211件中 11 - 20件表示
  • 華麗なるギャツビー (2013年の映画)

    華麗なるギャツビー (2013年の映画)から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    『華麗なるギャツビー』(かれいなるギャツビー)(原題: The Great Gatsby)は、2013年のアメリカ合衆国の恋愛・である。F・スコット・フィッツジェラルドの1925年の小説『グレート・ギャツビー』を原作としており、バズ・ラーマンが監督・脚本を務めている。出演はレオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン、アイラ・フィッシャー、ジェイソン・クラークらである。華麗なるギャツビー (2013年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデングローブ賞 映画部門 主演男優賞 (ドラマ部門)

    ゴールデングローブ賞 映画部門 主演男優賞 (ドラマ部門)から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    2004年(第62回) - レオナルド・ディカプリオ - 『アビエイター'''』ゴールデングローブ賞 映画部門 主演男優賞 (ドラマ部門) フレッシュアイペディアより)

  • フランク・アバグネイル

    フランク・アバグネイルから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    歴代の詐欺師の中では詐取した金額こそ突出してはいないものの、若さ(16歳という若さで活動を始めた)と手口の大胆さ・鮮やかさで、米国では彼の詐欺事件がしばしばTV番組などで報道されたこともあり、よく知られていた。後、著した自伝「Catch me if you can」(邦訳:『世界をだました男』新潮文庫…表記は「アバネイル」)はベストセラーとなり、それを元に『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(監督:スティーヴン・スピルバーグ、主演:レオナルド・ディカプリオ)として、映画化もされた。フランク・アバグネイル フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・スコセッシ

    マーティン・スコセッシから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    2002年の『ギャング・オブ・ニューヨーク』以降、それまでのスコセッシ作品とは比較にならない制作費をつぎ込んだ映画を発表するようになり、その3作品全てで主演を張ったのがレオナルド・ディカプリオである。『ギャング・オブ・ニューヨーク』はスコセッシ自らが1970年代から温めていた念願の企画で、ディカプリオが参加することで興行価値を見込まれてやっと出資が実現した。その後の『アビエイター』は逆にディカプリオ自身のプロダクションの旗揚げ作品で、スコセッシに監督を依頼して制作した。スコセッシがこの作品と『ディパーテッド』を監督した背景には『ギャング・オブ・ニューヨーク』の興行不振があったものと見られるが、皮肉にも自身の企画では無いこれら2作品が、アメリカ国内での興収1億ドルを突破した。2013年の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』では自身の監督作で歴代最高の全世界興行収入を記録した。2016年の『沈黙 -サイレンス-』はハリウッド色の無い低予算で製作された。マーティン・スコセッシ フレッシュアイペディアより)

  • MTVムービー・アワード 演技賞

    MTVムービー・アワード 演技賞から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    男性演技賞: レオナルド・ディカプリオ - 『タイタニック』MTVムービー・アワード 演技賞 フレッシュアイペディアより)

  • 県敏哉

    県敏哉から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    The Departed ディパーテッド : Billy (Voice of Leonardo DiCaprio レオナルド・ディカプリオ)県敏哉 フレッシュアイペディアより)

  • 松田洋治

    松田洋治から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    1997年には、映画『もののけ姫』の主人公アシタカの声や、同年、映画タイタニック主演のレオナルド・ディカプリオの吹き替えを担当し知名度を高める。ただし、宮崎駿監督作品に関してはもののけ姫が初ではなく、1984年の『風の谷のナウシカ』にも出演している。松田洋治 フレッシュアイペディアより)

  • ディパーテッド

    ディパーテッドから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    監督・製作はマーティン・スコセッシ。出演はレオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォールバーグ。ディパーテッド フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンラズベリー賞 最低スクリーンカップル賞

    ゴールデンラズベリー賞 最低スクリーンカップル賞から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    1998年 レオナルド・ディカプリオ & レオナルド・ディカプリオ (双子役) - 『仮面の男』ゴールデンラズベリー賞 最低スクリーンカップル賞 フレッシュアイペディアより)

  • 浪川大輔

    浪川大輔から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    しかし中学時代から、子役の仕事の都合で学校を遅刻・早退するのが嫌だと仕事をサボるようになり、プロデューサーに「なぜ来ないんだ」と言われると「気分が乗らないから」とふてくされた態度を取るようになった。結果、たまに来る仕事以外は声優としての仕事がなくなった。中学時代は卓球、高校時代は東京都立神代高等学校のハンドボール部に入部、部長を務めていた。大学時代には社会人リーグで自分でハンドボールチームを作り、将来はスポーツの世界で生きていけたらと思っていたが、試合中に全治1年半のケガを負い断念。大学では心理学を学んでいたが、専門知識を生かせる就職先は狭き門であり、浪川自身、社会で勝負していけることは何かと悩んでいた時期があった。その際、映画『ロミオ+ジュリエット』のテレビ放映にあたり、レオナルド・ディカプリオの吹き替えを通して改めて声優を志すことを決意する。声優として失った信頼を取り戻すためにかつて自身を起用していた制作会社に増長した態度を取ったことを謝罪し、こうして許してくれた少数の会社から仕事を貰えるようになった。1999年には東京国際大学福祉心理学科を卒業。声優の仕事だけでは食べていけないこともあり、7年間アパレル関連の会社に勤務した経歴を持つ。大学時代に作ったハンドボールチームは現在も続いており、30歳くらいまでキャプテンを務めていた。浪川大輔 フレッシュアイペディアより)

211件中 11 - 20件表示

「レオナルド・ディカプリオ」のニューストピックワード