58件中 21 - 30件表示
  • 英雄の証明

    英雄の証明から見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    『英雄の証明』(えいゆうのしょうめい、原題: Coriolanus) は、2011年のイギリス映画。シェイクスピア悲劇『コリオレイナス』の現代に舞台を置いた映画化で、レイフ・ファインズの監督デビュー作である。英雄の証明 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・キングストン

    アレックス・キングストンから見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    王立演劇学校で演技を学ぶ。そこで知り合った俳優のレイフ・ファインズと1993年に結婚したが、4年後に離婚。その後、ドイツ人ジャーナリストと再婚し、一女をもうけている。ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに所属していたこともあった。アレックス・キングストン フレッシュアイペディアより)

  • 嵐が丘

    嵐が丘から見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    「嵐が丘」"Wuthering Heights"(1992年、製作:イギリス、監督:ピーター・コズミンスキー、主演:ジュリエット・ビノシュ、レイフ・ファインズ嵐が丘 フレッシュアイペディアより)

  • ブリジット・バーコ

    ブリジット・バーコから見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    長身かつ少女体型であるが力強い女性を演じることが多い。40代になった現在でも10代の頃と体格は変化しておらず、プロポーションや美声は健在である。中性的だが幼さの残る容姿であるため人妻役から娘役や姉役や妹役や母親役など年齢に関係なく様々な人物を幅広く演じており、ダーク・アイランドでは20代にもかかわらず10代の少女役を演じ、『彼女が死んだ週』でも30代ながらもティーン・エイジャーの少女役を演じている。2002年のトロント国際映画祭で紹介されたブリジットの最新作『St.モニカ〜』で、ジーニー賞の最優秀助演女優としてノミネートされた。 1993年にも、プロデューサーのロバート・ラントスと初めて組んで製作した作品『I Love a Man in Uniform』で、ジーニー賞に最優秀女優としてノミネートされた。キャスリン・ビグロー監督作品でジェームズ・キャメロンが脚本を担当した1995年の映画『ストレンジ・デイズ/1999年12月31日』ではレイフ・ファインズらと共演。他人の五感を再現する装置「スクイッド」を強制的に頭部に装着されレイプされ殺される娼婦アイリス役で出演している。このシーンはかなり有名でありオマージュやパロディが行われている。ブリジット・バーコ フレッシュアイペディアより)

  • 井上 倫宏

    井上倫宏から見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    ことの終わり(モーリス〈レイフ・ファインズ〉)井上倫宏 フレッシュアイペディアより)

  • ジェシカ・チャステイン

    ジェシカ・チャステインから見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    2011年にはテレンス・マリック監督の『ツリー・オブ・ライフ』、アル・パチーノが監督したオスカー・ワイルドの戯曲『サロメ』のドキュメンタリー・ドラマ『Wilde Salome』、レイフ・ファインズ監督によるシェイクスピア悲劇『コリオレイナス』の映画化、キャスリン・ストケットのベストセラー小説の映画化『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』を含む6本、翌2012年には禁酒法時代を舞台にしたジョン・ヒルコート監督作『欲望のバージニア』とタイトル未定のテレンス・マリック監督作の公開が控える。ジェシカ・チャステイン フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマン リターンズ

    スーパーマン リターンズから見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    スーパーマン役はアメリカ・カナダ・オーストラリアなどで公開オーディションを行い、ブライアン・シンガー監督の「原作コミックのイメージに一番近い」評価を受け、ブランドン・ラウスが選ばれた。『スーパーマン』の最初の実写版映画化(1948年、1950年)とテレビシリーズでロイス・レーンを演じたノエル・ニールが、ルーサーに騙されて遺産を送る病床の老富豪を演じている。ニールは1978年の『スーパーマン』にも最初のスーパーマン俳優カーク・アレンと共に、少女時代のロイス・レーンの両親役で出演している。『スーパーマン』のテレビシリーズでジミー・オルセンを演じたジャック・ラーソンが老バーテンダー役で出演している。また、CGを駆使して、故人である俳優マーロン・ブランドを出演させて話題になった。かつての企画ではティム・バートンが監督で予定されていた。その際にはスーパーマン役にニコラス・ケイジでレックス役には本作品と同じくケヴィン・スペイシーがキャスティングされていた。バートンは更にスーパーマン役の候補としてデイヴィッド・ドゥカヴニーやレイフ・ファインズを考えていた。結局ケイジで企画が進み始めた頃に、予算がかかりすぎると言う理由で二人は降板した。エンドロールにて、旧4部作にてスーパーマン役を務めたクリストファー・リーヴとその妻のディナ・リーヴに敬意を表して、「この映画を故クリストファー・リーヴならびに故ディナ・リーヴに捧ぐ」というテロップが入れられている。スーパーマン リターンズ フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマンの映画作品

    スーパーマンの映画作品から見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    2002年9月、ブレット・ラトナーが監督として雇われ、2003年末頃撮影開始が予定された。ラトナーはスーパーマン役にジョシュ・ハートネットとジュード・ロウへ接近したが、続編へ出演契約義務があるため、有名俳優をタイトルロールにするのは難しいことが判明した。ハートネットには3作で合計1億ドルの出演料が提示されたが、彼はオファーを断った。『Superman: Flyby』の予算は2億ドル(『Superman Reborn』、『Superman Lives』、『Batman vs. Superman』に費やした額は含まれない)であり、またスタジオは公開日を2004年夏と決定した。クリストファー・ウォーケンはペリー・ホワイト役に交渉され、またラトナーはアンソニー・ホプキンスをジョー=エル役、レイフ・ファインズをレックス・ルーサー役でキャスティングする構想であった。スーパーマンの映画作品 フレッシュアイペディアより)

  • アーモン・ゲート

    アーモン・ゲートから見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    スティーブン・スピルバーグ監督の映画『シンドラーのリスト』(1993年)では、ゲート役をレイフ・ファインズが演じた。収容所でゲートが行った非人道的行為も描写されている。この為か、ゲートの所業を知る当時の生存者がプワシュフ収容所の場面の撮影現場に訪れた際は、誰一人としてファインズの側に近寄らなかったという。ファインズが演じたゲートのキャラクターは、2003年にアメリカ映画協会が行った、アメリカ映画100年の悪役ベスト50で15位に選ばれた。アーモン・ゲート フレッシュアイペディアより)

  • サヴィル・ロウ

    サヴィル・ロウから見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    顧客にはフレッド・アステア、ゲイリー・クーパー、マレーネ・ディートリッヒ、セシル・ビートン、ローレンス・オリヴィエ、ノエル・カワード、レイフ・ファインズ、マノロ・ブラニク、そしてチャールズ皇太子など各界の著名人が名を連ね、2004年にはグッチやイヴ・サンローランのクリエイティブ・ディレクターを務めたトム・フォードもW誌の撮影用のスーツを依頼し顧客となるなどサヴィル・ロウを代表するテイラーの一つであったが、2005年3月にオールド・バーリントンへと店を移転させた。サヴィル・ロウ フレッシュアイペディアより)

58件中 21 - 30件表示

「レイフ・ファインズ」のニューストピックワード