52件中 21 - 30件表示
  • オックスフォード・ストリート

    オックスフォード・ストリートから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    オックスフォード・ストリートが一番華やぐのはクリスマス・ショッピング・シーズンである。この時期は周囲のストリートと同様にオックスフォード・ストリートもライトアップされ、買い物客を楽しませている。このライトアップの点火式には多くの著名人が参加する。過去5年の点火式出席者は2008年シュガーベイブス、2007年レオナ・ルイス、2006年All Saints、2005年ウエストライフ、2004年エマ・ワトソン&イル・ディーヴォ&スティーヴ・レッドグレーヴである。オックスフォード・ストリート フレッシュアイペディアより)

  • ベター・イン・タイム

    ベター・イン・タイムから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    「ベター・イン・タイム」(Better in Time)は、 イギリスの歌手レオナ・ルイスのデビュー・アルバム『スピリット』のためにJR・ローテム、アンドレア・マーティンによって製作され、またローテムがプロデュースした楽曲。この楽曲はアルバムの4曲目に収録されており(US盤では2曲目)、イギリスでは2008年3月に「フットプリンツ・イン・ザ・サンド」との両A面シングル扱いでアルバムからのサード・シングルとしてリリースされた。その後、世界ではレオナの特大ヒット曲「ブリーディング・ラヴ」に続く、アルバムからのセカンド・シングルとしてリリースされている。ベター・イン・タイム フレッシュアイペディアより)

  • ジェシー・マッカートニー

    ジェシー・マッカートニーから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    幼少期、両親の影響により俳優としてのキャリアをスタートさせ、2000年にボーイバンドドリームストリートの最年少メンバーとして歌手活動を開始する。グループの解散後、2004年に1stアルバム「Beautiful Soul」を発表しソロシンガーに転向。2006年には2ndアルバム「Right Where You Want Me」を発表。2007年には、自身の2ndアルバム収録曲としてワンリパブリックのフロントマンライアン・テダーと共作した楽曲「ブリーディング・ラヴ」が2ndアルバムのコンセプトに合わなかったため、イギリス人歌手レオナ・ルイスに提供、イギリスでNo.1ヒットとなると、ビルボードチャート20年振りの英国人1位を含む28各国以上で1位という大ヒットとなり、プロデューサーとしても名を上げている。2008年5月にトリッキー・スチュワート、ショーン・ギャレット、J.R.ロテムら旬のプロデューサー陣を招いて製作された2年振りの3rdアルバム「Departure」を発表。先行シングルの「Leavin'」が全米シングルスチャート自己最高の10位とスマッシュヒットとなっている。ジェシー・マッカートニー フレッシュアイペディアより)

  • シアラ

    シアラから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    2008年9月にマライア・キャリー、ビヨンセ、メアリー・J. ブライジ、リアーナ、ファーギー、シェリル・クロウ、マイリー・サイラス、メリッサ・エスリッジ、アシャンティ、ナターシャ・ベンディングフィールド、キーシャ・コール、レオナ・ルイス、リアン・ライムス、キャリー・アンダーウッドと共にStand Up to Cancer(癌患者を支援する組織)の研究や資金を援助するチャリティーソング『ジャスト・スタンド・アップ』を発表。プロデュースはLAリードとベイビーフェイス。15人の歌手は9月5日にライブを行い、その様子はABC、NBCとCBSで同時にスペシャルとして放送された。シングルは現在、デジタル・ダウンロードで利用できる。シアラ フレッシュアイペディアより)

  • エイコン

    エイコンから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    彼はデビュー・アルバム『トラブル』からの最初のシングル『ロックト・アップ』が大ヒットになった。2枚目のアルバム『コンヴィクテッド』はグラミー賞候補になるシングル『スマック・ザット』を生み出す。彼は自ら創設した2つのレーベル、コンヴィクト・ミュージックとコンライブ・ディストリビューションを持つ。彼は21世紀で最も成功した多才なR&B歌手の1人として知られ、エイコンはしばしば他の歌手の為にゲストとして楽曲制作に参加しており、200以上の曲に参加し、36のBillboard Hot 100入りした曲を持つ。また、同チャートで同時に1位と2位を独占するという、ソロ歌手では初めての記録を達成した。彼は6つのグラミー賞候補経験があり、レディー・ガガ、T-ペイン、レオナ・ルイス他多数のアーティストのヒットソングを手がけた。エイコン フレッシュアイペディアより)

  • グラミー・ノミニーズ

    グラミー・ノミニーズから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    ブリーディング・ラヴ / レオナ・ルイス(3:59)グラミー・ノミニーズ フレッシュアイペディアより)

  • 英米関係

    英米関係から見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    マドンナ、ティナ・ターナー、シェーア、マイケル・ジャクソン、ビング・クロスビー、エルヴィス・プレスリー、ボブ・ディラン、ダイアナ・ロス、ブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、フランク・シナトラ、レディー・ガガ、ビヨンセ等に代表されるアメリカのアーティストはイギリスでも高い人気を誇る。一方で、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、スティング、ザ・フー、シャーリー・バッシー、トム・ジョーンズ、デヴィッド・ボウイ、スパイス・ガールズ, ビージーズ、エイミー・ワインハウス、KTタンストール、レオナ・ルイス、エルトン・ジョン、コールドプレイ等のイギリスのアーティストもアメリカの音楽市場において大きな成功を収めている。疑いの余地なく、両国のポピュラー音楽は互いに強い影響を与えている。英米関係 フレッシュアイペディアより)

  • ななみ

    ななみから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    ななみが歌手を目指すようになったのは14歳の頃、自身が不登校だった時に聞いていた音楽に希望を感じたからという。聞いていた音楽のジャンルは様々で、敬愛するアーティストとしてレオナ・ルイス、アリシア・キーズを挙げている。本人の談によると、音楽に興味があった頃に家にあったクラシックギターを弾いていたが、ギター自体は苦手であるとのこと。ななみ フレッシュアイペディアより)

  • ウエストライフ

    ウエストライフから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    "Back Home Tour"終了後、マネージャーであるルイ・ウォルシュから2009年7月1日までの1年間の休養宣言が公表された。しかし2008年12月13日にオーディション番組、Xファクターでパフォーマンスをしボーイゾーンのスティーヴン・ゲイトリーと共にテレビ出演を果たしている。この休養期間中、メンバーのシェーンはインタビューですでに次のアルバムに収録される6曲は仕上がっていると発言し、またニッキーは2009年3月にはレコーディング活動を始める予定であると発言した。また、レオナ・ルイス、ブリトニー・スピアーズとコラボレーションをする噂もある。ウエストライフ フレッシュアイペディアより)

  • ルール・ザ・ワールド

    ルール・ザ・ワールドから見たレオナ・ルイスレオナ・ルイス

    UKのチャートではオーディション番組Xファクターの勝者、レオナ・ルイスの"Bleeding Love"に負け、2位に4週間とどまった。ルール・ザ・ワールド フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示