211件中 71 - 80件表示
  • H・H・ホームズ

    H・H・ホームズから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    レオナルド・ディカプリオがホームズを演じる映画 "Devil in the White City" は、ラーソンの書いた同名ノンフィクションを元に、マーティン・スコセッシ監督、ビリー・レイ脚本で制作されると報じられている。映画では1893年のシカゴ万国博覧会に向けたダニエル・バーナムの建設作業と、ホームズの「城」が描かれる。H・H・ホームズ フレッシュアイペディアより)

  • MTVムービー・アワード

    MTVムービー・アワードから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    最優秀男優:レオナルド・ディカプリオ(アビエイター)MTVムービー・アワード フレッシュアイペディアより)

  • 三森麻美

    三森麻美から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    好きな俳優は、レオナルド・ディカプリオ、ライアン・ゴズリング、ジェシー・アイゼンバーグ、レイチェル・マクアダムス、アンジェリーナ・ジョリー、クリスティン・ベル。三森麻美 フレッシュアイペディアより)

  • ピアーズ・セラーズ

    ピアーズ・セラーズから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    闘病しながら気候変動への警鐘を鳴らす活動をしていた。レオナルド・ディカプリオとともに気候変動問題を扱うドキュメンタリー番組「 地球が壊れる前に 」出演。ピアーズ・セラーズ フレッシュアイペディアより)

  • クリステン・コノリー

    クリステン・コノリーから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    1980年、ニュージャージー州モントクレアに生まれる。ヴァーモント州のMiddlebury Collegeと、イェール大学で演劇を学んだ。2003年にジュリア・ロバーツらが出演の『モナリザ・スマイル』の端役で映画デビュー。その後も小さい役ながらマーク・ウォールバーグ主演の『ハプニング』やレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが出演した『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』等の映画へ出演してキャリアを築いた。2012年に異色のホラー映画『キャビン』で、ヒロインを演じてクリス・ヘムズワースと共演。また同年にバリー・レヴィンソン監督の『ザ・ベイ』でもメインキャストに配役されるなど、近年ではメインの役柄を演じることが多くなっている。クリステン・コノリー フレッシュアイペディアより)

  • どーもくん

    どーもくんから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    どーもくん制作会社のドワーフはティー・ワイ・オーのグループ会社である。俳優のレオナルド・ディカプリオがオリコカードのCMに出演した際、制作会社であるティー・ワイ・オーは、どーもくんグッズをプレゼントした。ディカプリオは、「ブラウニー」と名づけ大のお気に入りとなったという。どーもくん フレッシュアイペディアより)

  • キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

    キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    パンアメリカン航空のパイロットや医師、弁護士に偽装し(弁護士の資格は本当に取得した)、1960年代に世界各地で小切手偽造事件を起こし「天才詐欺師」と言われたフランク・W・アバグネイル・Jr(レオナルド・ディカプリオ)と、彼を追うFBI捜査官カール・ハンラティ(トム・ハンクス)の姿を、痛快かつ人間味豊かに描く。なお、トム・ハンクス演じるFBI捜査官カール・ハンラティは実在の人物ではなく、彼を追い、また更生の手を差し伸べた複数の人物をモデルとした創作である。キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン フレッシュアイペディアより)

  • シャッター アイランド

    シャッター アイランドから見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    『シャッター アイランド』()は、2010年のアメリカ映画。原作はデニス・ルヘインによる同名のミステリー小説「Shutter Island」。監督マーティン・スコセッシ・主演レオナルド・ディカプリオの4度目の作品。シャッター アイランド フレッシュアイペディアより)

  • 第79回アカデミー賞

    第79回アカデミー賞から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    この『ドリームガールズ』の候補落ちを筆頭に、サプライズが多い結果となった。候補常連のベテラン俳優ジャック・ニコルソン(彼の代わりにマーク・ウォールバーグが候補になったことも多くの人に驚かれている)や前哨戦では数多く候補にあがりこちらも外国語映画賞部門で候補入り確実視されていた『ボルベール〈帰郷〉』が落選、レオナルド・ディカプリオが、作品賞候補にあがり有力視されていた『ディパーテッド』ではなく『ブラッド・ダイヤモンド』の方で候補にあがったことなどが挙げられる。第79回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第64回ゴールデングローブ賞

    第64回ゴールデングローブ賞から見たレオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオ

    個人別ではヘレン・ミレンが候補となった3つの内、2部門で受賞(テレビ部門の同一カテゴリで2つ候補にあがったため、これが限界)。他、アネット・ベニング、エミリー・ブラント、キウェテル・イジョフォー、クリント・イーストウッド(外国語映画賞を含むと3つ)、レオナルド・ディカプリオ、トニ・コレット、ビヨンセ・ノウルズもそれぞれダブル候補となった。うち、ブラントは受賞、イーストウッドは外国語映画賞受賞作の監督としてトロフィーを得ている。第64回ゴールデングローブ賞 フレッシュアイペディアより)

211件中 71 - 80件表示

「レオナルド・ディカプリオ」のニューストピックワード