169件中 41 - 50件表示
  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たフェルナンド・モリエンテス

    1997年夏の移籍市場ではフェルナンド・モリエンテスらを獲得し、1997-98シーズンは32季ぶりとなるUEFAチャンピオンズリーグ優勝を達成。1998-99シーズンはインターコンチネンタルカップ優勝を果たす。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たフェルナンド・イエロ

    1985年、ラモン・メンドーサが会長に就任。エミリオ・ブトラゲーニョ、ミチェルらをレアル・マドリード・カスティージャから昇格させ、1985年夏の移籍市場ではウーゴ・サンチェスらを獲得。1985-86シーズンはリーガ・エスパニョーラの優勝とUEFAカップ2連覇を達成し、1988-89シーズンはリーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイ、スーペルコパ・デ・エスパーニャにて優勝を達成。1989年夏の移籍市場ではフェルナンド・イエロらを獲得し、1989-90シーズンはクラブ史上3度目となるリーガ・エスパニョーラ5連覇、さらに1990-91シーズンにはスーペルコパ・デ・エスパーニャ3連覇を達成した。これらの実績を残した当時のチームはキンタ・デル・ブイトレと称された。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たサンティリャーナ

    1971年にはサンティリャーナらを獲得し、1971-72シーズンはリーガ・エスパニョーラ優勝を果たす。ギュンター・ネッツァーが加わり、カスティージャCFからホセ・アントニオ・カマーチョを昇格させた1973-74シーズンはコパ・デル・レイ優勝を果たすも、リーガ・エスパニョーラでの成績不振から13年6ヵ月にわたって監督を務めたミゲル・ムニョスは解任された。パウル・ブライトナーを獲得した1974-75シーズンはリーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイにて優勝を達成し、1975-76シーズンはリーガ・エスパニョーラ2連覇を達成。フアニートやウリ・シュティーリケが加わった1977-78シーズンはリーガ・エスパニョーラ優勝を達成した。なお、1978年6月2日にベルナベウは死去した。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たミチェル・サルガド

    1999年夏の移籍市場ではミチェル・サルガド、イバン・エルゲラらを獲得し、レアル・マドリード・カスティージャからイケル・カシージャスを昇格させた。1999-2000シーズンはシーズン途中にビセンテ・デル・ボスケが監督に就任し、UEFAチャンピオンズリーグ優勝を達成する。一方、クラブの負債は悪化の一途を辿った。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たUEFAチャンピオンズカップ

    1902年に創設。現在のホームスタジアムはエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ。現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属し、同リーグにおいて32回の最多優勝記録を持つほか、FCバルセロナとアスレティック・ビルバオと共にリーガ・エスパニョーラの創立以来、一度もプリメーラ・ディビシオンから降格したことがない世界を代表する名門クラブである。さらに、UEFAチャンピオンズカップおよびUEFAチャンピオンズリーグにおいても合計9回の最多優勝記録を持つ。FIFAには20世紀最高のクラブに、国際サッカー歴史統計連盟からはヨーロッパにおける20世紀最高のクラブに認められた。2012年には世界有数の経済誌『フォーブス』によるスポーツチームの資産価値の格付けにおいて、18億7700万ドル(約1540億円)と算出されており、マンチェスター・ユナイテッドFCに次ぐ世界第2位の資産価値のクラブとなっている。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たアスレティック・ビルバオ

    1902年に創設。現在のホームスタジアムはエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ。現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属し、同リーグにおいて32回の最多優勝記録を持つほか、FCバルセロナとアスレティック・ビルバオと共にリーガ・エスパニョーラの創立以来、一度もプリメーラ・ディビシオンから降格したことがない世界を代表する名門クラブである。さらに、UEFAチャンピオンズカップおよびUEFAチャンピオンズリーグにおいても合計9回の最多優勝記録を持つ。FIFAには20世紀最高のクラブに、国際サッカー歴史統計連盟からはヨーロッパにおける20世紀最高のクラブに認められた。2012年には世界有数の経済誌『フォーブス』によるスポーツチームの資産価値の格付けにおいて、18億7700万ドル(約1540億円)と算出されており、マンチェスター・ユナイテッドFCに次ぐ世界第2位の資産価値のクラブとなっている。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たトーマス・グラヴェセン

    2003年夏の移籍市場ではデビッド・ベッカムを獲得し、フェルナンド・イエロ、フェルナンド・モリエンテス、クロード・マケレレらを放出した。2003-04シーズンはスーペルコパ・デ・エスパーニャ制覇を果たした。2004年夏の移籍市場ではマイケル・オーウェン、ジョナサン・ウッドゲート、ワルテル・サムエルらを獲得し、2005年冬の移籍市場ではトーマス・グラヴェセンを獲得するも、2004-05シーズンは9季ぶりとなる無冠に終わる。2005年夏の移籍市場ではロビーニョ、ジュリオ・バティスタ、セルヒオ・ラモスらを獲得し、フィーゴ、サムエル、オーウェンらを放出。さらに、2006年冬の移籍市場ではアントニオ・カッサーノ、シシーニョを獲得するも、2005-06シーズンは2季連続の無冠に終わり、シーズン途中の2006年2月27日にペレスは会長職を辞任した。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たマヌエル・サンチス・オンティジュエロ

    1978年、ルイス・デ・カルロスが会長に就任。1978-79シーズンはリーガ・エスパニョーラ2連覇を達成。1979-80シーズンはリーガ・エスパニョーラ3連覇、コパ・デル・レイ優勝を達成した。1981-82シーズンはチェンドをレアル・マドリード・カスティージャから昇格させ、コパ・デル・レイ優勝を達成。1983-84シーズンはマヌエル・サンチス・オンティジュエロをレアル・マドリード・カスティージャから昇格させた。1984-85シーズンはUEFAカップ優勝を達成した。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たギュンター・ネッツァー

    1971年にはサンティリャーナらを獲得し、1971-72シーズンはリーガ・エスパニョーラ優勝を果たす。ギュンター・ネッツァーが加わり、カスティージャCFからホセ・アントニオ・カマーチョを昇格させた1973-74シーズンはコパ・デル・レイ優勝を果たすも、リーガ・エスパニョーラでの成績不振から13年6ヵ月にわたって監督を務めたミゲル・ムニョスは解任された。パウル・ブライトナーを獲得した1974-75シーズンはリーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイにて優勝を達成し、1975-76シーズンはリーガ・エスパニョーラ2連覇を達成。フアニートやウリ・シュティーリケが加わった1977-78シーズンはリーガ・エスパニョーラ優勝を達成した。なお、1978年6月2日にベルナベウは死去した。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たドン・レヴィー

    白いユニフォームは、コリンシアンFCをモデルにしている。また、イングランドの古豪リーズ・ユナイテッドのユニフォームも白であり、1960年代前半にドン・レヴィーが監督に就任したときに青と金のユニフォームから変更になった。これは、当時UEFAチャンピオンズカップ5連覇などを成し遂げたレアル・マドリードにあやかってチーム作りをしようとしたためだと言われている。スペインのクラブとして初めて背番号があるユニフォームを着用したクラブでもあり、1947年11月23日のアトレティコ・マドリード戦で背番号入りのユニフォームを導入した。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

169件中 41 - 50件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード