前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示
  • 胸いっぱいの愛を (レッド・ツェッペリンの曲)

    胸いっぱいの愛を (レッド・ツェッペリンの曲)から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    この曲は、広く多数のアーティストたちによってカバーされている。イギリスでは、長寿テレビ番組だった『トップ・オブ・ザ・ポップス (Top of the Pops)』のテーマ曲として、この曲が1970年代から1980年代にかけて使用されていたため、非常によく知られた楽曲となっている。2008年8月24日に行なわれた北京オリンピックの閉会式では、次回の開催地がロンドンであることを踏まえてこの曲が大きく取り上げられ、ジミー・ペイジのギターとレオナ・ルイスのボーカルによる演奏が行なわれた。この演奏に関して、ルイスも主催者側も、歌詞の一部を変更することを求め、特に「I'm gonna give you every inch of my love」の部分が問題とされた。ルイスは、この部分が、女性が歌う歌詞としては意味をなさないと考えていた。胸いっぱいの愛を (レッド・ツェッペリンの曲) フレッシュアイペディアより)

  • Leona lewis

    Leona lewisから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    Leona lewis フレッシュアイペディアより)

  • ベター・イン・タイム

    ベター・イン・タイムから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    「ベター・イン・タイム」は、 イギリスの歌手レオナ・ルイスのデビュー・アルバム『スピリット』のためにJR・ローテム、アンドレア・マーティンによって製作され、またローテムがプロデュースした楽曲。この楽曲はアルバムの4曲目に収録されており(US盤では2曲目)、イギリスでは2008年3月に「フットプリンツ・イン・ザ・サンド」との両A面シングル扱いでアルバムからのサード・シングルとしてリリースされた。その後、世界ではレオナの特大ヒット曲「ブリーディング・ラヴ」に続く、アルバムからのセカンド・シングルとしてリリースされている。ベター・イン・タイム フレッシュアイペディアより)

  • ミリオン・ラヴ・ソングス

    ミリオン・ラヴ・ソングスから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    2006年にはイギリスのオーディション番組『Xファクター』の勝者レオナ・ルイスによってテイク・ザットと共に歌われた。ミリオン・ラヴ・ソングス フレッシュアイペディアより)

  • アバター (サウンドトラック)

    アバター (サウンドトラック)から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    作曲者のジェームズ・ホーナーは、『エイリアン2』、『タイタニック』に続いて3度目となるキャメロンとのコラボレーションである。ホーナーは2008年3月にナヴィ語で歌うコーラスを製作した。また彼は、エイリアンの音楽文化を創造するために音楽民族学者のワンダ・ブライアントと協力した。最初のセッションは、2009年春に行われる予定であった。主題歌の『アイ・シー・ユー (アバター・愛のテーマ)』はレオナ・ルイスにより歌われる。ミュージックビデオの監督はジェイク・ナヴァで、2009年12月15日にMySpaceで初公開された。アバター (サウンドトラック) フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・テダー

    ライアン・テダーから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    ライアン・テダー(Ryan Tedder, 1979年6月26日 - )は、アメリカ合衆国のシンガーソングライターで、ワンリパブリック (Onerepublic) のフロントマン。レオナ・ルイスに「Bleeding Love」を提供しNo.1ヒットとなる。他にもビヨンセなど楽曲提供多数。ライアン・テダー フレッシュアイペディアより)

  • レオナ・ルイスの作品

    レオナ・ルイスの作品から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    イギリスのポップ&現代R&B歌手、レオナ・ルイスの作品。レオナ・ルイスの作品 フレッシュアイペディアより)

  • ルール・ザ・ワールド

    ルール・ザ・ワールドから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    UKのチャートではオーディション番組Xファクターの勝者、レオナ・ルイスの"Bleeding Love"に負け、2位に4週間とどまった。ルール・ザ・ワールド フレッシュアイペディアより)

  • ペイシェンス

    ペイシェンスから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    2006年のUK売り上げ8位に認定され、トップ10にも10週間とどまり、テイク・ザットのこれまでの記録を塗り替えた。しかし、クリスマス・ナンバー1はレオナ・ルイスの「ア・モーメント・ライク・ディス」に譲った。また、ブリット・アウォーズでベストシングル賞を受賞し、発売されてから14週間経ったにもかかわらず、再びUKチャート・トップ10にランクインした。35万2500枚を売り上げた。ペイシェンス フレッシュアイペディアより)

  • ヘイドン・ベンドール

    ヘイドン・ベンドールから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    1991年にアビー・ロードを去り、フリーランスのプロデューサー、エンジニアとして活動を開始した。フリーランスとしては、ペット・ショップ・ボーイズ、エヴリシング・バット・ザ・ガール、パット・メセニー、クリス・ボッティ、レオナ・ルイス、ザ・プリースツ、マイク・バット、ケイティ・メルアの作品を手がけている。1992年にはパット・メセニーのグラミー受賞アルバム『シークレット・ストーリー』のエンジニアリングのほか、エリック・ウルフソンのミュージカル「ガウディ」、「ギャンブラー」、「ポー」を手がけた。ヘイドン・ベンドール フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示

「レオナ・ルイス」のニューストピックワード