73件中 31 - 40件表示
  • ブリジット・バーコ

    ブリジット・バーコから見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    中性的だが幼さの残る容姿であるため人妻役から娘役や姉役や妹役や母親役など年齢に関係なく様々な人物を幅広く演じており、『ダーク・アイランド』では20代にもかかわらず10代の少女役を演じ、『彼女が死んだ週』でも30代ながらもティーン・エイジャーの少女役を演じている。2002年のトロント国際映画祭で紹介された『St.モニカ〜』で、ジニー賞の最優秀助演女優としてノミネートされた。 1993年にもプロデューサーのロバート・ラントスと初めて組んで製作した作品『I Love a Man in Uniform』で、ジニー賞最優秀女優賞にノミネートされた。キャスリン・ビグロー監督作品でジェームズ・キャメロンが脚本を担当した1995年の映画『ストレンジ・デイズ/1999年12月31日』ではレイフ・ファインズらと共演。他人の五感を再現する装置「スクイッド」を強制的に頭部に装着されレイプされ殺される娼婦アイリス役で出演している。ブリジット・バーコ フレッシュアイペディアより)

  • クイズ・ショウ

    クイズ・ショウから見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    チャールズ・ヴァン・ドーレン - レイフ・ファインズ(宮本充)クイズ・ショウ フレッシュアイペディアより)

  • タイタンの戦い (1981年の映画)

    タイタンの戦い (1981年の映画)から見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    2010年3月26日に全米公開。日本では2010年4月23日に公開された。監督:ルイ・レテリエ。出演:サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズなど。タイタンの戦い (1981年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • コリオレイナス

    コリオレイナスから見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    レイフ・ファインズの監督デビュー作で主演も務めた2011年のイギリス映画『英雄の証明』(原題:Coriolanus)は、現代に舞台を移したこの戯曲の映画化作品である。コリオレイナス フレッシュアイペディアより)

  • ナイロビの蜂

    ナイロビの蜂から見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    ジャスティン・クエイル - レイフ・ファインズ(小杉十郎太)ナイロビの蜂 フレッシュアイペディアより)

  • ゴルトベルク変奏曲

    ゴルトベルク変奏曲から見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    イングリッシュ・ペイシェント - 廃墟になった修道院で、重い火傷を負ったアルマシー(レイフ・ファインズ)を看病するハナ(ジュリエット・ビノシュ)が、埃まみれのピアノを見つけてアリアをゆっくりと弾き始める。第1変奏に移ったところで、爆弾が仕掛けられている恐れのあることを警告され中断する。ゴルトベルク変奏曲 フレッシュアイペディアより)

  • トニー賞 演劇主演男優賞

    トニー賞 演劇主演男優賞から見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    1995年:レイフ・ファインズ - 『ハムレット』トニー賞 演劇主演男優賞 フレッシュアイペディアより)

  • アーモン・ゲート

    アーモン・ゲートから見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    スティーヴン・スピルバーグ監督の映画『シンドラーのリスト』(1993年)では、ゲート役をレイフ・ファインズが演じた。映画ではシンドラーと対照的な双子的存在の悪役として描かれる。ファインズが演じたゲートのキャラクターは、2003年にアメリカ映画協会が行った、アメリカ映画100年の悪役ベスト50で15位に選ばれた。アーモン・ゲート フレッシュアイペディアより)

  • イングリッシュ・ペイシェント

    イングリッシュ・ペイシェントから見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    『イングリッシュ・ペイシェント』(The English Patient)は、1996年公開のアメリカの恋愛映画。ブッカー賞を受賞したマイケル・オンダーチェの小説『イギリス人の患者』を原作として、アンソニー・ミンゲラが監督と脚色を兼任した。出演はレイフ・ファインズ、クリスティン・スコット・トーマス、ジュリエット・ビノシュ、ウィレム・デフォー。イングリッシュ・ペイシェント フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマンの映画作品

    スーパーマンの映画作品から見たレイフ・ファインズレイフ・ファインズ

    2002年9月、ブレット・ラトナーが監督として雇われ、2003年末頃撮影開始が予定された。ラトナーはスーパーマン役にジョシュ・ハートネットとジュード・ロウへ接近したが、続編へ出演契約義務があるため、有名俳優をタイトルロールにするのは難しいことが判明した。ハートネットには3作で合計1億ドルの出演料が提示されたが、彼はオファーを断った。『Superman: Flyby』の予算は2億ドル(『Superman Reborn』、『Superman Lives』、『Batman vs. Superman』に費やした額は含まれない)であり、またスタジオは公開日を2004年夏と決定した。クリストファー・ウォーケンはペリー・ホワイト役に交渉され、またラトナーはアンソニー・ホプキンスをジョー=エル役、レイフ・ファインズをレックス・ルーサー役でキャスティングする構想であった。スーパーマンの映画作品 フレッシュアイペディアより)

73件中 31 - 40件表示