前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • エミリー・サンデー

    エミリー・サンデーから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    同曲はイギリスのシングルチャートで初のトップ10を記録しており、ラッパーWileyの曲『Never Be Your Woman』でもトップ10を記録している。サイモン・コーウェルは、彼女の歌を聞いたすぐ後に、エミリーはお気に入りのソングライターになったと述べている。2012年にはブリット・アワードで受賞。シェール・ロイドやスーザン・ボイル、ガブリエル、リアーナ、レオナ・ルイス、シェリル・コール、タイニー・テンパーなど多くのアーティストに楽曲を提供している。2010年にEMI Music Publishingと出版関連の契約を交わす。後に、ヴァージン・レコードとレコード関連の契約を交わしたことを発表した。2011年8月に初のソロシングル『Heaven』を発売。イギリスとアイルランドで『Read All About It』『Next to Me』『Beneath Your Beautiful』の3つのシングルで1位を獲得。エミリー・サンデー フレッシュアイペディアより)

  • フィフス・ハーモニー

    フィフス・ハーモニーから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    『Xファクター』のオーディションでは、ビヨンセの『イフ・アイ・ワー・ア・ボーイ』を歌唱。L.A.リードから「歌をビヨンセさえ達しなかった場所へ運んだ」と称賛された。彼女は、シアラ、ビヨンセ、レオナ・ルイス、マライア・キャリーに影響を受けた。ブートキャンプの決勝で、もう1人の競技者と一緒にケリー・クラークソンの『ストロンガー(ホワット・ダズント・キル・ユー)』を歌ったが、パフォーマンス中に歌詞を忘れてしまった。これが影響してソロ歌手としては脱落したが、グループ結成の為に、番組に復帰した。フィフス・ハーモニー フレッシュアイペディアより)

  • 胸いっぱいの愛を

    胸いっぱいの愛をから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    この曲は、広く多数のアーティストたちによってカバーされている。イギリスでは、長寿テレビ番組だった『トップ・オブ・ザ・ポップス (Top of the Pops)』のテーマ曲として、この曲が1970年代から1980年代にかけて使用されていたため、非常によく知られた楽曲となっている。2008年8月24日に行なわれた北京オリンピックの閉会式では、次回の開催地がロンドンであることを踏まえてこの曲が大きく取り上げられ、ジミー・ペイジのギターとレオナ・ルイスのボーカルによる演奏が行なわれた。この演奏に関して、ルイスも主催者側も、歌詞の一部を変更することを求め、特に「I'm gonna give you every inch of my love」の部分が問題とされた。ルイスは、この部分が、女性が歌う歌詞としては意味をなさないと考えていた。胸いっぱいの愛を フレッシュアイペディアより)

  • Xファクター (テレビ番組)

    Xファクター (テレビ番組)から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    『The X Factor』(日本語題:Xファクター)は英ITVで2004年9月から放送中のリアリティ音楽オーディション番組。イギリスでは人気が非常に高く、ファイナルでは2,000万人が視聴して視聴率60%越えを記録した年もあった。輩出したアーティストはレオナ・ルイス、ワン・ダイレクションなど。過去の優勝者たちは、スティーブ・ブルックステイン、シェイン・ワード、レオナ・ルイス、リオン・ジャクソン、アレクサンドラ・バーク、ジョー・マケルダリー、マット・カードル、リトル・ミックス、ジェームズ・アーサー、サム・ベイリー、ベン・ヘイナウ、ルイーザ・ジョンソン。番組出身アーティストによって3,000万枚のシングル、1,800万枚のアルバムを売り上げている。また36枚のアルバムがトップ10入りを果たし、33枚のシングルがNO.1に輝いている。なおタイトルの「The X Factor」は、日本語版では「未知の才能」と訳されている。Xファクター (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • アヴィーチー

    アヴィーチーから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    2011年、彼のオリジナルトラックである「Fade Into Darkness」(以前のタイトル:Penguin)を、レオナ・ルイス側が無断でサンプリング、タイトル「Collide」としてリリースしようとしたため、アヴィーチー側は、レオナ・ルイス側に対して盗作したとして訴訟を起こそうとするが、のちに、アーティスト名をともに連ねることを条件にしたうえで和解が成立、「Collide」は全英シングルチャートで4位を記録する。アヴィーチー フレッシュアイペディアより)

  • Leona lewis

    Leona lewisから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    Leona lewis フレッシュアイペディアより)

  • リオーナ・ルイス

    リオーナ・ルイスから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    リオーナ・ルイス フレッシュアイペディアより)

  • バンビ (賞)

    バンビ (賞)から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    シューティングスターオブザイヤー:レオナ・ルイスバンビ (賞) フレッシュアイペディアより)

  • ミリオン・ラヴ・ソングス

    ミリオン・ラヴ・ソングスから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    2006年にはイギリスのオーディション番組『Xファクター』の勝者レオナ・ルイスによってテイク・ザットと共に歌われた。ミリオン・ラヴ・ソングス フレッシュアイペディアより)

  • アバター (サウンドトラック)

    アバター (サウンドトラック)から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    作曲者のジェームズ・ホーナーは、『エイリアン2』、『タイタニック』に続いて3度目となるキャメロンとのコラボレーションである。ホーナーは2008年3月にナヴィ語で歌うコーラスを製作した。また彼は、エイリアンの音楽文化を創造するために音楽民族学者のワンダ・ブライアントと協力した。最初のセッションは、2009年春に行われる予定であった。主題歌の『アイ・シー・ユー (アバター・愛のテーマ)』はレオナ・ルイスにより歌われる。ミュージックビデオの監督はジェイク・ナヴァで、2009年12月15日にMySpaceで初公開された。アバター (サウンドトラック) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示