52件中 11 - 20件表示
  • サラーム・レミ

    サラーム・レミから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    レミの活動は2008年後半に最盛期を迎え、Jazmine Sullivan、ナズ、Free、Nick Harrison、Lemar、Noel Gourdin、Julian Perretta、レオナ・ルイス、コリーヌ・ベイリー・レイ、クレイグ・デイヴィッドなどの他、多くの映画やテレビ番組にも関わった。サラーム・レミ フレッシュアイペディアより)

  • 齋藤雄三郎

    齋藤雄三郎から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    アメリカでVFXアーティストとして活躍し、MV、PV業界のカリスマ的名監督ジョセフ・カーン(Joseph Kahn)と共にブリトニー・スピアーズの「toxic」でVFX最高峰の権威であるILM主催VFXアワードやMTVアワードを受賞する。ミュージックビデオの総数はおよそ100本以上を数える。その後独立し、ビヨンセ、レオナ・ルイス、全米大手フォード社やサムソンなど数多くのインターナショナル・ブランドのテレビコマーシャルなどでVFX(特殊視覚効果)スーパーバイザーとして活躍する。齋藤雄三郎 フレッシュアイペディアより)

  • ジャスト・スタンド・アップ

    ジャスト・スタンド・アップから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    「ジャスト・スタンド・アップ」(原題:Just Stand Up!)は、マライア・キャリー、ビヨンセ、メアリー・J. ブライジ、リアーナ、ファーギー、シェリル・クロウ、メリッサ・エスリッジ、ナターシャ・ベディングフィールド、マイリー・サイラス、レオナ・ルイス、キャリー・アンダーウッド、キーシャ・コール、リアン・ライムス、アシャンティ、シアラといったポップ、R&B、ロック、カントリーの第一線で活躍する複数のミュージシャンによる楽曲であり、彼女らがArtists Stand Up to Cancerとして発表したガン研究の支援を目的としたチャリティー・シングル。ジャスト・スタンド・アップ フレッシュアイペディアより)

  • ブリーディング・ラヴ

    ブリーディング・ラヴから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    「ブリーディング・ラヴ」(Bleeding Love)は、ライアン・テダーとジェシー・マッカートニーによって作詞・作曲されまたテッダーがプロデュースした、イギリスの歌手・レオナ・ルイスのR&Bバラード曲。デビュー・アルバムにはオープニング曲として収録されている。この楽曲はアルバムからの1作目のシングル(公式にはケリー・クラークソンのカバー曲「ア・モーメント・ライク・ディス」に続くセカンドシングル扱い)にあたり、2007年10月にイギリスとアイルランドでリリースされた。デジタル規格では2007年12月にアメリカ合衆国でリリースされたのをはじめ、2007年12月から2008年3月にかけて世界中でリリースされている(リリース日一覧を参照)。ブリーディング・ラヴ フレッシュアイペディアより)

  • ミュージックステーション1000回記念スペシャル

    ミュージックステーション1000回記念スペシャルから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    981. レオナ・ルイス「Bleeding Love」2008年5月2日放送ミュージックステーション1000回記念スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • ハーツ (バンド)

    ハーツ (バンド)から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    ファーストアルバムの『ハピネス』にはデビューシングルの"Better Than Love"やカイリー・ミノーグとのデュエット曲"Devotion"、アーサー・ベイカーにリミックスもされた"Wonderful Life"などが収録されている(リミックス版はボーナストラックとして収録)。カイリーとはザ・サン紙での「ビズ・セッション」という企画で彼女の"Confide in Me"をカバーするなどの関わりが多い。2010年秋、シザー・シスターズのツアーのサポートをすることを発表。また今後レオナ・ルイスと仕事をすることも発表されている。ハーツ (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • レオナ・ルイスの作品

    レオナ・ルイスの作品から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    イギリスのポップ&現代R&B歌手、レオナ・ルイスの作品。レオナ・ルイスの作品 フレッシュアイペディアより)

  • マックス・マーティン

    マックス・マーティンから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    1990年代後半から2000年代前半にかけての彼の音楽は、ダンス向きのピアノ/シンセラーデン・ポップサウンドにファンク、ヘビーメタル、ユーロポップなどを混合したスタイルが特徴であった。しかし、ケリー・クラークソンの2004年と2005年のヒット曲「シンス・ユー・ビー・ゴーン」「ビハインド・ジーズ・ヘイゼル・アイズ」あたりから、より重いロックサウンドが増えた。2009年からR&Bジャンルへも進出し、レオナ・ルイスやリアーナ、アッシャー、T.I.などの様なアーティストの為に楽曲を提供した。マックス・マーティン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイドン・ベンドール

    ヘイドン・ベンドールから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    1991年にアビー・ロードを去り、フリーランスのプロデューサー、エンジニアとして活動を開始した。フリーランスとしては、ペット・ショップ・ボーイズ、エヴリシング・バット・ザ・ガール、パット・メセニー、クリス・ボッティ、レオナ・ルイス、ザ・プリースツ、マイク・バット、ケイティ・メルアの作品を手がけている。1992年にはパット・メセニーのグラミー受賞アルバム『シークレット・ストーリー』のエンジニアリングのほか、エリック・ウルフソンのミュージカル「ガウディ」、「ギャンブラー」、「ポー」を手がけた。ヘイドン・ベンドール フレッシュアイペディアより)

  • ペイシェンス

    ペイシェンスから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    2006年のUK売り上げ8位に認定され、トップ10にも10週間とどまり、テイク・ザットのこれまでの記録を塗り替えた。しかし、クリスマス・ナンバー1はレオナ・ルイスの「ア・モーメント・ライク・ディス」に譲った。また、ブリット・アウォーズでベストシングル賞を受賞し、発売されてから14週間経ったにもかかわらず、再びUKチャート・トップ10にランクインした。35万2500枚を売り上げた。ペイシェンス フレッシュアイペディアより)

52件中 11 - 20件表示