149件中 61 - 70件表示
  • 第64回ゴールデングローブ賞

    第64回ゴールデングローブ賞から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    個人別ではヘレン・ミレンが候補となった3つの内、2部門で受賞(テレビ部門の同一カテゴリで2つ候補にあがったため、これが限界)。他、アネット・ベニング、エミリー・ブラント、キウェテル・イジョフォー、クリント・イーストウッド(外国語映画賞を含むと3つ)、レオナルド・ディカプリオ、トニ・コレット、ビヨンセ・ノウルズもそれぞれダブル候補となった。うち、ブラントは受賞、イーストウッドは外国語映画賞受賞作の監督としてトロフィーを得ている。第64回ゴールデングローブ賞 フレッシュアイペディアより)

  • ベレッタPx4

    ベレッタPx4から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    インセプション:コブ(レオナルド・ディカプリオ)が使用。ベレッタPx4 フレッシュアイペディアより)

  • レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

    レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまでから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    『タイタニック』のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが夫婦役で再共演。またキャシー・ベイツも『タイタニック』以来の再共演を果たしている。また、ウィンスレットは実生活上の夫であるサム・メンデスの監督作品に、初出演・主演している。レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで フレッシュアイペディアより)

  • スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜

    スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    当初主人公の役にはレオナルド・ディカプリオやクリス・パインが検討されたが、最終的にライアン・ゴズリングに決まった。撮影は2011年2月にシンシナティで始まり、3月から4月にかけてはデトロイトとアナーバーで行われた。3月14日のミシガン大学での撮影には1000人のエキストラが集められた。スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜 フレッシュアイペディアより)

  • ギルバート・グレイプ

    ギルバート・グレイプから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    『ギルバート・グレイプ』 (原題: What's Eating Gilbert Grape)は、1993年のアメリカ映画。ピーター・ヘッジスの同名小説の映画化。レオナルド・ディカプリオがアカデミー賞にノミネートされた。ギルバート・グレイプ フレッシュアイペディアより)

  • クレア・デインズ

    クレア・デインズから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    1994年に『若草物語』で映画デビュー。同年放送のテレビシリーズ『アンジェラ15歳の日々』でゴールデングローブ賞主演女優を受賞し、一躍脚光を浴びる。1996年にレオナルド・ディカプリオと共演した『ロミオ+ジュリエット』でアイドル女優となるが、その後も若手演技派として活躍している。クレア・デインズ フレッシュアイペディアより)

  • ジュリエット・ルイス

    ジュリエット・ルイスから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    ロサンゼルス生まれ。父は俳優ジェフリー・ルイスで母親はグラフィックデザイナー。14歳でテレビのシットコムI Married Doraに出演し、ヤング・アーティスト・アワードにノミネートされた。その後高校を中退後に映画デビュー。特に注目を集めたのはマーティン・スコセッシ監督によるスリラー映画『ケープ・フィアー』で、ニック・ノルティ演じる弁護士の主人公の娘を演じて、アカデミー助演女優賞にノミネートされた。その後も様々な映画に立て続けに出演し、まだ若手であったブラッド・ピット、ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオなど錚々たる俳優たちと共演。女優としての地位を確実に築き上げた。1994年に出演した『カーラの結婚宣言』ではラジー賞にノミネートされるも、その後出演したテレビドラマではインディペンデント・スピリット賞やエミー賞にノミネートされて実力を証明した。ジュリエット・ルイス フレッシュアイペディアより)

  • グレッチェン・モル

    グレッチェン・モルから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    1996年にスパイク・リー監督の『ガール6』で映画デビュー。1998年公開のウディ・アレン監督の『セレブリティ』でレオナルド・ディカプリオの恋人役で注目を集める。舞台にも出演しており、2001年には『彼氏がステキになったワケ』に、2003年から2004年までは『シカゴ』に出演。グレッチェン・モル フレッシュアイペディアより)

  • ワールド・ウォーZ

    ワールド・ウォーZから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    レオナルド・ディカプリオの製作会社であるアッピアン・ウェイとの入札競争を経て、2007年にブラッド・ピットのプランBエンターテインメントが小説の映画化権を獲得した。脚本は『バビロン5』と『Rising Stars』のクリエーターであるJ・マイケル・ストラジンスキーが執筆し、彼は映画化の際に「ゾンビ戦争の国連レポートから主役をつくる」ことを明かした。監督契約はマーク・フォースターが交わし、彼は『大統領の陰謀』のような陰謀スリラーにしたいと説明した。ストラジンスキーは比較対象として2002年のスパイ映画『ボーン・アイデンティティー』を挙げ、政治的観点から広く国際的な視点を持つことを指摘した。ワールド・ウォーZ フレッシュアイペディアより)

  • アンバー・ヴァレッタ

    アンバー・ヴァレッタから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    1990年代後半に、レオナルド・ディカプリオと交際していた。その後、アメリカのバレーボール・オリンピック代表選手Christian "Chip" McCawと結婚。2000年に長男を生んだ。アンバー・ヴァレッタ フレッシュアイペディアより)

149件中 61 - 70件表示

「レオナルド・ディカプリオ」のニューストピックワード