149件中 91 - 100件表示
  • クイック&デッド

    クイック&デッドから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    『クイック&デッド』()は、1995年に公開された、トライスター・ピクチャーズと日本衛星放送との共同製作によるアメリカ・日本合作映画。サム・ライミ監督による西部劇である。主役の女ガンマンを演じるシャロン・ストーンが製作にも参加し、当時オーストラリアの知る人ぞ知る名優だったラッセル・クロウを相手役に抜擢し、若手ホープだったレオナルド・ディカプリオを必死に交渉して出演させた。クイック&デッド フレッシュアイペディアより)

  • あのころ僕らは

    あのころ僕らはから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    『あのころ僕らは』(Don's Plum)は、2001年のアメリカ映画。主演はレオナルド・ディカプリオとトビー・マグワイア。低予算で制作された白黒映画で、撮影は1995年から1996年にかけて行われた。2001年2月10日に、ベルリンで初公開される。あのころ僕らは フレッシュアイペディアより)

  • チェイサー (2008年の映画)

    チェイサー (2008年の映画)から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    韓国では観客動員数が500万人を超えるヒット作となり、2008年大鐘賞(韓国のアカデミー賞)主要6部門の他、大韓民国映画大賞を受賞した。第61回カンヌ国際映画祭の特別招待作品である。ワーナー・ブラザース映画とレオナルド・ディカプリオがリメイク権を獲得している。チェイサー (2008年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • エスター

    エスターから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    製作:ジョエル・シルバー、スーザン・ダウニー、ジェニファー・デイヴィソン・キローラン、レオナルド・ディカプリオエスター フレッシュアイペディアより)

  • ブラッド・ダイヤモンド

    ブラッド・ダイヤモンドから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    一方、ローデシア(現・ジンバブエとザンビア)出身の白人傭兵のダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、RUFに武器を調達し、代わりに受け取ったダイヤモンドを隣国リベリアへ密輸中に逮捕されてしまう。留置所でのソロモンとポイゾンのやり取りを聞いたアーチャーは、ソロモンが見つけた大粒のピンク・ダイヤを手に入れて、紛争の絶えないアフリカの地を脱出するための切符にしようと考える。ブラッド・ダイヤモンド フレッシュアイペディアより)

  • イングロリアス・バスターズ

    イングロリアス・バスターズから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    タランティーノはハンス・ランダ役にはもともとレオナルド・ディカプリオを希望していたが、その後、さらに年上のドイツ人俳優を起用することを決めた。最終的に、この役はオーストリア人のクリストフ・ヴァルツが演じることになった。タランティーノは脚本を書きながら、ランダが完璧でないと妥協になると思っていたが、ある日オーディション会場にヴァルツが入ってきたという。「自分の映画にでてくれ」とヴァルツに頼んだところ、「演じられるような役じゃない」と不安がられたという。イングロリアス・バスターズ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・コーヴ

    ザ・コーヴから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    THE COVEを支持するハリウッドスター・オスカー受賞俳優ら(ロビン・ウイリアムズ、ベン・スティラー、ジェニファー・アニストン、コートニー・コックス、ジェイソン・ムラーズ、ポール・ラッドなど)が映画への応援メッセージを寄せている。またレオナルド・ディカプリオも推奨する映画としてTHE COVEを上げている。ザ・コーヴ フレッシュアイペディアより)

  • 上田 晋也

    上田晋也から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    有田とは対照的に、家電に全く興味が無い。テレビもつい最近まで14型のブラウン管テレビを使用。画面の映りが非常に悪く、常時ザラっとした映像が流れていて、アンタッチャッブルの柴田英嗣と「タイタニック」を見たときはレオナルド・ディカプリオが2人いるように映り、TRFが出演しているときはTRFが何人いるか把握できないぐらいの映りの悪さ(ゴースト)でテレビを見ていたという。上田晋也 フレッシュアイペディアより)

  • 内田 夕夜

    内田夕夜から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    声優としては海外ドラマ・洋画の吹き替えを中心に活動し、レオナルド・ディカプリオなどの吹き替えで知られる。アニメへの出演は散発的だったが、『二十面相の娘』の二十面相役を機に多くなっている。内田夕夜 フレッシュアイペディアより)

  • 新宿二丁目

    新宿二丁目から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    ゲイ映画も多く公開され、1980年代後半のイギリスのゲイ映画「アナザー・カントリー」、「モーリス」の日本公開を経て、ゲイの青年同士の恋愛模様をドッキュメンした小島康史監督「らせんの素描」(91年)、リバー・フェニックスとキアヌ・リーブスが主演した「マイ・プライベート・アイダホ」(91年)、中島丈博監督「「おこげ」(92年、一部は二丁目で撮影されている)、キャストにゲイが登場した滝田洋二郎監督の「眠らない街 新宿鮫」(1993年)、橋口亮輔監督作品で、袴田吉彦が主演した「二十才の微熱」(93年)、岡田義徳主演の「渚のシンドバッド」(95年)、トム・クルーズとブラッド・ピット主演の「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」(94年)、レオナルド・ディカプリオが主演した「太陽と月に背いて」(1996年日本公開)、今泉浩一監督の「憚り天使」(1999年)などが公開された。新宿二丁目 フレッシュアイペディアより)

149件中 91 - 100件表示

「レオナルド・ディカプリオ」のニューストピックワード