レオナ・ルイス ニュース&Wiki etc.

レオナ・ルイス(Leona Lewis、1985年4月3日 - )は、イギリスの歌手、シンガーソングライター。イギリスのオーディション番組『Xファクター』における優勝を経て成功を収めた歌手として知られる。 (出典:Wikipedia)

「レオナ・ルイス」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「レオナ・ルイス」のつながり調べ

  • ジェシー・マッカートニー

    ジェシー・マッカートニーから見たレオナ・ルイス

    幼少期、両親の影響により俳優としてのキャリアをスタートさせ、2000年にボーイバンドドリームストリートの最年少メンバーとして歌手活動を開始する。グループの解散後、2004年に1stアルバム「Beautiful Soul」を発表しソロシンガーに転向。2006年には2ndアルバム「Right Where You Want Me」を発表。2007年には、自身の2ndアルバム収録曲としてワンリパブリックのフロントマンライアン・テダーと共作した楽曲「ブリーディング・ラヴ」が2ndアルバムのコンセプトに合わなかったため、イギリス人歌手レオナ・ルイスに提供、イギリスでNo.1ヒットとなると、ビルボードチャート20年振りの英国人1位を含む28各国以上で1位という大ヒットとなり、プロデューサーとしても名を上げている。2008年5月にトリッキー・スチュワート、ショーン・ギャレット、J.R.ロテムら旬のプロデューサー陣を招いて製作された2年振りの3rdアルバム「Departure」を発表。先行シングルの「Leavin'」が全米シングルスチャート自己最高の10位とスマッシュヒットとなっている。(ジェシー・マッカートニー フレッシュアイペディアより)

  • ハーツ (バンド)

    ハーツ (バンド)から見たレオナ・ルイス

    ファーストアルバムの『ハピネス』にはデビューシングルの"Better Than Love"やカイリー・ミノーグとのデュエット曲"Devotion"、アーサー・ベイカーにリミックスもされた"Wonderful Life"などが収録されている(リミックス版はボーナストラックとして収録)。カイリーとはザ・サン紙での「ビズ・セッション」という企画で彼女の"Confide in Me"をカバーするなどの関わりが多い。2010年秋、シザー・シスターズのツアーのサポートをすることを発表。また今後レオナ・ルイスと仕事をすることも発表されている。(ハーツ (バンド) フレッシュアイペディアより)

「レオナ・ルイス」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「レオナ・ルイス」のニューストピックワード

  • (長野市などと)話をしていかなければならない