782件中 71 - 80件表示
  • ニシュ

    ニシュから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    クラブチームには、全国リーグに在籍するラドニツキ・ニシュがあるが、2002 - 2003シーズンの結果により、トップリーグを陥落した。ラドニツキ・ニシュ出身の有名選手に、ドラガン・ストイコビッチ(オリンピック・マルセイユ、名古屋など)、デヤン・ペトコビッチ(レアル・マドリード、フラメンゴなど)などがいる。ニシュ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のサッカー

    2006年のサッカーから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    4月26日 - フランス代表でレアル・マドリード所属のジネディーヌ・ジダンがドイツW杯をもって現役を引退すると表明。2006年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • ノースウェスト・ダービー

    ノースウェスト・ダービーから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    第二次世界大戦前にはトム・チャールトン(Tom Chorlton)、ジャッキー・シェルドン(Jackie Sheldon)、トム・ミラー(Tom Miller)などが、第二次大戦後にはトマス・マクナルティ(Thomas McNulty)が両クラブ間を直接移籍した。1964年にフィル・チスナル(Phil Chisnall)がマンチェスター・UからリヴァプールFCに移籍してからクラブ間のライバル意識が激しくなり、その後は半世紀近くも両クラブ間の移籍は行われていないが、何人かの選手は両方のクラブでのプレーを経験している。ポール・インスはインテルを間に挟み、ピーター・ベアズリー(Peter Beardsley)はバンクーバー・ホワイトキャップスとニューカッスル・ユナイテッドFCを間に挟み、マイケル・オーウェンはレアル・マドリードとニューカッスル・Uを間に挟んで両クラブに在籍した。2007年にはアルゼンチン代表のガブリエル・エインセがリヴァプールFCに移籍する可能性があった。リヴァプールFCはマンチェスター・Uが定めた移籍金680万ポンドを準備していたが、マンチェスター・Uは優勝を争っているライバルにエインセが移籍することを認めず、移籍するならばイングランド国外のクラブのみであるとエインセに伝えた。エインセは契約に反するとしてプレミアリーグの仲裁委員会に訴えたが、仲裁委員会はエインセの主張を却下した。エインセが移籍願望を公言したことはマンチェスター・Uのファンには究極の背信行為に映り、かつて彼に敬意を表したチャントを歌った彼らはエインセに背を向けた。エインセは結局スペインのレアル・マドリードに売られて移籍した。ノースウェスト・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1度の優勝経験があるFCバルセロナは5度目の決勝進出であり、アーセナルFCはロンドンに本拠地を置くクラブとして初の決勝進出で初優勝を目指した。決勝に進出するにはグループリーグと決勝トーナメントを合わせて12試合を戦わなければならない。FCバルセロナはグループリーグを勝ち抜いた後、チェルシーFC、SLベンフィカ、ACミランを下して決勝に進出し、アーセナルFCはグループリーグを勝ち抜いた後、レアル・マドリード、ユヴェントス、ビジャレアルCFを下して決勝に駒を進めた。UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • オス (オランダ)

    オス (オランダ)から見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    現在のオス市にはDiosynth社、Organon International社といった化学・製薬工場がある。またオス市はプロ・サッカー・チームのTOP Ossがある。レアル・マドリードのスター選手、ルート・ファン・ニステルローイはオス市の出身である。オス (オランダ) フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ガルデアーノ・ベニテス

    アントニオ・ガルデアーノ・ベニテスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    地方クラブであるUDサン・ペドロからデビューし、2004年にセグンダ・ディビシオンB(3部)のUDマルベーリャに移籍した。3シーズンをそこで過ごし、2007年7月にセグンダ・ディビシオン(2部)のマラガCFに移籍した。UDマルベラ時代にも師事したフアン・ラモン・ロペス・ムニス監督の下クラブの中心選手として輝き、2007-08シーズンに2位でプリメーラ・ディビシオン(1部)昇格を果たした。2008年8月31日のアトレティコ・マドリード戦でプリメーラデビューを果たすと、プリメーラでもレギュラーポジションを守り、7つのPK成功を含む9得点を決めた。特筆すべきは11月8日のアウェーでのレアル・マドリード戦で、PKで勝ち越し点となる3点目を挙げたが、相手FWゴンサロ・イグアインの4得点の活躍で勝利を逃した。この活躍により、フランスのレキップ紙によってリーガ・エスパニョーラの新星ベストイレブンに選出されている。2009-10シーズンはしばしば怪我に悩まされ、24試合の出場・2得点(PKによる得点なし)に終わった。アントニオ・ガルデアーノ・ベニテス フレッシュアイペディアより)

  • ロブソン・ポンテ

    ロブソン・ポンテから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1996年、地元のサッカークラブ・CAジュベントスでプロ選手としてデビューした。グアラニFCを経てドイツのバイエル・レバークーゼンへ移籍。入団当初はあまり活躍できず、2001年にVfLヴォルフスブルクにレンタルされた。そこでの活躍が認められ、2003年にレバークーゼンへ復帰した。2004年にレバークーゼンの一員としてUEFAチャンピオンズリーグに出場した。当時のチームメイトにはドイツ代表のシュナイダー、ブルガリア代表のベルバトフ、後に柏レイソルへ移籍することとなるフランサらがいた。グループリーグではレアル・マドリードと対戦して3-0で勝利した。ロブソン・ポンテ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・サンス

    フェルナンド・サンスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    現役時代はレアル・マドリードやマラガCFなどに所属し、250試合を超える公式戦に出場した。フェルナンド・サンス フレッシュアイペディアより)

  • レクレアティーボ・ウェルバ

    レクレアティーボ・ウェルバから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1977-78シーズンにはレアル・マドリードの下部組織出身のイポリト・リンコンなどに導かれ、クラブ初のプリメーラ・ディビシオン(1部)昇格を果たした。1978-79シーズンには初めてトップリーグの舞台で戦ったが、わずか1シーズンでセグンダ降格となり、1990年までセグンダに在籍した。1989-90シーズン終了後にセグンダ・ディビシオンB(現3部相当)に降格し、1997-98シーズンまでセグンダBでのプレーを強いられた。1998年にセグンダに復帰すると、2001-02シーズンはセグンダで3位となってクラブ史上2度目のプリメーラ昇格を果たした。2002-03シーズンのリーグ戦では18位と低迷して再びセグンダ降格となるが、コパ・デル・レイではクラブ史上初めて決勝に進出し、RCDマジョルカに0-3で敗れて準優勝に終わったものの、クラブの歴史上最も重要な栄誉を成し遂げた。レクレアティーボ・ウェルバ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・カルロス・ペレス・ゴンサレス

    ラファエル・カルロス・ペレス・ゴンサレスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    レアル・マドリード出身であり、主にRCDエスパニョールで活躍した。プリメーラ・ディビシオンでは通算308試合に出場して116得点を挙げた。スペイン代表としては1978 FIFAワールドカップに出場した。ラファエル・カルロス・ペレス・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

782件中 71 - 80件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード