169件中 11 - 20件表示
  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たビセンテ・デル・ボスケ

    1999年夏の移籍市場ではミチェル・サルガド、イバン・エルゲラらを獲得し、レアル・マドリード・カスティージャからイケル・カシージャスを昇格させた。1999-2000シーズンはシーズン途中にビセンテ・デル・ボスケが監督に就任し、UEFAチャンピオンズリーグ優勝を達成する。一方、クラブの負債は悪化の一途を辿った。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たアルフレッド・ディ・ステファノ

    愛称・略称は、チームカラーの白をとってエル・ブランコ(El Blanco)やメレンゲ(Merengue)。その他にも、年代ごとにそれぞれ特殊な愛称も存在する。アルフレッド・ディ・ステファノらスタープレイヤーを擁してUEFAチャンピオンズカップ5連覇を成し遂げた1950年代後半は一般的にエポカ・ドラダ(Epoca Dorada, 黄金時代)と表現され、8度のリーガ・エスパニョーラ優勝を成し遂げた1960年代はビートルズの楽曲、シー・ラヴズ・ユーの歌詞よりイエイエ・マドリード(Yé-yé Madrid)、リーグ5連覇を成し遂げた1980年代後半のチームは、エミリオ・ブトラゲーニョの愛称である「エル・ブイトレ(El Buitre)」からキンタ・デル・ブイトレ(Quinta del Buitre, ハゲワシ部隊)と呼ばれた。2000年代前半の第一次ペレス会長時代は、在籍している選手の豪華さからロス・ガラクティコス(Los Galácticos)とも呼ばれていた。日本のメディアではレアル、「エル・ブランコ」を意訳した「白い巨人」、「ロス・ガラクティコス」を訳した「銀河系軍団」や「スーパースター軍団」という呼び名も用いられる。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たエミリオ・ブトラゲーニョ

    愛称・略称は、チームカラーの白をとってエル・ブランコ(El Blanco)やメレンゲ(Merengue)。その他にも、年代ごとにそれぞれ特殊な愛称も存在する。アルフレッド・ディ・ステファノらスタープレイヤーを擁してUEFAチャンピオンズカップ5連覇を成し遂げた1950年代後半は一般的にエポカ・ドラダ(Epoca Dorada, 黄金時代)と表現され、8度のリーガ・エスパニョーラ優勝を成し遂げた1960年代はビートルズの楽曲、シー・ラヴズ・ユーの歌詞よりイエイエ・マドリード(Yé-yé Madrid)、リーグ5連覇を成し遂げた1980年代後半のチームは、エミリオ・ブトラゲーニョの愛称である「エル・ブイトレ(El Buitre)」からキンタ・デル・ブイトレ(Quinta del Buitre, ハゲワシ部隊)と呼ばれた。2000年代前半の第一次ペレス会長時代は、在籍している選手の豪華さからロス・ガラクティコス(Los Galácticos)とも呼ばれていた。日本のメディアではレアル、「エル・ブランコ」を意訳した「白い巨人」、「ロス・ガラクティコス」を訳した「銀河系軍団」や「スーパースター軍団」という呼び名も用いられる。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たセルヒオ・ラモス

    2003年夏の移籍市場ではデビッド・ベッカムを獲得し、フェルナンド・イエロ、フェルナンド・モリエンテス、クロード・マケレレらを放出した。2003-04シーズンはスーペルコパ・デ・エスパーニャ制覇を果たした。2004年夏の移籍市場ではマイケル・オーウェン、ジョナサン・ウッドゲート、ワルテル・サムエルらを獲得し、2005年冬の移籍市場ではトーマス・グラヴェセンを獲得するも、2004-05シーズンは9季ぶりとなる無冠に終わる。2005年夏の移籍市場ではロビーニョ、ジュリオ・バティスタ、セルヒオ・ラモスらを獲得し、フィーゴ、サムエル、オーウェンらを放出。さらに、2006年冬の移籍市場ではアントニオ・カッサーノ、シシーニョを獲得するも、2005-06シーズンは2季連続の無冠に終わり、シーズン途中の2006年2月27日にペレスは会長職を辞任した。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たルカ・モドリッチ

    2012年夏の移籍市場ではレアル・マドリード・カスティージャからアルバロ・モラタ、ヘスス・フェルナンデス、ナチョを昇格させたほか、ルカ・モドリッチ、マイケル・エッシェンを獲得。2012-13シーズンには4季ぶりとなるスーペルコパ・デ・エスパーニャ優勝を果たした。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たファビオ・カンナヴァーロ

    ラモン・カルデロンは会長職に就任すると、ファビオ・カペッロを監督に招聘。2006年夏の移籍市場ではファビオ・カンナヴァーロ、ルート・ファン・ニステルローイらを獲得。また、2007年冬の移籍市場ではマルセロ、フェルナンド・ガゴ、ゴンサロ・イグアインを獲得し、ロナウドを放出した。2006-07シーズンは4季ぶりのリーガ・エスパニョーラ優勝を達成するも、シーズン終了後にカペッロは解任される。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たロビーニョ

    2003年夏の移籍市場ではデビッド・ベッカムを獲得し、フェルナンド・イエロ、フェルナンド・モリエンテス、クロード・マケレレらを放出した。2003-04シーズンはスーペルコパ・デ・エスパーニャ制覇を果たした。2004年夏の移籍市場ではマイケル・オーウェン、ジョナサン・ウッドゲート、ワルテル・サムエルらを獲得し、2005年冬の移籍市場ではトーマス・グラヴェセンを獲得するも、2004-05シーズンは9季ぶりとなる無冠に終わる。2005年夏の移籍市場ではロビーニョ、ジュリオ・バティスタ、セルヒオ・ラモスらを獲得し、フィーゴ、サムエル、オーウェンらを放出。さらに、2006年冬の移籍市場ではアントニオ・カッサーノ、シシーニョを獲得するも、2005-06シーズンは2季連続の無冠に終わり、シーズン途中の2006年2月27日にペレスは会長職を辞任した。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たクラレンス・セードルフ

    ラモン・メンドーサの退任後、クラブの副会長を務めていたロレンソ・サンスが会長に就任。1995-96シーズンは無冠に終わるも、1996-97シーズンはファビオ・カペッロを監督に招聘し、1996年夏の移籍市場ではプレドラグ・ミヤトヴィッチ、ダヴォール・シューケル、クラレンス・セードルフ、ロベルト・カルロスらを獲得。同シーズンはリーグ史上最多となる勝ち点92を記録してのリーガ・エスパニョーラ優勝を果たすも、シーズン終了後にカペッロは解任される。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たフェルナンド・アロンソ

    レアル・マドリードの下部組織に所属していたビセンテ・デル・ボスケやフリオ・イグレシアスのほか、プラシド・ドミンゴ、ラファエル・ナダル、フェルナンド・アロンソ、セルヒオ・ガルシアらスペインの著名人がクラブの名誉会員に名を連ねている。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たイケル・カシージャス

    1999年夏の移籍市場ではミチェル・サルガド、イバン・エルゲラらを獲得し、レアル・マドリード・カスティージャからイケル・カシージャスを昇格させた。1999-2000シーズンはシーズン途中にビセンテ・デル・ボスケが監督に就任し、UEFAチャンピオンズリーグ優勝を達成する。一方、クラブの負債は悪化の一途を辿った。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

169件中 11 - 20件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード