クラシコに出場、途中出場したリバウールとのコンビで勝利に導く。キャプテン翼 フレッシュアイペディアより)

  • アルバロ・モラタ

    アルバロ・モラタから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2008年にヘタフェCFのユースからレアル・マドリードへ移り、フベニールCでプレーを始める。2010年6月には、フベニールAで34得点を挙げて2つのユースタイトルを獲得し、レアル・マドリード・カスティージャへ昇格した。その後、トップチームの監督を務めるジョゼ・モウリーニョは、モラタを含め5人の下部組織の選手をプレシーズンのアメリカ遠征に帯同させた。カスティージャでのデビュー戦となった8月15日のADアルコルコンとの親善試合では、その試合唯一の得点を決めて勝利に貢献した。アルバロ・モラタ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ヴァラン

    ラファエル・ヴァランから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    ラファエル・ヴァラン(Raphaël Varane、1993年4月25日 - )は、フランス・リール出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。フランス代表。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。ラファエル・ヴァラン フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・トーレス

    フェルナンド・トーレスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    最大のライバルであるレアル・マドリードとのマドリードダービーでは得点できない期間が続いたが、移籍前最後のダービーとなった2006-07シーズンのホーム戦でマドリードダービー初得点を決めた。2002-03シーズンから2006-07シーズンまでのマドリードダービーの戦績は0勝4分6敗(ホームでは0勝1分4敗)であり、ついに勝ち星を挙げることができなかった。フェルナンド・トーレス フレッシュアイペディアより)

  • トロフェオ・ルイジ・ベルルスコーニ

    トロフェオ・ルイジ・ベルルスコーニから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    この大会はACミランのオーナーであるシルヴィオ・ベルルスコーニにより彼の父ルイジを追悼するために創設され、当初はミランとUEFAチャンピオンズリーグの優勝チームが対戦する予定だった。しかし、第1回大会(1991年8月23日)はレッドスター・ベオグラードの代わりにユヴェントスと対戦した。その後の3シーズン、ミランはインテル、レアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘンと対戦し、そのすべてに勝利した。1995年以降はミランとユヴェントスが争う大会となった。トロフェオ・ルイジ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

  • ピースカップ (サッカー)

    ピースカップ (サッカー)から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    準決勝は7月31日に行われ、対戦カードはレアル・マドリード対ユヴェントス、アストン・ヴィラ対ポルトの組み合わせとなった。ピースカップ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・ポルティージョ

    ハビエル・ポルティージョから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1994年、12歳の時にレアル・マドリードの下部組織に入団すると、下部組織での7シーズンで豊かな得点力をみせつけて150得点以上を記録し、ラウル・ゴンサレスが保持していた記録を打ち破った。2002年には初めてプロ契約(2007年まで)を交わし、違約金は3500万ユーロに設定された。同年10月6日、デポルティーボ・アラベス戦 (5-2) でトップチームデビューし、2002-03シーズンのリーグ戦は10試合の出場ながら5得点を挙げた。同シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは、2次リーグのボルシア・ドルトムント戦でロスタイムに同点ゴールを決めたが、結果的にはこの1点が敗退と準々決勝進出を分けた。ハビエル・ポルティージョ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ケロ

    フアン・ケロから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    レアル・マドリードの下部組織でサッカーを始めた。テルセーラ・ディビシオン(スペイン4部)のDAV Santa Anaを経て、2005年にセグンダ・ディビシオンB(3部)のADアルコルコンに加入した。フアン・ケロ フレッシュアイペディアより)

1093件中 71 - 80件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード