149件中 51 - 60件表示
  • ジゼル・ブンチェン

    ジゼル・ブンチェンから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    俳優レオナルド・ディカプリオとの交際も有名である。彼らは2000年、ロサンゼルスで開かれたファッション・パーティを通じて知り合った。その次の日ディカプリオは彼女に花を贈り食事に誘ったが彼女はそれを拒否している。1ヵ月後、ディカプリオはデートの約束を取り付けたが、2005年のアカデミー賞授賞式まで公の場に2人で姿を現したことは無かった。2005年11月、破局した。ジゼル・ブンチェン フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ケンドリック

    ブライアン・ケンドリックから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    ブライアン・ケンドリック(Brian Kendrick、1979年5月29日 - )は、アメリカ合衆国のプロレスラー。ワシントン州オリンピア出身。日本ではスパンキー、またはレオナルド・スパンキーのリングネームで知られる(レオナルドはレオナルド・ディカプリオに由来)。ブライアン・ケンドリック フレッシュアイペディアより)

  • 第79回アカデミー賞

    第79回アカデミー賞から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    この『ドリームガールズ』の候補落ちを筆頭に、サプライズが多い結果となった。候補常連のベテラン俳優ジャック・ニコルソン(彼の代わりにマーク・ウォルバーグが候補になったことも多くの人に驚かれている)や前哨戦では数多く候補にあがりこちらも外国語映画賞部門で候補入り確実視されていた『ボルベール〈帰郷〉』が落選、レオナルド・ディカプリオが、作品賞候補にあがり有力視されていた『ディパーテッド』ではなく『ブラッド・ダイヤモンド』の方で候補にあがったことなどが挙げられる。第79回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • パームスプリングス国際映画祭

    パームスプリングス国際映画祭から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    ソニー・ピクチャーズ・クラシックスの社長のマイケル・バーカーは、本映画際は外国語映画を紹介するのに適した場所であり、映画の良い評判を広める能力があると説明した。これまで授賞式にはブラッド・ピット、クリント・イーストウッド、ショーン・ペン、ダスティン・ホフマン、アン・ハサウェイ、レオナルド・ディカプリオなどの俳優が登場した。2011年1月の映画祭受賞者はベン・アフレックとダニー・ボイルであった。映画祭のディレクターは、長年シアトル映画祭のディレクターを務めているダリル・マックドナルドである。パームスプリングス国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • モービー

    モービーから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    テクノを中心に、ハウス、ハードコア、ビッグビート系など、ジャンルに捉われない多彩な作品を発表している。1980年代末にイギリスで起きたセカンド・サマー・オブ・ラブの影響を受けて1990年代初頭から活動を始め、Angelo Badalamentiの『ツイン・ピークス』のテーマ曲をサンプリングした『GO』がレイブ・アンセムとして大ヒットとなり、一躍世界的なダンス・アクトの仲間入りをする。その後、レイブを離れ音楽スタイルを徐々に変えつつ、古いブルースなどをサンプリングしてダンス・トラックに載せた、1999年のアルバム『Play』によってそれまでのクラブ音楽のリスナーを越えて一般チャートで大ヒット、『Porcelain』(ポルセリン)は、レオナルド・ディカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』のメインテーマとなり、アルバム収録曲がすべてTVCMに使われるなどして、全世界で1000万枚を超えるモンスター・ヒットとなった。現在の音楽性は、かつてのレイブとは異なり、BGMやチルアウト音楽として、誰にでも聴ける幅広いポップな作風である。モービー フレッシュアイペディアより)

  • キング・オブ・コメディ

    キング・オブ・コメディから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    興行的にはそれほど成功しなかったが、映画人からの評価は高い。黒澤明、ヴィム・ヴェンダース、松田優作、レオナルド・ディカプリオらが、この作品を愛している。松田優作は『ペントハウス』誌のインタビューでデ・ニーロについて「この映画を見る前までは手が届く存在だと思っていたが、これを見て脱帽した」と発言。キング・オブ・コメディ フレッシュアイペディアより)

  • ハワード・ヒューズ

    ハワード・ヒューズから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    2004年製作(日本公開は2005年)、アカデミー賞5部門を獲得したマーティン・スコセッシ監督の大作『アビエイター』で、アメリカ人俳優レオナルド・ディカプリオが、ヒューズの生涯を演じアカデミー賞主演男優賞候補になった。ディカプリオ自身の受賞はかなわなかったものの、作品自体は5部門獲得した。ハワード・ヒューズ フレッシュアイペディアより)

  • ヘザー・グラハム

    ヘザー・グラハムから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    恋多き女性であり、これまで俳優ジェームズ・ウッズ、ミュージシャン・ジェイソン・フォークナー、監督クリス・ウェイツ、俳優ジョシュ・ルーカス、俳優イライアス・コティーズ、俳優カイル・マクラクラン、俳優エドワード・バーンズ、俳優ヒース・レジャー、監督スティーヴン・ホプキンズ、俳優マシュー・ペリー、俳優レオナルド・ディカプリオなどと交際したことがあると報じられている。ヘザー・グラハム フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ヴァイパー・ルーム

    ザ・ヴァイパー・ルームから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    開店の年に起こったリヴァー・フェニックスの死にも関わらず、このクラブはハリウッドで最も人気のある若い俳優やミュージシャンたちの溜まり場であり続けている。常連客には、ジェニファー・アニストン、リサ・マリー・プレスリー、ジャレッド・レト、クリスティナ・アップルゲイト、アンジェリーナ・ジョリー、ロザリオ・ドーソン、トビー・マグワイア、レオナルド・ディカプリオらがいる。カウンティング・クロウズのリード・シンガー、アダム・デュリッツ (Adam Duritz)は、バンドが急に有名になったことから逃避するため、1994年の遅い時期から1995年はじめにかけて、ザ・ヴァイパー・ルームでバーテンダーとして働いていた。ザ・ヴァイパー・ルーム フレッシュアイペディアより)

  • オービタル

    オービタルから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    1994年のアルバムSnivilisation以降、1995年にHalcyon+on+onが映画ハッカーのサウンドトラックに使われてからは映画への曲提供も増えるようになり、1996年のアルバムIn Sides収録のThe Boxや、ヴァル・キルマー主演の同名映画のテーマThe Saint、2000年にはレオナルド・ディカプリオ主演のザ・ビーチへの曲提供、2003年には映画Octaneのサントラアルバムを担当するなどした。ゲームへの曲提供も行われ、1995年にはP. E. T. R. O. Lをワイプアウトのゲーム中の曲として提供している。オービタル フレッシュアイペディアより)

149件中 51 - 60件表示

「レオナルド・ディカプリオ」のニューストピックワード