169件中 51 - 60件表示
  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たアマンシオ・アマロ

    背番号7は特別な番号とされており、レイモン・コパやアマンシオ・アマロ、フアニート、エミリオ・ブトラゲーニョなどそれぞれの時代のクラブを代表するアタッカーが背負ってきた。特に近年ではラウル・ゴンサレスによってその価値はさらに高められた。また、背番号9もアルフレッド・ディ・ステファノやサンティリャーナ、ウーゴ・サンチェス、ロナウドといった名手に背負われてきた。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たミゲル・ムニョス

    1971年にはサンティリャーナらを獲得し、1971-72シーズンはリーガ・エスパニョーラ優勝を果たす。ギュンター・ネッツァーが加わり、カスティージャCFからホセ・アントニオ・カマーチョを昇格させた1973-74シーズンはコパ・デル・レイ優勝を果たすも、リーガ・エスパニョーラでの成績不振から13年6ヵ月にわたって監督を務めたミゲル・ムニョスは解任された。パウル・ブライトナーを獲得した1974-75シーズンはリーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイにて優勝を達成し、1975-76シーズンはリーガ・エスパニョーラ2連覇を達成。フアニートやウリ・シュティーリケが加わった1977-78シーズンはリーガ・エスパニョーラ優勝を達成した。なお、1978年6月2日にベルナベウは死去した。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たマルセロ・ヴィエイラ・ダ・シルヴァ・ジュニオル

    ラモン・カルデロンは会長職に就任すると、ファビオ・カペッロを監督に招聘。2006年夏の移籍市場ではファビオ・カンナヴァーロ、ルート・ファン・ニステルローイらを獲得。また、2007年冬の移籍市場ではマルセロ、フェルナンド・ガゴ、ゴンサロ・イグアインを獲得し、ロナウドを放出した。2006-07シーズンは4季ぶりのリーガ・エスパニョーラ優勝を達成するも、シーズン終了後にカペッロは解任される。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たジョン・トシャック

    攻撃的なサッカーを好む傾向にあり、ファビオ・カペッロは2度監督に就任し、その2度ともリーガ・エスパニョーラ優勝を成し遂げたにもかかわらず、あまりに守備的すぎるという理由から1年で解任されている。1989-90シーズンにレアル・マドリードを率いて、最多得点記録を更新してのリーグ優勝を果たしたジョン・トシャックも、守りすぎだと批判された。2005年11月20日のエル・クラシコ、2008年のUEFAチャンピオンズリーググループステージ、対ユヴェントスFC戦などでは、対戦相手にスタンディングオベーションを送っている。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たホセ・アントニオ・カマーチョ

    1971年にはサンティリャーナらを獲得し、1971-72シーズンはリーガ・エスパニョーラ優勝を果たす。ギュンター・ネッツァーが加わり、カスティージャCFからホセ・アントニオ・カマーチョを昇格させた1973-74シーズンはコパ・デル・レイ優勝を果たすも、リーガ・エスパニョーラでの成績不振から13年6ヵ月にわたって監督を務めたミゲル・ムニョスは解任された。パウル・ブライトナーを獲得した1974-75シーズンはリーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイにて優勝を達成し、1975-76シーズンはリーガ・エスパニョーラ2連覇を達成。フアニートやウリ・シュティーリケが加わった1977-78シーズンはリーガ・エスパニョーラ優勝を達成した。なお、1978年6月2日にベルナベウは死去した。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たフランシスコ・フランコ

    フランシスコ・フランコ - スペインの独裁者。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たプレドラグ・ミヤトヴィッチ

    ラモン・メンドーサの退任後、クラブの副会長を務めていたロレンソ・サンスが会長に就任。1995-96シーズンは無冠に終わるも、1996-97シーズンはファビオ・カペッロを監督に招聘し、1996年夏の移籍市場ではプレドラグ・ミヤトヴィッチ、ダヴォール・シューケル、クラレンス・セードルフ、ロベルト・カルロスらを獲得。同シーズンはリーグ史上最多となる勝ち点92を記録してのリーガ・エスパニョーラ優勝を果たすも、シーズン終了後にカペッロは解任される。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たアルバロ・モラタ

    2012年夏の移籍市場ではレアル・マドリード・カスティージャからアルバロ・モラタ、ヘスス・フェルナンデス、ナチョを昇格させたほか、ルカ・モドリッチ、マイケル・エッシェンを獲得。2012-13シーズンには4季ぶりとなるスーペルコパ・デ・エスパーニャ優勝を果たした。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たミゲル・ポルラン

    1978年、ルイス・デ・カルロスが会長に就任。1978-79シーズンはリーガ・エスパニョーラ2連覇を達成。1979-80シーズンはリーガ・エスパニョーラ3連覇、コパ・デル・レイ優勝を達成した。1981-82シーズンはチェンドをレアル・マドリード・カスティージャから昇格させ、コパ・デル・レイ優勝を達成。1983-84シーズンはマヌエル・サンチス・オンティジュエロをレアル・マドリード・カスティージャから昇格させた。1984-85シーズンはUEFAカップ優勝を達成した。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たシリアコ・エラスティ

    1930年代にはリカルド・サモラ、ジョゼップ・サミティエール、ジャシント・キンコセス、シリアコ・エラスティらを獲得。1931-32シーズンはシーズン無敗を記録して初のリーガ・エスパニョーラ優勝、1932-33シーズンはリーガ・エスパニョーラ2連覇を果たした。しかし、1936年にスペイン内戦が起こり、1939年までリーガ・エスパニョーラは中断を余儀なくされた。また、1931年にアルフォンソ13世が国外に亡命したことによって、その後10年強の間エンブレムの王冠と共に「レアル」の名を外された。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

169件中 51 - 60件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード