169件中 31 - 40件表示
  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たプラシド・ドミンゴ

    レアル・マドリードの下部組織に所属していたビセンテ・デル・ボスケやフリオ・イグレシアスのほか、プラシド・ドミンゴ、ラファエル・ナダル、フェルナンド・アロンソ、セルヒオ・ガルシアらスペインの著名人がクラブの名誉会員に名を連ねている。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たセルヒオ・ガルシア

    レアル・マドリードの下部組織に所属していたビセンテ・デル・ボスケやフリオ・イグレシアスのほか、プラシド・ドミンゴ、ラファエル・ナダル、フェルナンド・アロンソ、セルヒオ・ガルシアらスペインの著名人がクラブの名誉会員に名を連ねている。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たカカ (サッカー選手)

    2009年6月14日に会長選が行われる予定だったが、元会長のフロレンティーノ・ペレス以外の候補者が出馬条件を満たせなかったため、同年6月1日付でペレスが会長に返り咲いた。マヌエル・ペジェグリーニが監督に就任し、同年夏の移籍市場ではカカ、クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、シャビ・アロンソらを獲得したほか、ミチェル・サルガド、アリエン・ロッベン、ヴェスレイ・スナイデルらを放出した。しかし、2009-10シーズンは4季ぶりとなる無冠に終わり、シーズン終了後にペジェグリーニは解任された。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たFCバルセロナ

    1902年に創設。現在のホームスタジアムはエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ。現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属し、同リーグにおいて32回の最多優勝記録を持つほか、FCバルセロナとアスレティック・ビルバオと共にリーガ・エスパニョーラの創立以来、一度もプリメーラ・ディビシオンから降格したことがない世界を代表する名門クラブである。さらに、UEFAチャンピオンズカップおよびUEFAチャンピオンズリーグにおいても合計9回の最多優勝記録を持つ。FIFAには20世紀最高のクラブに、国際サッカー歴史統計連盟からはヨーロッパにおける20世紀最高のクラブに認められた。2012年には世界有数の経済誌『フォーブス』によるスポーツチームの資産価値の格付けにおいて、18億7700万ドル(約1540億円)と算出されており、マンチェスター・ユナイテッドFCに次ぐ世界第2位の資産価値のクラブとなっている。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たアディダス

    チームカラーは白、青。胸スポンサーには、2007年からオンラインカジノの運営会社であるbwinのロゴを入れている。メーカーはアディダスレアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たウーゴ・サンチェス

    1985年、ラモン・メンドーサが会長に就任。エミリオ・ブトラゲーニョ、ミチェルらをレアル・マドリード・カスティージャから昇格させ、1985年夏の移籍市場ではウーゴ・サンチェスらを獲得。1985-86シーズンはリーガ・エスパニョーラの優勝とUEFAカップ2連覇を達成し、1988-89シーズンはリーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイ、スーペルコパ・デ・エスパーニャにて優勝を達成。1989年夏の移籍市場ではフェルナンド・イエロらを獲得し、1989-90シーズンはクラブ史上3度目となるリーガ・エスパニョーラ5連覇、さらに1990-91シーズンにはスーペルコパ・デ・エスパーニャ3連覇を達成した。これらの実績を残した当時のチームはキンタ・デル・ブイトレと称された。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たサンティアゴ・ベルナベウ

    1905年には初のタイトルであるコパ・デル・レイ優勝を達成。1912年にはクラブ史上初のホームスタジアムであるオドネル・スタジアムが建設されたほか、サンティアゴ・ベルナベウが選手としてデビューした。1920年、アルフォンソ13世によってクラブ名がレアル・マドリードとなる。「レアル」の名を授けられたことによりクラブ会員が急増したため、オドネル・スタジアムよりも大きなスタジアムを建設。1924年に、エスタディオ・チャマルティンが完成する。1929年からリーガ・エスパニョーラが開幕し、初シーズンとなった1929-30シーズンは2位に終わった。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たイバン・エルゲラ

    1999年夏の移籍市場ではミチェル・サルガド、イバン・エルゲラらを獲得し、レアル・マドリード・カスティージャからイケル・カシージャスを昇格させた。1999-2000シーズンはシーズン途中にビセンテ・デル・ボスケが監督に就任し、UEFAチャンピオンズリーグ優勝を達成する。一方、クラブの負債は悪化の一途を辿った。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たフアン・ゴメス・ゴンサレス

    1971年にはサンティリャーナらを獲得し、1971-72シーズンはリーガ・エスパニョーラ優勝を果たす。ギュンター・ネッツァーが加わり、カスティージャCFからホセ・アントニオ・カマーチョを昇格させた1973-74シーズンはコパ・デル・レイ優勝を果たすも、リーガ・エスパニョーラでの成績不振から13年6ヵ月にわたって監督を務めたミゲル・ムニョスは解任された。パウル・ブライトナーを獲得した1974-75シーズンはリーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイにて優勝を達成し、1975-76シーズンはリーガ・エスパニョーラ2連覇を達成。フアニートやウリ・シュティーリケが加わった1977-78シーズンはリーガ・エスパニョーラ優勝を達成した。なお、1978年6月2日にベルナベウは死去した。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たミチェル

    しかし、レアル・マドリードは他のクラブから有名選手を獲得することが多く、2000年にフロレンティーノ・ペレスが会長に就任して以降はその傾向が特に顕著となったため、トップチームに定着する下部組織出身者は非常に少ない。元カスティージャ出身の選手であり、下部組織の総責任者を務めていたミチェルは、2008年にクラブのカンテラ軽視を理由に職を辞している。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

169件中 31 - 40件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード