169件中 21 - 30件表示
  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たグティ

    その後、ジョゼ・モウリーニョが監督に就任。2010年夏の移籍市場ではアンヘル・ディ・マリア、リカルド・カルヴァーリョ、サミ・ケディラ、メスト・エジルらを獲得し、ラウル・ゴンサレス、グティらを放出した。2010-11シーズンは18季ぶりのコパ・デル・レイ優勝を果たした。なお、当シーズンはリーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、UEFAチャンピオンズリーグにて計5試合のエル・クラシコが行われ、特に2011年4月16日から同年5月3日までの間に行われた計4試合はクアトロ・クラシコ(Cuatro Clásico、4回のクラシコという意味)と呼ばれた。2011-12シーズンはリーグ史上最多記録となる勝ち点100、121得点を記録して4季ぶりのリーガ・エスパニョーラ優勝を果たした。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たカリム・ベンゼマ

    2009年6月14日に会長選が行われる予定だったが、元会長のフロレンティーノ・ペレス以外の候補者が出馬条件を満たせなかったため、同年6月1日付でペレスが会長に返り咲いた。マヌエル・ペジェグリーニが監督に就任し、同年夏の移籍市場ではカカ、クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、シャビ・アロンソらを獲得したほか、ミチェル・サルガド、アリエン・ロッベン、ヴェスレイ・スナイデルらを放出した。しかし、2009-10シーズンは4季ぶりとなる無冠に終わり、シーズン終了後にペジェグリーニは解任された。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たマイケル・オーウェン

    2003年夏の移籍市場ではデビッド・ベッカムを獲得し、フェルナンド・イエロ、フェルナンド・モリエンテス、クロード・マケレレらを放出した。2003-04シーズンはスーペルコパ・デ・エスパーニャ制覇を果たした。2004年夏の移籍市場ではマイケル・オーウェン、ジョナサン・ウッドゲート、ワルテル・サムエルらを獲得し、2005年冬の移籍市場ではトーマス・グラヴェセンを獲得するも、2004-05シーズンは9季ぶりとなる無冠に終わる。2005年夏の移籍市場ではロビーニョ、ジュリオ・バティスタ、セルヒオ・ラモスらを獲得し、フィーゴ、サムエル、オーウェンらを放出。さらに、2006年冬の移籍市場ではアントニオ・カッサーノ、シシーニョを獲得するも、2005-06シーズンは2季連続の無冠に終わり、シーズン途中の2006年2月27日にペレスは会長職を辞任した。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たルイス・フィーゴ

    2000年夏の移籍市場ではルイス・フィーゴを獲得し、2000-01シーズンは4季ぶりとなるリーガ・エスパニョーラ優勝を果たす。さらに2001年夏の移籍市場ではジネディーヌ・ジダンを獲得し、2001-02シーズンはスーペルコパ・デ・エスパーニャ制覇と過去5年以内で3度目となるUEFAチャンピオンズリーグ優勝を達成。2002年夏の移籍市場ではロナウドを獲得。2002-03シーズンはリーガ・エスパニョーラ優勝、UEFAスーパーカップ制覇、インターコンチネンタルカップ制覇を達成するも、シーズン終了後に監督を務めていたビセンテ・デル・ボスケは解任された。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たジネディーヌ・ジダン

    2000年夏の移籍市場ではルイス・フィーゴを獲得し、2000-01シーズンは4季ぶりとなるリーガ・エスパニョーラ優勝を果たす。さらに2001年夏の移籍市場ではジネディーヌ・ジダンを獲得し、2001-02シーズンはスーペルコパ・デ・エスパーニャ制覇と過去5年以内で3度目となるUEFAチャンピオンズリーグ優勝を達成。2002年夏の移籍市場ではロナウドを獲得。2002-03シーズンはリーガ・エスパニョーラ優勝、UEFAスーパーカップ制覇、インターコンチネンタルカップ制覇を達成するも、シーズン終了後に監督を務めていたビセンテ・デル・ボスケは解任された。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たマイケル・エッシェン

    2012年夏の移籍市場ではレアル・マドリード・カスティージャからアルバロ・モラタ、ヘスス・フェルナンデス、ナチョを昇格させたほか、ルカ・モドリッチ、マイケル・エッシェンを獲得。2012-13シーズンには4季ぶりとなるスーペルコパ・デ・エスパーニャ優勝を果たした。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たアントニオ・カッサーノ

    2003年夏の移籍市場ではデビッド・ベッカムを獲得し、フェルナンド・イエロ、フェルナンド・モリエンテス、クロード・マケレレらを放出した。2003-04シーズンはスーペルコパ・デ・エスパーニャ制覇を果たした。2004年夏の移籍市場ではマイケル・オーウェン、ジョナサン・ウッドゲート、ワルテル・サムエルらを獲得し、2005年冬の移籍市場ではトーマス・グラヴェセンを獲得するも、2004-05シーズンは9季ぶりとなる無冠に終わる。2005年夏の移籍市場ではロビーニョ、ジュリオ・バティスタ、セルヒオ・ラモスらを獲得し、フィーゴ、サムエル、オーウェンらを放出。さらに、2006年冬の移籍市場ではアントニオ・カッサーノ、シシーニョを獲得するも、2005-06シーズンは2季連続の無冠に終わり、シーズン途中の2006年2月27日にペレスは会長職を辞任した。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たジョゼ・モウリーニョ

    その後、ジョゼ・モウリーニョが監督に就任。2010年夏の移籍市場ではアンヘル・ディ・マリア、リカルド・カルヴァーリョ、サミ・ケディラ、メスト・エジルらを獲得し、ラウル・ゴンサレス、グティらを放出した。2010-11シーズンは18季ぶりのコパ・デル・レイ優勝を果たした。なお、当シーズンはリーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、UEFAチャンピオンズリーグにて計5試合のエル・クラシコが行われ、特に2011年4月16日から同年5月3日までの間に行われた計4試合はクアトロ・クラシコ(Cuatro Clásico、4回のクラシコという意味)と呼ばれた。2011-12シーズンはリーグ史上最多記録となる勝ち点100、121得点を記録して4季ぶりのリーガ・エスパニョーラ優勝を果たした。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たシャビ・アロンソ

    2009年6月14日に会長選が行われる予定だったが、元会長のフロレンティーノ・ペレス以外の候補者が出馬条件を満たせなかったため、同年6月1日付でペレスが会長に返り咲いた。マヌエル・ペジェグリーニが監督に就任し、同年夏の移籍市場ではカカ、クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、シャビ・アロンソらを獲得したほか、ミチェル・サルガド、アリエン・ロッベン、ヴェスレイ・スナイデルらを放出した。しかし、2009-10シーズンは4季ぶりとなる無冠に終わり、シーズン終了後にペジェグリーニは解任された。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たラファエル・ナダル

    レアル・マドリードの下部組織に所属していたビセンテ・デル・ボスケやフリオ・イグレシアスのほか、プラシド・ドミンゴ、ラファエル・ナダル、フェルナンド・アロンソ、セルヒオ・ガルシアらスペインの著名人がクラブの名誉会員に名を連ねている。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

169件中 21 - 30件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード