782件中 81 - 90件表示
  • マヌエル・サンチス・マルティネス

    マヌエル・サンチス・マルティネスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    同じくスペイン代表やレアル・マドリードで活躍したマヌエル・サンチス・オンティジュエロの父親である。マヌエル・サンチス・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ボルハ・バレロ

    ボルハ・バレロから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    レアル・マドリードの下部組織出身で、2006年10月25日のコパ・デル・レイ・エシハ・バロンピエ戦でハビ・ガルシアとの途中交代でトップチームデビューした。2006年12月6日にはUEFAチャンピオンズリーグのアウェーでのディナモ・キエフ戦にミゲル・アンヘル・ニエトとの交代で出場した。しかし、2005年からの2年間はレアル・マドリードBでのセグンダ・ディビシオン(2部)の出場がほとんどだった。ボルハ・バレロ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・アントニオ・カマーチョ

    ホセ・アントニオ・カマーチョから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    15年間レアル・マドリードでプレーし、公式戦500試合以上に出場した。リーガ・エスパニョーラで9度、コパ・デル・レイで5度、UEFAカップで2度優勝するなど、主要大会で19のタイトルを獲得した。スペイン代表としては81試合に出場し、FIFAワールドカップとUEFA欧州選手権に2度ずつ出場している。現役引退後は指導者の道を歩み、1998年から2002年まではスペイン代表監督を務めた。ホセ・アントニオ・カマーチョ フレッシュアイペディアより)

  • イバン・サンチェス・リコ・ソト

    イバン・サンチェス・リコ・ソトから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    レアル・マドリードの下部組織出身。2004年夏にヘタフェCFに移籍し、9月12日のRCDマジョルカ戦でデビューした。2004-05シーズンは主にベテランのゲオルゲ・クライオヴェアヌと2トップを組み、3得点3アシストを記録した。2005-06シーズンはダニエル・グイサが1トップに張ったため、リキはトップ下にさがり、シャドーストライカーとして自己最多の8得点を決めた。イバン・サンチェス・リコ・ソト フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・メディナ・カンタレホ

    ルイス・メディナ・カンタレホから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    FCバルセロナとレアル・マドリードの間で行われるエル・クラシコの主審を務めることができた、限られた審判員のひとりであった。国際審判としては、2004年9月4日に行われたドイツW杯予選トルコ対グルジア戦で初めて笛を吹いた。2009年には、UEFAカップ決勝のFCシャフタール・ドネツク対ヴェルダー・ブレーメン戦の笛を吹いた。ルイス・メディナ・カンタレホ フレッシュアイペディアより)

  • UDラス・パルマス

    UDラス・パルマスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    1963-64シーズンにはセグンダで優勝してプリメーラに昇格し、1960年代後半から1970年代後半にかけてはクラブ史上最も成功を収めた期間となった。ビセンテ・ダウデル監督が率いた1967-68シーズンにはレアル・マドリードとFCバルセロナに次ぐ3位となり、母国開催となったUEFA欧州選手権1968にはラス・パルマスから4人の選手が出場して優勝を経験。1968-69シーズンにはレアル・マドリードに次ぐ2位となってさらなる躍進を遂げ、リーグ戦ではレアル・マドリード以外には敗れなかった。1969-70シーズンにはインターシティーズ・フェアーズカップに出場したが、1回戦でヘルタ・ベルリン(ドイツ)に2試合合計0-1で敗れた。1971年3月9日には、ラス・パルマスの現役選手であった28歳のフアン・グエデスが突然死去した。1971-72シーズンには、フランス人のピエール・シニバルディ監督がクラブをリーグ戦5位に導き、翌シーズンのUEFAカップ出場権を獲得。1972-73シーズンのUEFAカップではトリノFC(イタリア)とŠKスロヴァン・ブラチスラヴァ(チェコスロバキア)を下し、FCトゥウェンテ(オランダ)に敗れた。1974-75シーズン末には、グエデスとともにプレーしたディフェンダーのトノーノが肝臓の伝染病で死去した。1977-78シーズンはクラブ史に残るシーズンとなった。ミゲル・ムニョス監督が采配を振るい、アルゼンチン人のミゲル・アンヘル・ブリンディーシ、ダニエル・カルネバーリ、カルロス・モレーテ、キケ・ウォルフなどが在籍したチームは、欧州カップ戦(UEFAカップ)に3度目の出場を果たし、1回戦でFKスロボダ・トゥズラ(ユーゴスラビア)を倒したが、結果的に優勝するイプスウィッチ・タウンFC(イングランド)に2回戦で敗れた。同シーズンのコパ・デル・レイではクラブ史上初めて決勝に進出したが、エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで行われた決勝ではFCバルセロナに1-3で敗れた。UDラス・パルマス フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・アウカンタラ

    フェルナンド・アウカンタラから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    スペインにコーチ留学した縁から、2000年にはデル・ボスケ監督の下でクラブワールドカップを戦うレアル・マドリードのスカウティングスタッフの一人として働いた。また2006年にはヴァグネル・マンシーニ監督率いるパウリスタFCで同じくスカウティングを担当し、2011年にはヘッドコーチを務めた。フェルナンド・アウカンタラ フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ラモス

    セルヒオ・ラモスから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    セルヒオ・ラモス・ガルシア(Sergio Ramos García, 1986年3月30日 - )は、スペインのセビリア出身のサッカー選手。レアル・マドリード所属。スペイン代表。ポジションはDFで、センターバックと右サイドバックをこなす。セルヒオ・ラモス フレッシュアイペディアより)

  • アルバロ・モラタ

    アルバロ・モラタから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    アルバロ・ボルハ・モラタ・マルティン (Álvaro Borja Morata Martín, 1992年10月23日 - )は、スペイン・マドリード出身のサッカー選手。ポジションはFW。レアル・マドリードに所属している。アルバロ・モラタ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・カルロス・バレロン

    フアン・カルロス・バレロンから見たレアル・マドリードレアル・マドリード

    2006年1月、RCDマジョルカ戦の試合終了2分前に左膝の前十字靭帯を断裂する怪我を負った。2006年夏に練習を再開したものの、プレシーズンマッチのSLベンフィカ戦で左膝の半月板を負傷し、さらに完治したはずの靭帯を再び痛めた。2007年3月、レアル・マドリード戦で復帰するが、左膝は完治しておらず、2度目の手術に踏み切った。長期間にわたりリハビリの日々を経て、2008年1月27日、レアル・バリャドリード戦(3-1)で133日ぶりに招集され、アンドレス・グアルダードとの交代で15分間出場した。2009年1月のレアル・マドリード戦では1098日ぶりにリーグ戦で先発出場した。2008-09シーズンは再びチームの中で重要な役割を担い、国内リーグでも欧州カップでも活躍したフアン・カルロス・バレロン フレッシュアイペディアより)

782件中 81 - 90件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード