169件中 81 - 90件表示
  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たラモン・カルデロン

    ラモン・カルデロンは会長職に就任すると、ファビオ・カペッロを監督に招聘。2006年夏の移籍市場ではファビオ・カンナヴァーロ、ルート・ファン・ニステルローイらを獲得。また、2007年冬の移籍市場ではマルセロ、フェルナンド・ガゴ、ゴンサロ・イグアインを獲得し、ロナウドを放出した。2006-07シーズンは4季ぶりのリーガ・エスパニョーラ優勝を達成するも、シーズン終了後にカペッロは解任される。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たホセ・イグナシオ・フェルナンデス・イグレシアス

    2012年夏の移籍市場ではレアル・マドリード・カスティージャからアルバロ・モラタ、ヘスス・フェルナンデス、ナチョを昇格させたほか、ルカ・モドリッチ、マイケル・エッシェンを獲得。2012-13シーズンには4季ぶりとなるスーペルコパ・デ・エスパーニャ優勝を果たした。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たジュリオ・バティスタ

    2003年夏の移籍市場ではデビッド・ベッカムを獲得し、フェルナンド・イエロ、フェルナンド・モリエンテス、クロード・マケレレらを放出した。2003-04シーズンはスーペルコパ・デ・エスパーニャ制覇を果たした。2004年夏の移籍市場ではマイケル・オーウェン、ジョナサン・ウッドゲート、ワルテル・サムエルらを獲得し、2005年冬の移籍市場ではトーマス・グラヴェセンを獲得するも、2004-05シーズンは9季ぶりとなる無冠に終わる。2005年夏の移籍市場ではロビーニョ、ジュリオ・バティスタ、セルヒオ・ラモスらを獲得し、フィーゴ、サムエル、オーウェンらを放出。さらに、2006年冬の移籍市場ではアントニオ・カッサーノ、シシーニョを獲得するも、2005-06シーズンは2季連続の無冠に終わり、シーズン途中の2006年2月27日にペレスは会長職を辞任した。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たプシュカーシュ・フェレンツ

    1試合最多得点者 6得点 フェレンツ・プスカシュ レアル・ベティス戦 1961年6月18日 ほかレアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たリカルド・カルヴァーリョ

    その後、ジョゼ・モウリーニョが監督に就任。2010年夏の移籍市場ではアンヘル・ディ・マリア、リカルド・カルヴァーリョ、サミ・ケディラ、メスト・エジルらを獲得し、ラウル・ゴンサレス、グティらを放出した。2010-11シーズンは18季ぶりのコパ・デル・レイ優勝を果たした。なお、当シーズンはリーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、UEFAチャンピオンズリーグにて計5試合のエル・クラシコが行われ、特に2011年4月16日から同年5月3日までの間に行われた計4試合はクアトロ・クラシコ(Cuatro Clásico、4回のクラシコという意味)と呼ばれた。2011-12シーズンはリーグ史上最多記録となる勝ち点100、121得点を記録して4季ぶりのリーガ・エスパニョーラ優勝を果たした。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たアンヘル・ディ・マリア

    その後、ジョゼ・モウリーニョが監督に就任。2010年夏の移籍市場ではアンヘル・ディ・マリア、リカルド・カルヴァーリョ、サミ・ケディラ、メスト・エジルらを獲得し、ラウル・ゴンサレス、グティらを放出した。2010-11シーズンは18季ぶりのコパ・デル・レイ優勝を果たした。なお、当シーズンはリーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、UEFAチャンピオンズリーグにて計5試合のエル・クラシコが行われ、特に2011年4月16日から同年5月3日までの間に行われた計4試合はクアトロ・クラシコ(Cuatro Clásico、4回のクラシコという意味)と呼ばれた。2011-12シーズンはリーグ史上最多記録となる勝ち点100、121得点を記録して4季ぶりのリーガ・エスパニョーラ優勝を果たした。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たゴンサロ・イグアイン

    ラモン・カルデロンは会長職に就任すると、ファビオ・カペッロを監督に招聘。2006年夏の移籍市場ではファビオ・カンナヴァーロ、ルート・ファン・ニステルローイらを獲得。また、2007年冬の移籍市場ではマルセロ、フェルナンド・ガゴ、ゴンサロ・イグアインを獲得し、ロナウドを放出した。2006-07シーズンは4季ぶりのリーガ・エスパニョーラ優勝を達成するも、シーズン終了後にカペッロは解任される。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たロレンソ・サンス

    ラモン・メンドーサの退任後、クラブの副会長を務めていたロレンソ・サンスが会長に就任。1995-96シーズンは無冠に終わるも、1996-97シーズンはファビオ・カペッロを監督に招聘し、1996年夏の移籍市場ではプレドラグ・ミヤトヴィッチ、ダヴォール・シューケル、クラレンス・セードルフ、ロベルト・カルロスらを獲得。同シーズンはリーグ史上最多となる勝ち点92を記録してのリーガ・エスパニョーラ優勝を果たすも、シーズン終了後にカペッロは解任される。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たジョゼップ・サミティエール

    1930年代にはリカルド・サモラ、ジョゼップ・サミティエール、ジャシント・キンコセス、シリアコ・エラスティらを獲得。1931-32シーズンはシーズン無敗を記録して初のリーガ・エスパニョーラ優勝、1932-33シーズンはリーガ・エスパニョーラ2連覇を果たした。しかし、1936年にスペイン内戦が起こり、1939年までリーガ・エスパニョーラは中断を余儀なくされた。また、1931年にアルフォンソ13世が国外に亡命したことによって、その後10年強の間エンブレムの王冠と共に「レアル」の名を外された。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たルート・ファン・ニステルローイ

    ラモン・カルデロンは会長職に就任すると、ファビオ・カペッロを監督に招聘。2006年夏の移籍市場ではファビオ・カンナヴァーロ、ルート・ファン・ニステルローイらを獲得。また、2007年冬の移籍市場ではマルセロ、フェルナンド・ガゴ、ゴンサロ・イグアインを獲得し、ロナウドを放出した。2006-07シーズンは4季ぶりのリーガ・エスパニョーラ優勝を達成するも、シーズン終了後にカペッロは解任される。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

169件中 81 - 90件表示

「レアル・マドリード」のニューストピックワード