38件中 11 - 20件表示
  • オックスフォード・ストリート

    オックスフォード・ストリートから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    オックスフォード・ストリートが一番華やぐのはクリスマス・ショッピング・シーズンである。この時期は周囲のストリートと同様にオックスフォード・ストリートもライトアップされ、買い物客を楽しませている。このライトアップの点火式には多くの著名人が参加する。過去5年の点火式出席者は2008年シュガーベイブス、2007年レオナ・ルイス、2006年All Saints、2005年ウエストライフ、2004年エマ・ワトソン&イル・ディーヴォ&スティーヴ・レッドグレーヴである。オックスフォード・ストリート フレッシュアイペディアより)

  • ジェシー・マッカートニー

    ジェシー・マッカートニーから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    幼少期、両親の影響により俳優としてのキャリアをスタートさせ、2000年にボーイバンドドリームストリートの最年少メンバーとして歌手活動を開始する。グループの解散後、2004年に1stアルバム「Beautiful Soul」を発表しソロシンガーに転向。2006年には2ndアルバム「Right Where You Want Me」を発表。2007年には、自身の2ndアルバム収録曲としてワンリパブリックのフロントマンライアン・テダーと共作した楽曲「ブリーディング・ラヴ」が2ndアルバムのコンセプトに合わなかったため、イギリス人歌手レオナ・ルイスに提供、イギリスでNo.1ヒットとなると、ビルボードチャート20年振りの英国人1位を含む28各国以上で1位という大ヒットとなり、プロデューサーとしても名を上げている。2008年5月にトリッキー・スチュワート、ショーン・ギャレット、J.R.ロテムら旬のプロデューサー陣を招いて製作された2年振りの3rdアルバム「Departure」を発表。先行シングルの「Leavin'」が全米シングルスチャート自己最高の10位とスマッシュヒットとなっている。ジェシー・マッカートニー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・クークス

    ザ・クークスから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    マライア・キャリーやレオナ・ルイスなどの強豪を抑え、全英チャートで1位という快挙を成し遂げた。これについてルーク・プリチャードはBBCのインタビューで「正直言って、いま、いいことがたくさん起こり過ぎている。この世はそんなことばかりじゃないって思っているんだ。カルマを信じているからね。次は何か悪いことが起きるんじゃないかって思っているよ」と答えたが、「No.1を目指したわけではないが、この結果は多くの人がサポートしてくれた証であり、それは嬉しかった。」と続けている。ザ・クークス フレッシュアイペディアより)

  • ミュージックステーション1000回記念スペシャル

    ミュージックステーション1000回記念スペシャルから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    981. レオナ・ルイス「Bleeding Love」2008年5月2日放送ミュージックステーション1000回記念スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • グラミー・ノミニーズ

    グラミー・ノミニーズから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    ブリーディング・ラヴ / レオナ・ルイス(3:59)グラミー・ノミニーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の音楽

    2008年の音楽から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    レオナ・ルイス:『スピリッツ』2008年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • ハーツ (バンド)

    ハーツ (バンド)から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    ファーストアルバムの『HAPPINESS』にはデビューシングルの"Better Than Love"やカイリー・ミノーグとのデュエット曲"Devotion"、アーサー・ベイカーにリミックスもされた"Wonderful Life"などが収録されている(リミックス版はボーナストラックとして収録)。カイリーとはザ・サン紙での「ビズ・セッション」という企画で彼女の"Confide in Me"をカバーするなどの関わりが多い。2010年秋、シザー・シスターズのツアーのサポートをすることを発表。また今後レオナ・ルイスと仕事をすることも発表されている。ハーツ (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • シアラ

    シアラから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    2008年9月にマライア・キャリー、ビヨンセ、メアリー・J. ブライジ、リアーナ、ファーギー、シェリル・クロウ、マイリー・サイラス、メリッサ・エスリッジ、アシャンティ、ナターシャ・ベンディングフィールド、キーシャ・コール、レオナ・ルイス、リアン・ライムス、キャリー・アンダーウッドと共にStand Up to Cancer(癌患者を支援する組織)の研究や資金を援助するチャリティーソング『ジャスト・スタンド・アップ』を発表。プロデュースはLAリードとベイビーフェイス。15人の歌手は9月5日にライブを行い、その様子はABC、NBCとCBSで同時にスペシャルとして放送された。シングルは現在、デジタル・ダウンロードで利用できる。シアラ フレッシュアイペディアより)

  • ブリーディング・ラヴ

    ブリーディング・ラヴから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    ブリーディング・ラヴは、ライアン・テダーとジェシー・マッカートニーによって作詞・作曲されまたテッダーがプロデュースした、イギリスの歌手・レオナ・ルイスのR&Bバラード曲。デビュー・アルバムにはオープニング曲として収録されている。この楽曲はアルバムからの1作目のシングル(公式にはケリー・クラークソンのカバー曲「ア・モーメント・ライク・ディス」に続くセカンドシングル扱い)にあたり、2007年10月にイギリスとアイルランドでリリースされた。デジタル規格では2007年12月にアメリカ合衆国でリリースされたのをはじめ、2007年12月から2008年3月にかけて世界中でリリースされている(リリース日一覧を参照)。ブリーディング・ラヴ フレッシュアイペディアより)

  • バンビ (賞)

    バンビ (賞)から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    シューティングスターオブザイヤー:レオナ・ルイスバンビ (賞) フレッシュアイペディアより)

38件中 11 - 20件表示

「レオナ・ルイス」のニューストピックワード